オルガン・トリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ジャズにおいてのオルガン・トリオは、主にハモンドオルガンプレイヤー・ドラマー・ジャズギタリストまたはサクソフォーンプレイヤーからなる3人組ジャズミュージシャンによるグループである。時にオルガン・ギター・ドラムからなるトリオにサックスが加わってカルテットを形成することもある[1]。オルガン・トリオは1950年代と1960年代においてクラブやバーに置かれたジャズアンサンブルの一般的な様式であり、ブルースを基にしR&Bの要素を取り入れたジャズスタイルで演奏していた[2]。オルガントリオの形式は長い即興演奏のソロと音楽上の「雰囲気」の違いの探検によって特徴付けられる[3]

オルガン・トリオにおいて、ハモンドオルガンプレイヤーはベースライン (オルガンのベースペダル鍵盤または低音の手鍵盤で) ・和音 (「伴奏」) ・旋律やソロなどさまざま役目を果たす。ギターのいるオルガン・トリオでは、ギタリストは通例オルガンが弾いていないパートを「フィルイン」する。たとえばオルガンがソロとベースラインを弾いていたらギタリストは和音を弾くかもしれない。

1950年代と1960年代のオルガントリオはソウル・ジャズやブルースを包含するグルーヴ感のこめられたスタイル・ゴスペルリズム・アンド・ブルースをよく演奏していた。1970年代にはトニー・ウィリアムスのバンド「Lifetime」のようなオルガントリオがジャズ・ロック・フュージョンを演奏した。1990年代と2000年代にもメデスキ、マーティン・アンド・ウッドのようなオルガン・トリオがフィッシュに影響されたジャム・バンドのグルーヴの要素を混ぜいれている。

脚注[編集]

  1. ^ John F. Szwed. Jazz 101:A Complete Guide to Learning and Loving Jazz. Hyperion. 2000. pages = pp. 198-199. ISBN 0786884967
  2. ^ John Koenig. Available at: http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:R1Od3--mrFAJ:www.alvas.com/Zunigar/website/rick_zunigar.htm+%22organ+trio%22&hl=en&gl=ca&ct=clnk&cd=233&lr=lang_en%7Clang_fr
  3. ^ John Koenig. Available at: http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:R1Od3--mrFAJ:www.alvas.com/Zunigar/website/rick_zunigar.htm+%22organ+trio%22&hl=en&gl=ca&ct=clnk&cd=233&lr=lang_en%7Clang_fr