オレクサンドル・バガチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オレクサンドル・バハチ Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム オレクサンドル・バハチ
国籍  ウクライナ
種目 砲丸投
生年月日 (1966-11-21) 1966年11月21日(51歳)
身長 194cm
体重 135kg
自己ベスト 砲丸投 : 21m47 (1997年)
 
獲得メダル
 ウクライナ
陸上競技
オリンピック
1996 アトランタ 男子砲丸投
世界陸上選手権
1993 シュトゥットガルト 男子 砲丸投
1999 セビリヤ 男子 砲丸投
ヨーロッパ陸上選手権
1994 ヘルシンキ 男子 砲丸投
1998 ブダペスト 男子 砲丸投
編集 テンプレートのヘルプを表示する

オレクサンドル・バガチ (Oleksandr Bagach、ウクライナ語: Олександр Багач1966年11月21日 - )は、ウクライナの陸上競技選手。1996年アトランタオリンピックの銅メダリストである。

経歴[編集]

バガチは、砲丸投の選手として、1985年ヨーロッパジュニア選手権に出場。2位の成績を残す。1989年にはソ連のチャンピオンとなったものの、同年のヨーロッパカップではドーピング規定違反のため失格となっている。

バガチは1993年のシュトゥットガルトで開催された世界選手権では、20m40で4位となったものの、3位のアメリカのマイク・スタルスがドーピングで失格となったため3位に繰り上がり銅メダルを獲得した。翌年の1994年のヨーロッパ選手権では、20m34で銀メダルを獲得。金メダルのオレクサンドル・クリメンコ、銅メダルのロマン・ヴィラチュクとともにウクライナで表彰台を独占した。

バガチは、唯一のオリンピック出場となった1996年アトランタオリンピックでは、最終投てきが終わる前まで5位であったが、最終投てきで20m75のベスト記録を出し、逆転で3位となり銅メダルを獲得した。1997年のアテネで開催された世界選手権では、21m47を投げ、21m44を投げたアメリカのジョン・ゴディナらを抑え1位となった。しかし、優勝から5日後、バガチの尿から興奮剤が検出され失格となり、2位のゴディナが繰り上がりの金メダルとなった。

バガチは、翌1998年のヨーロッパ選手権、1999年の世界室内選手権と連勝。同年夏のセビリヤの世界選手権でも21m26で3位となり銅メダルを獲得した。

しかし、バガチは2000年のシーズンはじめ、ベルギーヘントで開催されたヨーロッパ室内選手権で優勝を果たした後、薬物の陽性反応が検出された。優勝は取り消され、さらに、2度目の薬物違反ということで、彼の選手生命も絶たれてしまった。

自己ベスト[編集]

  • 砲丸投 - 21m47 (1997年)

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1992 ヨーロッパ室内陸上選手権 ジェノバ(イタリア) 砲丸投 1位 20m75
1993 世界室内陸上選手権 トロント(カナダ) 砲丸投 3位 20m63
1993 世界陸上選手権 シュトゥットガルト(ドイツ) 砲丸投 3位 20m40
1994 ヨーロッパ室内陸上選手権 パリ(フランス) 砲丸投 1位 20m66
1994 ヨーロッパ陸上選手権 ヘルシンキ(フィンランド) 砲丸投 2位 20m34
1995 世界陸上選手権 イェーテボリ(スウェーデン) 砲丸投 4位 20m38
1996 オリンピック アトランタ(アメリカ合衆国) 砲丸投 3位 20m75
1997 世界室内陸上選手権 パリ(フランス) 砲丸投 2位 20m94
1998 ヨーロッパ陸上選手権 ブダペスト(ハンガリー) 砲丸投 1位 21m17
1998 IAAFワールドカップ ヨハネスブルグ(南アフリカ共和国) 砲丸投 2位 20m45
1999 世界室内陸上選手権 前橋(日本) 砲丸投 1位 21m41
1999 世界陸上選手権 セビリヤ(スペイン) 砲丸投 3位 21m26