オルファ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オルファ株式会社
OLFA CORPORATION
Olfa Corporation company logo.svg
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
537-0021
大阪府大阪市東成区東中本2丁目11番8号
設立 1967年6月8日
業種 その他製品
法人番号 6120001011887
事業内容 刃物手道具の製造販売
代表者 代表取締役 岡田真一
主要子会社 岡田工業株式会社
外部リンク http://www.olfa.co.jp/ja/
テンプレートを表示
オルファカッター。上から「万能L型」、「ブラックS型」
カッターナイフ

オルファは、世界で初めて折る刃式のカッターナイフを製造・開発した大阪市の刃物会社およびそのブランド名である。

折る刃式カッターナイフの誕生[編集]

1956年、岡田商会の創業者・岡田良男という青年が、ガラスをガラス切りで傷をつけて割るように切断することと、昔GHQから貰った格子状に切り込まれた板チョコレートを折るのを思い出して着想し[1]、使い込んで鈍った刃の先端の部分を折って捨て、刃の次の部分を先端として使うようにするカッターナイフを提案、特許出願をした[2]。最初は評判が悪かったが、やがて口づてでそのことが広がり、人気を集める。

岡田商会は資金繰りが悪化し、1967年に一旦清算。良男ら4兄弟で岡田工業を設立した。この折り刃式カッターナイフは岡田商会(岡田工業)が原点であるということでブランド名を「折る刃」を元に「OLFA」(オルファ)とした。OLHAにしなかった理由は、Hの部分が発音されない国が存在する[3]ため、代用としてHをFにしたからである。岡田工業は1984年に正式社名をオルファに変更。刃の寸法(幅9ミリメートル・18ミリメートル)や折り筋角度(59度)などは全てデファクトスタンダードとなり、名実ともに折る刃式カッターの世界ブランドへと成長していった。

製品の特色[編集]

オルファの製品には、黄色を主体にした製品が多い。黒色の製品でも1ポイントに黄色を用いている。これは、カッターナイフは刃物であるため、不意に怪我などをしないよう、道具箱の中でも目立つようにするためである。オルファでは「その黄色はたまごの黄身の色に近いあたたかみのある黄色」と表現している。

ロータリーカッターは、イギリスのテーラーメードで使われていたはさみに代わるものとして考案された。オルファの世界初発明品である[4]

提供番組[編集]

現在
過去

脚注[編集]

  1. ^ 折る刃式カッターのすべて、誕生秘話 オルファのホームページ。ただし板チョコレートの溝は本来は折り線ではない。
  2. ^ 第一号製品は現在もオルファ本社に保存されている
  3. ^ 例としてフランス。フランス人は「how」の発音が出来ず「アウ」になってしまう
  4. ^ 『工具の本2009』株式会社学習研究社、2009年

関連項目[編集]