オリヴィエ・ブマル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オリヴィエ・ブマル Football pictogram.svg
名前
フランス語 Olivier Boumal
基本情報
国籍 カメルーンの旗 カメルーン
生年月日 (1989-09-17) 1989年9月17日(29歳)
出身地 ドゥアラ
身長 174cm[1]
体重 64kg[1]
選手情報
在籍チーム ギリシャの旗 パニオニオスFC
ポジション MF
背番号 39
利き足 左足
ユース
ASサンテティエンヌ
アルバセテ・バロンピエ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2010-2012 ギリシャの旗 パネトリコスFC 50 (3)
2012-2013 ルーマニアの旗 AFCアストラ・ジュルジュ 2 (0)
2013 ギリシャの旗 レヴァディアコスFC 3 (0)
2013-2014 ギリシャの旗 イラクリス・プサフナFC英語版 23 (10)
2014-2016 ギリシャの旗 パニオニオスFC 46 (9)
2016-2017 ギリシャの旗 パナシナイコスFC 30 (2)
2017 中華人民共和国の旗 遼寧宏運 11 (2)
2018 日本の旗 横浜F・マリノス 15 (2)
2019- ギリシャの旗 パニオニオスFC
代表歴2
2009  カメルーン U-20
2017-  カメルーン 7 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月1日現在。
2. 2018年3月4日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

オリヴィエ・ブマルフランス語: Olivier Boumal , 1989年9月17日 - )は、カメルーンドゥアラ出身のプロサッカー選手ポジションミッドフィールダーカメルーン代表

経歴[編集]

7人兄弟の末っ子としてドゥアラに生まれ、母国の英雄ロジェ・ミラに憧れ、サッカーに明け暮れる幼少期を過ごした。ブマルが12歳のころ、パリに働きに出ていた兄、姉の勧めもあり、一家でパリに移住。学校のサッカークラブではキャプテンを任され、担任教師からは「オリヴィエはとてもうまい。上のレベルでやらせてはどうか」と勧められ、パリから離れたスポーツ学校へ転校し、さらに本格的にサッカーに取り組んだ。16歳のころ、パリ・サンジェルマンリヨンのアカデミーと試合をする機会があり、そこでのプレイがスカウトの目に留まり、複数クラブからオファーを受け、家族会議の結果、サンテティエンヌのアカデミーに入団[2]

その後スペイン2部のクラブとプロ契約を結び、18歳で結婚。U-20カメルーン代表に選出され、2009 FIFA U-20ワールドカップに出場[2]

2010年にギリシャパネトリコスFCに移籍。その後は主にギリシャのサッカークラブでプレーしていた。2017年に遼寧宏運足球倶楽部に移籍したが、同年シーズン限りで退団した。また、FIFAコンフェデレーションズカップ2017カメルーン代表にも選出された。

2018年3月、横浜F・マリノスへ加入すると発表された[1]。3月31日、リーグ第5節の清水エスパルス戦に先発出場し、日本での公式戦デビュー[3]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ギリシャ リーグ戦 リーグ杯エラーダス杯 期間通算
2010-11英語版 パネトリコス ギリシャFL
2011-12英語版 ギリシャSL
ルーマニア リーグ戦 リーグ杯ルーマニア杯 期間通算
2012-13 アストラ リーガ1
ギリシャ リーグ戦 リーグ杯エラーダス杯 期間通算
2013-14英語版 レヴァディアコス ギリシャSL
2013-14英語版 イラクリス・プサフナ ギリシャFL
2014-15英語版 パニオニオス ギリシャSL
2015-16英語版
2016-17英語版 パナシナイコス
中国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2017 遼寧宏運 中国甲級
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2018 横浜FM 20 J1 15 2 4 1 1 0 20 3
通算 ギリシャ ギリシャSL
ギリシャ ギリシャFL
ルーマニア リーガ1
中国 中国甲級
日本 J1 15 2 4 1 1 0 20 3
総通算

脚注[編集]

関連項目[編集]