オレンジボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オレンジボール
ORANGE RANGEEP
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル SPICE RECORDS
チャート最高順位
  • 50位(オリコン
  • 登場回数10回(オリコン)
ORANGE RANGE 年表
オレンジボール
2002年
1st CONTACT
2003年
テンプレートを表示

オレンジボール』は、日本ミクスチャーバンドORANGE RANGEのインディーズ時代のミニアルバム

解説[編集]

  • インディーズ時代の唯一のアルバム。2016年7月20日に発売された『縁盤』が出るまでは、メンバーがジャケットに写っている唯一のアルバムだった。
  • RYOの声が現在と大きく違っている。
  • このアルバムの中から数曲がリメイクされてメジャーデビュー後に発表されている。
  • メンバーが毒突いた時々にモヒカンのスタッフが「これでも聴いて元気になれよ。」など言って大音量でメンバーに流すらしい。その時メンバーはものすごい恥ずかしいらしく、メンバー全員が聴くのが嫌なほどの作品になってしまったようだ。
  • 2010年7月28日から、iTunes Storeにて配信されている。

収録曲[編集]

  1. 奏重鼓
    ORANGE RANGEのオリジナル曲として1番初めに作られた曲であり、メジャーデビュー後もしばらくはライブのアンコールで歌われていた。
    ИATURAL』に収録されている「夢人」のサビ部分の原曲である。また「イカSUMMER」のカップリングにセッションで演奏された「SJK06」が収録されている。
    タイトルである「奏重鼓」という言葉はORANGE RANGEの曲の歌詞の中で何度か使われている。
  2. ガジェットグルーヴ
    ストーリー性の高い曲である。
    MC陣が歌詞を覚えられないからか、今では演奏されなくなった。
  3. キリキリマイ
    ORANGE RANGEが3曲目に作った曲。
    メジャーデビューシングルとなる「キリキリマイ」の原曲である。
    後に数多くの別バージョンが製作されることになる。
  4. フラワーガーデン
    ORANGE RANGEが2番目に作った曲。
  5. 中毒
    メンバーの思い入れもあり、2004年までライブで歌われていた。
  6. ベロシティー
    ビバ★ロック」と『1st CONTACT』に収録されている「ベロシティー3000」の原曲。
  7. ファンクテューン
    高校のときの学園祭で演奏した曲であり、メンバーの思い出に残っている曲。
    2010年2月20日さいたまスーパーアリーナで開催された「ORANGERANGEカーニバル 〜春の祭典スペシャル〜」でも披露されて2010年6月9日に発売されたライブDVDの『LIVE カーニバル〜春の祭典スペシャル〜』にも収録された。
  8. 奏重鼓-RKDRMX-
    RYUKYUDISKOによるRemixバージョン。

関連項目[編集]