オンノジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オンノジ』は、施川ユウキによる日本ギャグ4コマ漫画作品。『ヤングチャンピオン』(秋田書店、第2第4火曜日発売)にて2011年10号(2011年4月26日発売)[1]から2013年6号(2013年2月26日発売)まで連載。全46話。連載終了後、『ヤングチャンピオン烈』(同社刊)にて、2014年No.1(2013年12月17日発売)に、単行本最終話の少し前の話を描いた特別篇が掲載。

2014年版『このマンガがすごい!』オトコ編で9位を獲得。

概要[編集]

『ヤングチャンピオン』においては、『森のテグー』の連載終了(2010年10月)以降半年ぶりの連載作品[2]

タイトルの「オンノジ」について、vol.1の扉絵では【御の字】・・・[非常に結構なこと。ありがたいこと。「御」の字をつけてよぶべきほどのもの]と説明された。その後主人公のミヤコがもう片方の登場人物であるフラミンゴを「オンノジ」と命名した。

掲載ページ数は毎回4ページ。1ページに4コマ漫画が2本掲載される。なお1ページ目はページ右半分にタイトルロゴとミヤコの一言ネタが描かれるため、1回において4コマは通常7本描かれる。

あらすじ[編集]

ある日、突然、世界から人がいなくなった。人っ子ひとり、猫の子1匹いなくなった街を、ただ1人残された女の子・ミヤコが流離う。誰もいない町で、笑ったり怒ったり驚いたり赤面したりするミヤコは、やがて街に自分以外の“何か”がいることに気付く。人間なのか、それ以外の何かなのか、何も分からない“それ”を、ミヤコはオンノジと呼ぶことにした。

その後ミヤコはオンノジと接触し、その正体は人間が変化したフラミンゴだと知る。そこからミヤコとオンノジの、2人(1人と1匹)しかいない世界を巡るエピソードが描かれていく。

登場キャラクター[編集]

ミヤコ
主人公。人間も動物も、生物が何もかもいなくなった世界に、何故か1人だけ消えることなく残された少女。想像力が豊かで、様々な空想をして過ごしている。人恋しさを感じることもあるが、街を1人歩き回りながら、元気に過ごしている。人が居なくなった世界に順応したために、食料品を窃盗することに留まらずデパートのマネキンを壊したり回転寿司のレールで遊んだりと奔放に暮らしている。オンノジと初めて会話を交わした時に、自分が過去の記憶を失っていることに気付く。
オンノジ
ミヤコと同じく、生き物(ミヤコ除く)全てが消えた世界で暮らすフラミンゴ。ミヤコよりは常識的でありツッコミ役。元は普通の男子中学生だったが、ある日起床すると、自分以外の生き物が消えており、かつ自身はフラミンゴに変化していた。「オンノジ」というのはミヤコに付けられたあだ名。ミヤコと異なり以前の記憶はあり、自宅や人間時代の写真が残っている。本が持ちにくくなっているなど、人間時代と比べると手足の動作に多少不便が生じているが、基本的には器用にギターを弾いたりスケボーに乗ったりできるようになっている。また背にミヤコを乗せて歩くこともできる。

単行本[編集]

  • 施川ユウキ 『オンノジ』秋田書店〈ヤングチャンピオンコミックス〉、全1巻
    1. 2013年4月19日発売 ISBN 978-4-253-14294-6

脚注[編集]

  1. ^ AKITA Web Station - 『ヤングチャンピオン』2011年No.10より。
  2. ^ なお『Eleganceイブ』にて『寝ろ、起きろ、学校行け!』の連載も、当連載の開始と同日に始まった。