オルクン・コクチュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オルクン・コクチュ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Orkun Kökçü
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (2000-12-29) 2000年12月29日(18歳)
出身地 ハーレム
選手情報
在籍チーム オランダの旗 フェイエノールト
ポジション MF
背番号 23
利き足 右足
ユース
-2011 オランダの旗 IJ.V.V. Stormvogels
2011-2014 オランダの旗 FCフローニンゲン
2014- オランダの旗 フェイエノールト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2018- オランダの旗 フェイエノールト (3)
代表歴2
2017 オランダの旗 オランダ U-17 3 (0)
2017- オランダの旗 オランダ U-18 5 (2)
2018- オランダの旗 オランダ U-19 1 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月10日現在。
2. 2018年9月27日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

オルクン・コクチュ(Orkun Kökçü,2000年12月29日 - )は、オランダハールレム出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダーフェイエノールト所属。

経歴[編集]

ユース[編集]

アマチュア組織HFC EDOの地元ハーレム地域でサッカーを始め、その後アイマイデンのアマチュアクラブ IJ.V.V. Stormvogelsに加入した。そこでFCフローニンゲンにスカウトされ、3年間FCフローニンゲンのユースでプレーした後に2014年にフェイエノールトに移った。

トップタレントの1人と見られていたコクチュは17歳以下でプレーしていた2017年3月20日に16歳で初のプロ契約(2020年まで)を結んだ[1]。2017-18シーズンにはユースの最高年齢チームである19歳以下に16歳で昇格した。常にスタメンでプレーし、UEFAユース・リーグにも出場して活躍した。

フェイエノールト[編集]

2018-19シーズンから度々Aセレクションのトレーニングに参加。2018年9月27日、KNVBカップのVVヘメルト戦で公式戦デビューを果たし、0-2となる得点を決めている[2]。2018年12月9日にはFCエメンとのアウェーゲームで前半負傷したイェンス・トールンストラと交代でエールディヴィジ・デビューを果たし、1アシスト1ゴールを記録し、1-4勝利に貢献して高評価を受けた。17歳と345日でのデビュー戦ゴールはフェイエノールトのクラブ史上2番目の若さである[3]

人物・エピソード[編集]

フェイエノールトのテクニカル・ディレクター、マルティン・ファン・ヘールはコクチュについて2017年の契約時に「FWにチャンスを与え、自らゴールを決められるクリエイティブな10番であるなだけでなく、良い走力と良いテクニック、良い視野を備えたダイナックなボックス・トゥ・ボックスプレイヤーでもあるマルチロールなミッドフィールダー」と評している[4]

フェイエノールト・ユースの指導者、コル・アドリアーンセは「コクチュはとても良いフットボーラー。両利きでプレーに多くの奥行きがある。ボールを持った時に慌てることが無い」とコメントしている。[要出典]ユース代表の監督、マールテン・ステケレンブルフも「コクチュは攻撃的MFだが、実際中盤の全てのポジションでプレーできる。ボールを持っていても持っていなくてもとても才能豊かだし、ハードワークする意欲もある。本当に完璧なフットボーラー。」と讃えている[5]

兄のオザン・コクチュもプロサッカー選手でFCフローニンゲンとフェイエノールトのユース出身である。

脚注[編集]