オーイズミ・アミュージオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社オーイズミ・アミュージオ
Oizumi Amuzio inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
110-0015
東京都台東区東上野1丁目8番6号
妙⾼酒造ビル5F
北緯35度42分27.7秒 東経139度46分44.6秒 / 北緯35.707694度 東経139.779056度 / 35.707694; 139.779056座標: 北緯35度42分27.7秒 東経139度46分44.6秒 / 北緯35.707694度 東経139.779056度 / 35.707694; 139.779056
設立 2009年7⽉2⽇
業種 情報・通信業
事業内容 ゲームローカライズ
データディストリビューション
(メディカル/競馬etc)
代表者 代表取締役 福島智
資本金 80,500,000円
主要株主 株式会社オーイズミ 100%
外部リンク http://www.o-amuzio.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社オーイズミ・アミュージオ (: Oizumi Amuzio inc.) は、東京都台東区東上野に所在する海外ゲームのローカライズ&パブリッシング、データディストリビューション(オンラインコンテンツ配信)を行なう会社。

2013年6月に株式会社オーイズミの子会社となり[1]2017年11月1日付で株式会社インターグローintergrow)から社名変更した。

概要[編集]

海外ゲームのローカライズを中心としたパブリッシャー[2][3]であるほか、データディストリビューション事業として、株式会社ケイバブックとの協業による競馬のトータル情報サイト「競馬道OnLine」、医療用医薬品・添付文書の情報検索サイト「Sirakus(シラクス)」の運営[4]なども行なっている。

2009年マーベラスインターチャネルなどの役員を歴任した竹内茂樹によって設立。同年9月1日付で「競馬道OnLine」等のコンテンツ配信事業をインターチャネルから継承したほか[5]、『DEMENTIUM 閉鎖病棟』(インターチャネルより発売)の続編『閉ざされた病棟 -DEMENTIUM II-』(日本版)はインターグローからの販売となった。

出版業に進出していた時期もあり、2014年から2015年にかけてはライトノベル系の文庫レーベル「すこし不思議文庫」(発売:主婦の友社)を発行していた[6]

主な作品(ゲーム)[編集]

主なサービス(ディストリビューション)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 沿革”. オーイズミ (2016年). 2018年5月22日閲覧。
  2. ^ たくさんの試遊台でゲームが楽しめるインターグローブース”. GAME Watch (2017年9月23日). 2018年5月20日閲覧。
  3. ^ 海外ゲームをローカライズ、ファンを想って細かい作業も入念に=オーイズミ・アミュージオ(旧:インターグロー)<開発現場インサイト>”. D-Studioマガジン (2017年10月17日). 2018年5月20日閲覧。
  4. ^ 医薬品を医療従事者にわかりやすく伝える情報サイト「Sirakus」サービス開始”. 共同通信社 (2018年4月10日). 2018年4月10日閲覧。
  5. ^ 運営会社の変更につきまして”. タイムフィルターOnLine. インターグロー (2009年8月27日). 2018年5月22日閲覧。
  6. ^ 累計発行部数60万部を突破した 人気ライトノベル作家・豊田 巧による鉄道エンタメ・ミステリーの新作が「すこし不思議文庫」に登場!「 レールライド 上り列車に見知らぬトランク 」”. PR TIMES (2015年5月21日). 2018年10月24日閲覧。