オリヴィエ・プラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オリヴィエ・プラ
Olivier Pla
{{{pixels}}}
2011年のル・マン24時間レースのドライバーパレード中のプラ
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
FIA 世界耐久選手権での経歴
デビュー 2008年 (ル・マン・シリーズ LMP2クラス)
所属

日産・ニスモ(下記はニスモ在籍以前のLMP2の成績)

出走回数 10
優勝回数 2
ポールポジション 3
ファステストラップ 5
シリーズ最高順位 ル・マン・シリーズ LMP2クラス優勝 (2009年)
過去参加シリーズ
2007年
200507年
2004年
2003年
2001–02年
2000年
ドイツ・ポルシェカップ
GP2
ワールドシリーズ・バイ・ニッサン
フォーミュラ3・ユーロシリーズ
フランス・フォーミュラ3選手権
フランス・フォーミュラ・カンピュス

オリヴィエ・プラOlivier Pla, 1981年10月22日 - )は、フランストゥールーズ出身のフランス人のレーシングドライバー。

レース経歴[編集]

フランス・フォーミュラ・カンピュスとフランスF3[編集]

プラのレーシングドライバーとして本格的なスタートを切ったのは、2000年にフランス・フォーミュラ・カンピュス(後のフランスF4選手権)に参戦した時であり、翌年の2001年にはソルニエ・レーシングチームに所属してフランス・フォーミュラ3選手権に参戦している。同シーズン、ソルニエチームのチームメイトには日本人ドライバーの福田良がいた。プラは全11戦中9回入賞してポイントを獲得し、年間順位8位でシーズンを終えている[1]。ちなみにチームメイトの福田はこのシーズン、日本人として初となるフランスF3チャンピオンを戴冠している。

2002年、プラは引き続きフランスF3に参戦するが、移籍して所属チームをASMに変えている。クロワ=アン=テルノワ・サーキットとル・マンブガッティ・サーキットで挙げた2勝を含め全14戦中9回表彰台に昇り、トリスタン・ゴマンディとルノー・デルロに次ぐ年間順位3位となった[2]

2003年、プラはASMチームでフォーミュラ3・ユーロシリーズに参戦した。プラは全20戦中9回表彰台に昇り、ライアン・ブリスコークリスチャン・クリエンに次ぐ年間順位3位となった[3]

ワールドシリーズ・バイ・ニッサン[編集]

2004年、プラはワールドシリーズ・バイ・ニッサンに活躍の場を移した。最初の1戦目と2戦目はRC・モータースポーツに所属して参戦したが、3戦目以降はマイケル・コヘインとトレードする形でカーリン・モータースポーツに移籍して参戦を継続することになった。エストリル・サーキットで挙げた1勝を含め18戦中13回入賞してポイントを獲得し、年間順位9位でシーズンを終えている[4]

GP2[編集]

2005年、国際F3000選手権が衣替えして新しくスタートしたフォーミュラカーによる選手権のGP2シリーズにプラはデイビッド・プライス・レーシングに所属して参戦した。シーズンの最初の頃、プラはたびたびグリッド上でエンジンストールしていた。あるレースでは、車の1速をバックに入れてしまい、後方のチームメイトの車に向かって発進するミスを犯した。しかし彼は、リバースグリッド(GP2ではレースは1週末毎に2回行われ、2レース目(レース2)の1位から8位までのスタート順は1レース目(レース1)の結果の逆順となる)システムの利点を生かしてレース1で8位で終わったレースでポールポジションの位置からスタートできた2度のレース2のレースでどちらも勝利し2勝を挙げ、年間順位11位でシーズンを終えている。2年目の2006年も同じチーム(ただしチーム名が日本企業のDirexivがスポンサーとなり、「DPR Direxiv」に変更となる)で参戦を継続したがポイントを全く獲得できず、モナコで手を負傷したことやスポンサーのDirexivがレース活動から撤退したことなども影響して、シーズン中盤でヴィタリー・ペトロフと入れ替わる形でチームを追われた。

2007年、プラはドイツ・ポルシェカップに参戦した。GP2に参戦中のクリスチャン・バッケルードが負傷した時、GP2の元のチームのデイビッド・プライス・レーシングに呼び戻されて、代わりのドライバーとして出走している。

プロトタイプレーシングカーでのレース[編集]

オリビエ・プラはQuifel ASMチームでミゲル・アマラルとペアを組んでLMP2クラスのタイトルを獲得した。

2008年、プラは活躍の舞台を本格的にローラプロトタイプレーシングカーによるル・マン・シリーズル・マン24時間レースの参戦にシフトさせた。

2009年、プラはミゲル・アマラルとペアを組んで挑んだル・マン・シリーズのLMP2クラスでチャンピオンとなった。2011年もランキング2位でシーズンを終えるなど、総じてル・マン・シリーズでは好成績を残している。

2013年からは、それまでのル・マン・シリーズからFIA 世界耐久選手権に参戦の場を移している。2013年2014年とランキング2位となり、2013年のル・マン24時間レースでもLMP2クラスで2位に入る成績を残している。

レースの記録[編集]

経歴の概略[編集]

参戦カテゴリー チーム 参戦 優勝 ポール F/Lap 表彰台 ポイント 順位
2000年 フランス・フォーミュラ・カンピュス フォーミュラ・カンピュス ? ? ? ? ? 391 3位
2001年 フランス・フォーミュラ3選手権 ソルニエ・レーシング 11 0 0 0 1 74 8位
2002年 フランス・フォーミュラ3選手権 ASM 14 2 3 1 9 159 3位
フォーミュラ3・ユーロシリーズ 1 0 0 0 0 N/A 7位
コリア・スーパープリ 1 1 1 0 1 N/A 優勝
マスターズF3 1 0 0 0 0 N/A 2位
マカオグランプリ 1 0 0 0 0 N/A NC
2003年 フォーミュラ3・ユーロシリーズ ASM 20 0 3 0 8 74 3位
2004年 ワールドシリーズ・バイ・ニッサン RC・モータースポーツ 18 1 0 0 1 56 9位
カーリン・モータースポーツ
2005年 GP2 デイビッド・プライス・レーシング 22 2 0 1 2 20 13位
2006年 GP2 DPRディレクシブ 9 0 0 0 0 0 27位
2007年 ドイツ・ポルシェカップ MRS・チーム 9 0 1 0 0 34 15位
GP2 デイビッド・プライス・レーシング 2 0 0 0 0 0 35位
2008年 ル・マン・シリーズ(LMP2) Quifel ASMチーム 5 0 0 0 1 12 8位
ル・マン24時間レース(LMP2) 1 0 0 0 0 N/A 4位
アメリカン・ル・マン・シリーズ チーム・LNT 1 0 0 0 0 20 14位
2009年 ル・マン・シリーズ(LMP2) Quifel ASMチーム 5 2 3 5 3 33 1位
ル・マン24時間レース(LMP2) 1 0 0 0 0 N/A NC
2013年 FIA 世界耐久選手権(LMP2) オーク・レーシング 8 0 1 0 5 132.5 2位
ル・マン24時間レース(LMP2) 1 0 1 0 1 N/A 2位
2014年 FIA 世界耐久選手権(LMP2) G-ドライブ・レーシング 8 4 7 7 6 137 2位
ル・マン24時間レース(LMP2) 1 0 1 0 0 N/A DNF

フォーミュラ[編集]

F3・ユーロシリーズ[編集]

エントラント シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 DC ポイント
2003年 ASM F3 ダラーラ F303/014 メルセデス HOC
1

DSQ
HOC
2

2
ADR
1
8
ADR
2
3
PAU
1
2
PAU
2
16
NOR
1

3
NOR
2

Ret
LMS
1

4
LMS
2

24
NÜR
1

2
NÜR
2

9
A1R
1

27
A1R
2

4
ZAN
1

3
ZAN
2

3
HOC
1

10
HOC
2

6
MAG
1

2
MAG
2

7
3位 74

ワールドシリーズ・バイ・ニッサン[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
2004年 RCモータースポーツ JAR
1

9
JAR
2

Ret
ZOL
1

7
ZOL
2

7
9位 66
カーリン・モータースポーツ MAG
1

10
MAG
2

10
VAL
1

4
VAL
2

5
LAU
1

8
LAU
2

17
EST
1

1
EST
2

9
CAT
1

9
CAT
2

Ret
VAL
1

4
VAL
2

Ret
JER
1

3
JER
2

15

(key)

GP2シリーズ[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 順位 ポイント
2005年 デイビッド・プライス・レーシング SMR
FEA

9
SMR
SPR

5
ESP
FEA

Ret
ESP
SPR

Ret
MON
FEA

9
EUR
FEA

Ret
EUR
SPR

8
FRA
FEA

Ret
FRA
SPR

9
GBR
FEA

8
GBR
SPR

1
GER
FEA

8
GER
SPR

1
HUN
FEA

7
HUN
SPR

Ret
TUR
FEA

9
TUR
SPR

17
ITA
FEA

Ret
ITA
SPR

Ret
BEL
FEA

11
BEL
SPR

10
BHR
FEA

Ret
BHR
SPR

DNS
13位 20
2006年 DPRディレクシブ VAL
FEA

10
VAL
SPR

15
SMR
FEA

Ret
SMR
SPR

Ret
EUR
FEA

15
EUR
SPR

Ret
ESP
FEA

DSQ
ESP
SPR

20
MON
FEA

Ret
GBR
FEA

GBR
SPR

FRA
FEA

16
FRA
SPR
9
GER
FEA
GER
SPR
HUN
FEA
HUN
SPR
TUR
FEA
TUR
SPR
ITA
FEA
ITA
SPR
27位 0
2007年 デイビッド・プライス・レーシング BHR
FEA
BHR
SPR
ESP
FEA
ESP
SPR
MON
FEA
FRA
FEA
FRA
SPR
GBR
FEA
GBR
SPR
EUR
FEA
EUR
SPR
HUN
FEA
HUN
SPR
TUR
FEA
TUR
SPR
ITA
FEA

Ret
ITA
SPR

13
BEL
FEA
BEL
SPR
VAL
FEA
VAL
SPR
35位 0

(key)

スポーツカー[編集]

ル・マン24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー クラス 周回 総合順位 クラス順位
2008年 ポルトガルの旗 Quifel ASMチーム ポルトガルの旗 ミゲル・アマラル
イギリスの旗 ガイ・スミス
ローラ・B05/40-AER LMP2 325 20位 4位
2009年 ポルトガルの旗 ミゲル・アマラル
イギリスの旗 ガイ・スミス
ジレッタ-ザイテック・GZ09S/2 LMP2 46 DNF DNF
2010年 ポルトガルの旗 ミゲル・アマラル
イギリスの旗 ウォーレン・ヒューズ
ジレッタ-ザイテック・GZ09S/2 LMP2 318 20位 7位
2011年 ポルトガルの旗 ミゲル・アマラル
イギリスの旗 ウォーレン・ヒューズ
ザイテック・09SC LMP1 48 DNF DNF
2012年 フランスの旗 オーク・レーシング フランスの旗 ジャック・ニコレ
フランスの旗 マテュー・ラハイエ
モーガン・LMP2-ジャッド LMP2 139 DNF DNF
2013年 デンマークの旗 デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン
イギリスの旗 アレックス・ブランドル
モーガン・LMP2-日産 LMP2 328 8位 2位
2014年 ロシアの旗 G-ドライブ・レーシング ロシアの旗 ロマン・ルシノフ
フランスの旗 ジュリアン・カナル
モーガン・LMP2-日産 LMP2 120 DNF DNF
2015年 日本の旗 NISMO イギリスの旗 ヤン・マーデンボロー
イギリスの旗 マックス・チルトン
日産・GT-R LM NISMO LMP1 234 DNF DNF
2016年 アメリカ合衆国の旗 フォード・チップ・ガナッシ・チームUK アメリカ合衆国の旗 ビリー・ジョンソン
ドイツの旗 シュテファン・ミュッケ
フォード・GT GTE
Pro
339 21位 4位
2017年 アメリカ合衆国の旗 ビリー・ジョンソン
ドイツの旗 シュテファン・ミュッケ
フォード・GT GTE
Pro
332 27位 10位
2018年 アメリカ合衆国の旗 ビリー・ジョンソン
ドイツの旗 シュテファン・ミュッケ
フォード・GT GTE
Pro
340 21位 6位
2019年 アメリカ合衆国の旗 ビリー・ジョンソン
ドイツの旗 シュテファン・ミュッケ
フォード・GT GTE
Pro
340 25位 6位

ル・マン・シリーズ/ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 順位 ポイント
2008年 Quifel ASMチーム ローラ・B05/40 LMP2 CAT
9
MNZ
7
SPA
Ret
NÜR
5
SIL
3
6位 12
2009年 ザイテック・GZ09S/2 LMP2 CAT
2
SPA
7
ALG
1
NÜR
1
SIL
Ret
1位 33
2010年 ザイテック・GZ09SB LMP2 CAS
Ret
SPA
1
ALG
Ret
HUN
2
SIL
2
6位 44
2011年 ザイテック・09SC LMP1 CAS
4
SPA
Ret
IMO
SIL
EST
5位 9
2012年 オーク・レーシング モーガン・LMP2 LMP2 CAS
DON
1
PET
4
2位 62
2015年 クローン・レーシング リジェ・JS P2 LMP2 SIL
IMO
SPL
CAS
5
EST
8
15位 14
2016年 リジェ・JS P2 LMP2 SIL IMO
6
SPL
9
CAS
8
SPA
10
EST
4
13位 27
2017年 IDECスポーツ・レーシング リジェ・JS P217 LMP2 SIL
MON
9
SPL
Ret
CAS
11
SPA
EST
23位 2.5
2018年 レーシング・エンジニアリング オレカ・07 LMP2 CAS
1
MON
5
SPL
2
SIL
SPA
7
ALG
5
3位 66
2019年 サンダーヘッド・カーリン・レーシング ダラーラ・P217 LMP2 CAS
11
MNZ
CAT
SIL
SPA
ALG
20位* 0.5*

インターコンチネンタル・ル・マン・カップ[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7
2011年 Quifel ASMチーム ザイテック・09SC LMP1 SEB
SPA
Ret
LMN
Ret
IMO
オーク・レーシング OAK ペスカロロ・01 SIL
3
PET
4
ZHU
4

(key)

FIA 世界耐久選手権[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2012年 オーク・レーシング モーガン・LMP2 LMP2 SEB
2
SPA
8
LMN
Ret
SIL
6
SAO
3
BHR
6
FSW
3
SHA
3
20位 18.5
2013年 LMP2 SIL
2
SPA
2
LMN
2
SÃO
6
COA
6
FSW
3
SHA
2
BHR
2
2位 132.5
2014年 G-ドライブ・レーシング LMP2 SIL
1
SPA
1
LMN
Ret
2位 137
リジェ・JS P2 COA
3
FSW
1
SHA
1
BHR
3
SÃO
Ret
2015年 NISMO 日産・GT-R LM NISMO LMP1 SIL SPA LMN
NC
NÜR COA FSW SHA BHR NC 0
2016年 フォード・チップ・ガナッシ・チームUK フォード・GT LMGTE Pro SIL
5
SPA
Ret
LMN
1
NÜR
4
MEX
11
COA
13
FSW
2
SHA
2
BHR
6
4位 118
2017年 LMGTE Pro SIL
4
SPA
3
LMN
6
NÜR
6
MEX
7
COA
8
FSW
4
SHA
4
BHR
5
8位 95
2018-19年 LMGTE Pro SPA
1
LMN
3
SIL
6
FSW
8
SHA
7
SEB
18
SPA
10
LMN
4
5位 88

ユナイテッド・スポーツカー選手権[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
2014年 オーク・レーシング モーガン・LMP2 P DAY
6
SEB
4
LBH
4
LGA
DET
3
WGL
MOS
1
IMS
ELK
11
CTA
PET
21位 172
2015年 クローン・レーシング リジェ・JS P2 P DAY
13
SEB
6
LBH
LGA
DET
WGL
MOS
ELK
CTA
PET
20位 45
2016年 マイケル・シャンク・レーシング P DAY
11
SEB
7
LBH
LGA
DET
WGL
3
MOS
ELK
CTA
PET
1
13位 113
2017年 フォード・チップ・ガナッシ・レーシング フォード・GT GT LM DAY
7
SEB
5
LBH
CTA
20位 50
PR1/マシエイセン・モータースポーツ リジェ・JS P217 P DET
WGL
4
MOS
ELK
7
LGA
7
PET
10
16位 99
2018年 テキーラ・パトロン ESM 日産・オンローク・DPi P DAY
19
SEB
16
LBH
MDO
DET
WGL
15
MOS
ELK
LGA
PET
40位 43
2019年 マツダ・チーム・ヨースト マツダ・RT24-P DPi DAY
9
SEB
6
LBH
MDO
DET
WGL
MOS
ELK
LGA
PET
18位* 47*

脚注[編集]