オースティン・カーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オースティン・カーンズ
Austin Kearns
Austin Kearns postgame interview.jpg
クリーブランド・インディアンス時代
(2010年5月15日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ケンタッキー州レキシントン
生年月日 (1980-05-20) 1980年5月20日(38歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
240 lb =約108.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1998年 ドラフト1巡目
初出場 2002年4月17日
最終出場 2013年5月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

オースティン・ライアン・カーンズ(Austin Ryan Kearns, 1980年5月20日 - )は、アメリカ合衆国ケンタッキー州レキシントン出身の元プロ野球選手外野手)。右投右打。

経歴[編集]

1998年ドラフト1巡目 (全体7位) でシンシナティ・レッズから指名されプロ入り。

2000年には、A級ながら、打率.306・27本塁打・104打点・18盗塁・OPS0.973という好成績をマークした。

2002年4月17日アストロズ戦でメジャーデビューすると、この年107試合出場で打率.315を記録し、新人王投票で3位に入った。

2003年、肩の痛みに苦しんでDL入りしながらも[1]、シーズン約半数の82試合で15本塁打を放ち、チームの主砲格の選手に成長した。

2004年、64試合で10二塁打・9本塁打を放ち、相変わらずのパワーを発揮したが、打率はメジャーデビュー以来どんどん低下し、.230まで沈み込んだ。また、右手親指の故障でDL入りし[2]、メジャー1年目から3年連続で故障離脱してしまった。

2005年、初めて大きな故障なくシーズンを過ごしたものの[3]、出場試合数は112に留まった。打率こそ.240と低かったが、メジャーデビュー以来いずれも自己ベストとなる18本塁打・67打点を記録した。守備面では、107試合でライトを守り、守備率.988・守備防御点 + 10という好成績をマークした。

2006年、まずまずの調子を維持し、87試合で打率.274・16本塁打・50打点・7盗塁という好成績を記録していたが、7月13日にロイス・クレイトンゲイリー・マジュースキー、ビル・ブレイ、ブレンダン・ハリス、ダリル・トンプソンとのトレードでフェリペ・ロペス、ライアン・ワグナーと共にワシントン・ナショナルズへ移籍した。ナショナルズ移籍後は、打率こそ.250に留まったものの、8本塁打・36打点という数字を叩き出し、2チーム計で150試合に出場、初めて規定打席到達 (ナ・リーグ) を果たした。本塁打20・打点80のラインを、いずれも初めてクリアした。守備では、前年から倍増以上となる7失策を犯したが、守備防御点は2年連続で + 10を記録し、高い守備力を示した。

2007年、2年連続で故障とは無縁のシーズンを過ごし、161試合に出場した。打率.266・16本塁打・74打点という成績を残したが、打者に不利とされるRFKスタジアムでは打率.228と苦しんだ[4]。ハイレベルな守備は相変わらずであり、ライトを守った158試合で守備率.995・守備防御点 + 6という好成績だった。

2008年、肘の痛み、右肘の遊離軟骨除去手術、左足の疲労骨折など[5]、次々に故障を繰り返して86試合の出場で、打率.217と大不振に陥った。 打撃と同様に守備面でも不振を呈し、85試合のライト守備で守備防御点 - 6に終わった。

2009年は更なる不振に落ち込み、打率は.200未満に終わった。

2010年1月5日にクリーブランド・インディアンスとマイナー契約を結びスプリングトレーニングに招待選手として参加。4月3日にメジャーに昇格し、84試合で打率.272・8本塁打・42打点を記録した。7月30日にザック・マカリスターとのトレードでニューヨーク・ヤンキースへ移籍[6]。移籍後は36試合で打率.235、僅かに2本塁打に終わったものの、3年ぶりとなる2ケタ本塁打をクリアした。12月20日には、再度インディアンスと1年契約を結んだ[7]。2月12日には、飲酒運転で逮捕された[8]

2011年、57試合の出場で打率.200・2本塁打・7打点という成績に終わり、8月18日に解雇される。

2012年1月25日マイアミ・マーリンズとマイナー契約を結んだ[9]。マーリンズでは87試合に出場し、成績は僅かに上向いたが、レギュラー獲得には至らずに10月29日にFAとなった。

2013年1月13日にマーリンズと再契約。19試合に出場しただけで、10月31日にFAとなった。

選手としての特徴[編集]

打撃

メジャーデビューから間もない頃は、打球を広角に飛ばす技術・選球眼の良さ・配球を読む上手さ等を高く評価されており、故障さえなければ毎年打率.300・30本塁打・100打点をクリアする打者になり得る存在とされていた[1][2]。その期待度の高さは当時のレッズの対応にも顕れており、他球団からトレードを打診されても、カーンズの放出は拒んでいた[3]

守備

強肩でライト向きとされており[1]、実際にライトで起用されていた (メジャーでは820試合でライトを守った) 。2007年は、フライやライナーを捕球した数が、リーグでもトップクラスだった[4]。また、フェンスを恐れない果敢な守備を見せていた[4]。その守備力の高さは守備防御点にも表れており、2年連続で + 10という高数値を記録した事もある。

走塁

打撃や守備と同様に、足もトップクラスと評価されていた[3]

その他

故障が非常に多い選手であり、150試合以上に出場したシーズンが2度しかなく、2000年代は何度となくDL入りを繰り返していた。上述したように、頻発する故障が原因となり、打者として大成出来なかった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2002 CIN 107 435 372 66 117 24 3 13 186 56 6 3 0 3 54 3 6 81 11 .315 .407 .500 .907
2003 82 338 292 39 77 11 0 15 133 58 5 2 0 0 41 1 5 68 7 .264 .364 .455 .819
2004 64 246 217 28 50 10 2 9 91 32 2 1 0 0 28 0 1 71 8 .230 .321 .419 .740
2005 112 448 387 62 93 26 1 18 175 67 0 0 0 5 48 2 8 107 8 .240 .333 .452 .785
2006 87 368 325 53 89 21 1 16 160 50 7 1 0 3 35 2 5 85 14 .274 .351 .492 .843
WSH 63 261 212 33 53 12 1 8 91 36 2 3 1 2 41 2 5 50 4 .250 .381 .429 .810
'06計 150 629 537 86 142 33 2 24 251 86 9 4 1 5 76 4 10 135 18 .264 .363 .467 .830
2007 161 674 587 84 156 35 1 16 241 74 2 2 0 4 71 5 12 106 13 .266 .355 .411 .765
2008 86 357 313 40 68 10 0 7 99 32 2 2 0 1 35 0 8 63 11 .217 .311 .316 .627
2009 80 211 174 20 34 6 2 3 53 17 1 1 0 0 32 1 5 51 12 .195 .336 .305 .641
2010 CLE 84 342 301 42 82 18 1 8 126 42 4 1 0 2 34 2 5 78 12 .272 .354 .419 .772
NYY 36 119 102 13 24 3 0 2 33 7 0 0 0 0 12 0 5 38 4 .235 .345 .324 .668
'10計 120 461 403 55 106 21 1 10 159 49 4 1 0 2 46 2 10 116 16 .263 .351 .395 .746
2011 CLE 57 174 150 18 30 5 1 2 43 7 0 4 2 0 18 0 4 48 2 .200 .302 .287 .589
2012 MIA 87 175 147 21 36 6 0 4 54 16 2 1 0 0 22 1 6 44 8 .245 .366 .367 .733
2013 19 31 27 3 5 0 0 0 5 0 0 0 0 0 4 0 0 8 1 .185 .290 .185 .476
通算:12年 1125 4179 3606 522 914 187 13 121 1490 494 33 21 3 20 475 19 75 898 115 .253 .351 .413 .764
  • 2013年度シーズン終了時

脚注[編集]

  1. ^ a b c 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2004』 廣済堂出版、2004年、349頁。ISBN 4-331-51040-9。
  2. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2005』 廣済堂出版、2005年、347頁。ISBN 4-331-51093-X。
  3. ^ a b c 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2006』 廣済堂出版、2006年、366頁。ISBN 4-331-51146-4。
  4. ^ a b c 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2008』 廣済堂出版、2008年、299頁。ISBN 978-4-331-51300-2。
  5. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』 廣済堂出版、2009年、319頁。ISBN 978-4-331-51370-5。
  6. ^ http://blogs.thetimes-tribune.com/yankees/?p=6958
  7. ^ http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20101220&content_id=16347104&vkey=news_mlb&c_id=mlb
  8. ^ http://www.centralkynews.com/jessaminejournal/news/jj-lexington-native-mlb-player-kearns-arrested-for-dui-in-nicholasville-20110228,0,7216934.story
  9. ^ http://articles.sun-sentinel.com/2012-03-29/sports/fl-miami-marlins-0330-20120329_1_bryan-petersen-logan-morrison-giants

関連項目[編集]