オレオモナス・サガラネンシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
オレオモナス・サガラネンシス
分類
ドメ
イン
: 真正細菌 Bacteria
: プロテオバクテリア門
Proteobacteria
: α-プロテオバクテリア綱
Alpha Proteobacteria
: ロドスピリルム目
Rhodospirillales
: 酢酸菌科
Acetobacteraceae
: オレオモナス属
"Oleomonas"
: O. サガラネンシス
"O. sagaranensis"
学名
"Oleomonas sagaranensis"
T Kanamori et al. 2002(裸名)[1]

オレオモナス・サガラネンシスOleomonas sagaranensis)は、グラム陰性嫌気性石油生成・分解細菌で、静岡県相良油田から発見された。

1993年京都大学大学院の今中忠行(現在:立命館大学生命科学部)らは、相良油田から採取・単離した菌株「HD-1株」が通常状態では石油を分解する能力を持ちながら、石油も酸素もない環境におかれると細胞内に逆に原油を作り出すことを発見、新属新種であるとして2002年に命名・報告した[2]。今中らは本種がメタンハイドレートに関係しているとも指摘した。

本種は、様々な直鎖状炭化水素や芳香族化合物を効率よく分解するとともに、水素をエネルギー源、二酸化炭素を炭素源として培養した場合に菌体内に炭化水素を蓄積する特性を有することがわかっており、未知の代謝系が存在すると考えられている[3]

脚注[編集]

  1. ^ Oleomonas sagaranensis gen. nov., sp. nov., represents a novel genus in the alpha-Proteobacteria.(PDF)Kanamori T, Rashid N, Morikawa M, Atomi H, Imanaka T. FEMS Microbiol Lett. 2002 Dec 17;217(2):255-61.
  2. ^ ただし、2013年時点ではValidation Listsに記載されておらず、国際細菌命名規約に準拠する学名ではない
  3. ^ 今中忠行「深度地下極限環境微生物の探索と利用」(PDF)pp.377-378