オルデンブルク朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Arms of the County of Oldenburg.svg
創設 1101年
家祖 en:Elimar I, Count of Oldenburg
最後の当主
ロシア:
ニコライ2世 (1894–1917)
スウェーデン:
カール13世 (スウェーデン王) (1809–18)
ギリシャ:
コンスタンティノス2世 (ギリシャ王) (1964–1973)
オルデンブルク:
フリードリヒ・アウグスト (オルデンブルク大公) (1900–18)
ザクセン=ラウエンブルク:
クリスチャン9世 (デンマーク王) (1863–64)
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン:
クリスチャン9世 (デンマーク王) (1863–64)
現当主 クリストフ・ツー・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン[1][2]
断絶
ロシア:
2月革命 (1917年), 1917
ギリシャ:
en:1974 Greek republic referendum, 1974
オルデンブルク:
ドイツ革命, 1918
ザクセン=ラウエンブルク:
第二次シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争, 1864
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン:
第二次シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争, 1864
分家

オルデンブルク朝(Oldenburg)は、1448年から1863年まで続いた、デンマークおよびそれを中心とする北欧の王朝である。オルデンブルクはドイツ語に基づく名称で、デンマーク語ではオレンボー(Oldenborg)である。ドイツニーダーザクセン州オルデンブルクを発祥とする。

概要[編集]

起源[編集]

家祖はオルデンブルク伯エギルマール1世(1108年没)とされる。同家はもともとザクセン公家の家臣であったが、1180年に独立した。13世紀に同家はオルデンブルク伯系とデルメンホルスト伯系に分かれたが、15世紀前半のオルデンブルク伯ディートリヒがデルメンホルスト伯の女相続人アデルハイトと結婚し、デルメンホルスト伯領は本家に帰した。アデルハイトの死後、ディートリヒはシャウエンブルク家のホルシュタイン伯およびシュレースヴィヒ公ゲルハルト4世の娘ヘートヴィヒと結婚した。シュレースヴィヒ公家が1459年に断絶したため、シュレースヴィヒ公領はディートリヒとヘートヴィヒとの息子であるクリスチャン7世(後のデンマーク王クリスチャン1世)が相続した。オルデンブルク伯領およびデルメンホルスト伯領はのちにクリスチャン7世の弟モーリッツおよびゲルハルトの子孫が継承したが、1667年に断絶し、両伯領はデンマーク王家のものとなった。

デンマーク王家[編集]

1448年、母ヘートヴィヒを通してデンマーク王エーリク5世の女系の子孫にあたる、オルデンブルク伯クリスチャン7世がクリスチャン1世としてデンマーク王に選ばれ、オルデンブルク朝が始まる。王朝開始時にはカルマル同盟を引き継ぎ、北欧最大の領土と大国の座を維持し続けたが、1523年スウェーデンに独立を許した。ただしノルウェー支配は1814年ウィーン会議まで維持していた(デンマーク=ノルウェー)。 その後、2度にわたるシュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争(第一次第二次)の結果、永年領有してきたスレースヴィ=ホルステン(シュレースヴィヒ=ホルシュタイン)公国はプロイセン王国に奪われた。このような閉塞的な状況の中でオルデンブルク家は断絶した。

オルデンブルク家の支流の1つホルシュタイン=ゴットルプ家は、1544年から1773年までシュレースヴィヒ=ホルシュタイン公国を支配したが、この一族はスウェーデンの王家となり、またロシア帝国ツァーリの家系ロマノフ家も継承した。オルデンブルク公、のちオルデンブルク大公もホルシュタイン=ゴットルプ家から出ている。

また現在のデンマーク王家およびノルウェー王家、かつてのギリシャ王家であり、イギリス女王エリザベス2世の夫エディンバラ公フィリップの出身家系でもあるグリュックスブルク家も、オルデンブルク家の支流の1つである。

歴代国王[編集]

系図[編集]

オルデンブルク伯[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エギルマール1世
(1040-1112)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヨハン1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリスチャン2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オットー2世(1世)
デルメンホルスト伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エリーザベト
(リューネブルク公マグヌス2世娘)
 
ヨハン2世
 
ヘートヴィヒ・フォン・ディーフォルツ
 
オットー
ブレーメン大司教
 
 
 
 
 
ヨハン
 
クリスチャン
(1355年没)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリスチャン4世
 
ヨハン3世
 
コンラート1世
 
 
 
エーリク5世
デンマーク王
 
 
 
 
 
クリスチャン
 
オットー2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゲルハルト
 
コンラート2世
 
クリスチャン5世
 
シャウエンブルク家
 
 
 
 
 
 
 
オットー3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
モーリッツ2世
 
クリスチャン6世
 
ヘートヴィヒ
(シュレースヴィヒ公ゲルハルト4世娘)
 
ディートリヒ
(幸福伯)
 
 
 
アデルハイト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリストファ3世
デンマーク王
 
ドロテア
(クルムバッハ辺境伯ヨハン娘)
 
クリスチャン7世
デンマーク王(1世)
 
モーリッツ4世
デルメンホルスト伯
 
ゲルハルト
(c.1430-1499)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オルデンブルク朝
デンマーク王家
 
 
 
ヤーコプ
 
アドルフ
 
ヨハン5世
 
アンナ
(アンハルト=ツェルプスト侯ゲオルク1世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヨハン6世
 
ゲオルク
 
クリストファ
デンマーク執政
 
アントン1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヨハン7世
 
アントン2世
デルメンホルスト伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アントン・ギュンター
(1583-1667)
 
アントン・ハインリヒ
 
クリスチャン
  •  :オルデンブルク伯

デンマーク王家(オルデンブルク朝)[編集]

 
プファルツ=ノイマルクト家
 
 
 
 
 
オルデンブルク伯家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリストファ3世
デンマーク王
 
ドロテア
(クルムバッハ辺境伯ヨハン娘)
 
クリスチャン1世
オルデンブルク伯(7世)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハンス
 
フレゼリク1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリスチャン2世
 
クリスチャン3世
 
 
 
 
 
アドルフ
ホルシュタイン=ゴットルプ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フレゼリク2世
 
マグヌス
リヴォニア
 
ハンス
ホルシュタイン=ゾンダーブルク公
 
ホルシュタイン=ゴットルプ家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリスチャン4世
 
 
 
 
 
ゾンダーブルク家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フレデリク3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリスチャン5世
 
ヨウエン
=イギリス女王アン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フレデリク4世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリスチャン6世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリードリヒ2世
ヘッセン=カッセル方伯
 
 
 
 
 
フレデリク5世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリスチャン7世
 
ルイーセ
 
カール
ヘッセン=カッセル方伯
 
 
 
 
 
 
フレゼリク
 
 
 
 
 
フリードリヒ
ルンペンハイム方伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フレデリク6世
 
 
 
ルイーゼ
 
 
 
フリードリヒ・ヴィルヘルム
グリュックスブルク公
 
クリスチャン8世
 
ルイーセ
 
ヴィルヘルム
ルンペンハイム方伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴィルヘルミーネ
 
 
カール
グリュックスブルク公
 
クリスチャン9世
 
 
 
 
フレデリク7世
 
 
 
ルイーゼ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
グリュックスブルク家
  •  :デンマーク王

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Genealogisches Handbuch des Adels, Fürstliche Häuser, Band XVII, "Oldenburg". C.A. Starke Verlag, 2004, pp. 44-50 (in German). 9783798008335.
  2. ^ Burke's Royal Families of the World, p. 60. 0-85011-023-8.

参考文献[編集]

  • 『世界帝王系図集』下津清太郎編、近藤出版社、1987年10月、増補版。NCID BN01752244
    • 上記は『世界帝王系図集』(近藤出版社、1982年12月、NCID BN00842807)の増補版
  • Jiří Louda、Michael Maclagan、Lines of Succession、Little、Brown & Company、1981.

関連項目[編集]