オリヴァー・リトルトン (初代シャンドス子爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1941年7月8日のオリヴァー・リトルトン

初代シャンドス子爵オリヴァー・リトルトン: Oliver Lyttelton, 1st Viscount Chandos, KG, DSO, MC, PC1893年3月15日 - 1972年1月21日)は、イギリスの政治家、貴族。

経歴[編集]

1893年3月15日、第4代リトルトン男爵英語版ジョージ・リトルトン英語版の八男アルフレッド・リトルトン英語版とその妻エディス・ソフィア(旧姓バルフォア)の間の息子として生まれた[1][2]

イートン校を経てケンブリッジ大学トリニティ・カレッジへ進学[2]グレナディアガーズの大尉として第一次世界大戦に従軍した[1][2]

1940年からシャンドス子爵に叙されて貴族院議員に転じる1954年までアルダーショット選挙区英語版から選出されて保守党庶民院議員を務めた[1][2]。1940年には枢密顧問官に列するとともに第1次チャーチル内閣通商庁長官英語版に就任した[3]1941年7月から1942年2月には中東担当大臣(Minister of State in the Middle East)に転じ[4]、1942年から1945年にかけては生産大臣英語版[1][2]、1945年5月から7月にかけては通商庁長官に復帰した[3]

1951年10月に第3次チャーチル内閣英語版が成立すると植民地大臣に就任し、1954年7月まで務めた[5]

1954年9月9日連合王国貴族シャンドス子爵に叙せられ[1][2]、貴族院議員に列した[6]

1972年1月21日に死去した。78歳没。シャンドス子爵位は息子のアンソニー・アルフレッド・リトルトン英語版が継承した[1][2]

栄典[編集]

爵位[編集]

1954年9月9日に以下の爵位を新規に叙された[1][2]

勲章[編集]

家族[編集]

1920年1月30日に第10代リーズ公爵ジョージ・オズボーン英語版(1893-1972)の娘モイラ・ゴドルフィン・オズボーン(Moira Godolphin Osborne, 1892-1976)と結婚。彼女との間に以下の4子を儲けた[1][2]

  • 第1子(長男)アンソニー・アルフレッド・リトルトン英語版 (Antony Alfred Lyttelton, 1920-1980) - 第2代シャンドス子爵を継承
  • 第2子(長女)ローズマリー・リトルトン (Rosemary Lyttelton, 1922-2003) - 第3代チャップリン子爵英語版アーサー・チャップリン英語版と結婚
  • 第3子(次男)ジュリアン・リトルトン (Julian Lyttelton, 1923-1944) - 第二次世界大戦で戦死
  • 第4子(三男)ニコラス・エイドリアン・オリヴァー・リトルトン(Nicholas Adrian Oliver Lyttelton, 1937-)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k Heraldic Media Limited. “Chandos, Viscount (UK, 1954)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2018年1月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l Lundy, Darryl. “Oliver Lyttelton, 1st Viscount Chandos” (英語). thepeerage.com. 2018年1月11日閲覧。
  3. ^ a b 秦郁彦編 2001, p. 513.
  4. ^ 秦郁彦編 2001, p. 514.
  5. ^ 秦郁彦編 2001, p. 517.
  6. ^ UK Parliament. “Mr Oliver Lyttelton” (英語). HANSARD 1803–2005. 2018年1月11日閲覧。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編 『世界諸国の組織・制度・人事 1840―2000』 東京大学出版会、2001年。ISBN 978-4130301220。
グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会
先代:
ウォルマー子爵英語版
アルダーショット選挙区英語版選出庶民院議員
1940年–1954年
次代:
エリック・エリントン英語版
公職
先代:
アンドリュー・レイ・ダンカン英語版
通商庁長官英語版
1940年–1941年
次代:
アンドリュー・レイ・ダンカン英語版
新設 中東担当大臣
1941年–1942年
次代:
リチャード・ケイシー英語版
先代:
初代ビーヴァーブルック男爵
(戦時生産大臣)
生産大臣英語版
1942年–1945年
廃止
先代:
ヒュー・ダルトン英語版
通商庁長官英語版
1945年
次代:
サー・スタッフォード・クリップス
先代:
ジェイムズ・グリフィス英語版
植民地大臣
1951年–1954年
次代:
アラン・レノックス=ボイド英語版
イギリスの爵位
新設 初代シャンドス子爵
1954年–1972年
次代:
アンソニー・リトルトン英語版