オレンジ・ジュース (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オレンジ・ジュース
出身地 イギリススコットランドグラスゴー
ジャンル ポストパンク[1]
ニュー・ウェイヴ[2][3][4]
活動期間 1979年 – 1985年、2008年
レーベル ポストカード・レコーズ英語版
ポリドール・レコード
ドミノ・レコーズ
旧メンバー エドウィン・コリンズ
ジェームズ・カーク
David McClymont
スティーブン・ダリー
Malcolm Ross
Zeke Manyika
Clare Kenny
Johnny Britten

オレンジ・ジュース: Orange Juice)は、1976年に結成された、スコットランドポストパンクバンドグループである。グラスゴー郊外のベアズデン英語版で結成され、結成当時はニュー・ソニックス (Nu-Sonics) を名乗っていた。

エドウィン・コリンズ (Edwyn Collins) は、同級生のアラン・ダンカン (Alan Duncan) とともに、ニュー・ソニックス(格安ギターのブランド名に由来する)を結成し、その後マチェーテズ (The Machetes) というバンドグループを脱退してきたジェームズ・カーク (James Kirk)、スティーブン・ダリー (Steven Daly) の両二名が加入した[5]。結成から3年後の1979年、バンド名はオレンジ・ジュースに変更された。著名な曲として、1983年に全英シングルチャート8位にランクインした“Rip It Up”が挙げられる。この曲は、全米チャートトップ40にランクインした唯一の曲となった[6]

出典[編集]

  1. ^ Pop/Rock » Punk/New Wave » Post-Punk”. AllMusic. All Media Network. 2016年4月27日閲覧。
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]
  4. ^ Jason Ankeny. “Orange Juice Biography”. AllMusic. All Media Network. 2018年9月13日閲覧。
  5. ^ Postcard Records on TweeNet
  6. ^ Roberts, David (2006). British Hit Singles & Albums (19th ed.). London: Guinness World Records Limited. p. 408. ISBN 1-904994-10-5.