オークランド・トゥアタラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オークランド・トゥアタラ
創設 2018年
所属リーグ

オーストラリアン・ベースボールリーグ

歴代チーム名

  • オークランド・トゥアタラ (2018年 - )
本拠地
ノース・ハーバー・スタジアム(2019年 - )
  • マクロード・パーク・ベースボール・ダイヤモンド(2018年)
収容人員 25,000人
永久欠番
獲得タイトル
シリーズ優勝

リーグ優勝

成績(タイトル以外)
プレーオフ

球団組織
オーナー ニュージーランド野球連盟
監督 スティーブ・ミンツ

オークランド・トゥアタラ英語: Auckland Tuatara)は、オーストラリアン・ベースボールリーグ(ABL)に加盟しているプロ野球チームである。本拠地は、ニュージーランドオークランドノース・ハーバー・スタジアム

概要[編集]

2018年創設。2018-19シーズンよりABLが拡張されることに伴い、リーグに新たに加盟した球団である。ABLにとって初めてのオーストラリア国外に本拠を構えるチームであり[注釈 1]、また同時にニュージーランド初のプロ野球チームである。ニュージーランド野球連盟英語版により直接運営されている。

保護地域のオークランドは、決して野球が盛んではないニュージーランドにおいて、大規模な大会が開催される野球の中心地である。またチーム名となった「トゥアタラ」はニュージーランド北部に生息する固有の爬虫類ムカシトカゲの現地名から取られており、その姿はロゴデザインにも取り入れられている。公式ハッシュタグは「#TuataraNation」である。

歴史[編集]

2018-19[編集]

ABLに新規参入し、リーグの拡張によって新たに導入された2地区制のもと、ブリスベン・バンディッツキャンベラ・キャバルリーシドニー・ブルーソックスとともにノースイーストディビジョンに割り振られた。監督には、元サンフランシスコ・ジャイアンツ投手で2015-16シーズンにはABLのアデレード・バイトで監督を務めた経験のあるスティーブ・ミンツが就任した。また、最初の選手として、アリゾナ・ダイヤモンドバックスおよびアトランタ・ブレーブスで7年間プレーした投手のジョシュ・コルメンターと契約した。

開幕戦はビジターでパース・ヒートと戦い、4-8で敗れた。その後も調子が上がらず開幕4連敗を喫したが、ホーム開幕戦となる開幕5戦目でブリスベンに対して5-4でサヨナラ勝ちを収めシーズン初勝利を挙げた。最終的な勝率は.350で、地区では首位のブリスベンから11ゲーム差の最下位となった。

2019-20[編集]

2年目のシーズンを前に、200万ドルを費やしてノース・ハーバー・スタジアムの大規模な改修工事が行われた。この改修では国際大会の開催に必要な基準を満たすため、従来設けられていた観客席を取り壊しグラウンドが拡張された[1]。また試合日程も変更され、ホームゲームでのダブルヘッダーを廃止し木曜日から日曜日にかけて4連戦を行うようになった[2]。監督は引き続きミンツが務め、選手では元横浜DeNAベイスターズで2019年はロサンゼルス・ドジャース傘下でプレーしていた北方悠誠が加わった[3]ほか、テキサス・レンジャーズなどからもプロスペクトが派遣された。シーズン中の公式ハッシュタグとしては「#FollowTheFun」を使用する。

開幕シリーズではホームでパースと対戦し、11月21日の第1戦は1-6で敗れた。11月23日の第3戦で初勝利を挙げ、3番手で登板した北方が勝利投手となった。

日本球界とのつながり[編集]

ニュージーランドでは、2014年から2017年まで清水直行が野球連盟のGM補佐やU-15代表監督、ナショナルチームの投手コーチ、統括コーチを歴任し[4]、また世代別代表チームには日本国籍保有者も在籍するなど[5]日本との縁が深い。 新球団の設立に際しては、NPBから千葉ロッテマリーンズに所属する平沢大河酒居知史種市篤暉[6]四国アイランドリーグplusからは、MVP受賞者である香川オリーブガイナーズ所属の原田宥希が派遣された[7]

主な選手[編集]

2019-20シーズン[編集]

過去に在籍した選手[編集]

[8]

脚注[編集]

  1. ^ Work Begins on New Tuatara Home”. aucklandtuatara.com (2019年5月16日). 2019年11月24日閲覧。
  2. ^ Big Changes Coming at Auckland Tuatara for Second Season”. stuff.co.nz (2019年3月5日). 2019年11月24日閲覧。
  3. ^ Japanese Phenom Joins Tuatara”. aucklandtuatara.com (2019年9月26日). 2019年11月24日閲覧。
  4. ^ 清水直行 ニュージーランド野球連盟ゼネラルマネージャー補佐兼U15代表監督 - 在オークランド日本国総領事館 2016年09月16日
  5. ^ "世界の野球"清水直行 ニュージーランド野球の世界挑戦記「ニュージーランドから日本へ」 - 侍ジャパンオフィシャルサイト 2017年04月13日
  6. ^ ロッテ 平沢、酒居、種市の3選手を豪州へ派遣 - デイリースポーツ 2018年10月17日
  7. ^ 香川・原田、さらなるレベルアップへ豪州プロリーグで武者修行 - デイリースポーツ 2018年11月05日
  8. ^ http://web.theabl.com.au/news/article.jsp?ymd=20180820&content_id=291171428&fext=.jsp&vkey=news_abl

注釈[編集]

  1. ^ オーストラリアにおける過去のプロ野球リーグまで遡れば、インターナショナル・ベースボールリーグ・オブ・オーストラリア(IBLA)時代の2001年に国外球団が参加していた。