オースティン・クロージェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オースティン・クロージェア
Austin Croshere
Austin Croshere 2007.jpg
2007年のクロージェア
引退
ポジション(現役時) PF/SF
背番号(現役時) 44, 22
身長(現役時) 208cm (6 ft 10 in)
体重(現役時) 107kg (236 lb)
基本情報
本名 Austin Nathan Croshere
ラテン文字 Austin Croshere
誕生日 (1975-05-01) 1975年5月1日(43歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス
出身 プロビデンス大学
ドラフト 1997年 12位 
選手経歴
1997-2006
2006-2007
2007-2008
2008-2009
2009
インディアナ・ペイサーズ
ダラス・マーベリックス
ゴールデンステート・ウォリアーズ
ミルウォーキー・バックス
サンアントニオ・スパーズ

オースティン・クロージェアAustin Nathan Croshere1975年5月1日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身の元バスケットボール選手。ポジションはフォワード。日本では他にクロシェアー、クローシェア、クロージュア、クロージャーなどと表記される。

経歴[編集]

地元ロサンゼルスの高校に通った後、プロビデンス大学へ進学した。1997年のNBAドラフトにおいて、インディアナ・ペイサーズより全体12位指名を受けてNBA入りした。ルーキーシーズンより2年間は出番に恵まれなかったが、3年目の1999-00シーズンには81試合に出場した。この年にはチーム史上初のNBAファイナル進出を支える活躍をし、注目を浴びた。この活躍によってシーズンオフにチームとの更なる契約延長を勝ち取ったが、周囲の期待をよそにベンチに座っている時間が多く、良い数字を残せないシーズンが続くことになった。特にヘッドコーチがアイザイア・トーマスだった2002-03シーズンまでは全く出番がなかった。その後、2003-04にリック・カーライルが就任し、2004-05シーズンより再び心強いバックアップの1人として平均25分程度の出場を果たした。

2006年7月5日マーキス・ダニエルズとのトレードでダラス・マーベリックスへ移籍した。層の厚いチームだけあり出場時間が限られた中、2007年1月30日シアトル・スーパーソニックス戦ではフィールドゴール14本中11本(内、3Pシュート10本中7本)に成功し、34得点を記録してキャリアハイを更新した。

2007-08シーズンはゴールデンステイト・ウォリアーズでプレイした。翌2008-09シーズン、古巣のペイサーズと契約したがシーズン前に解雇された。その後、ミルウォーキー・バックスサンアントニオ・スパーズで数試合プレイした。

プレイスタイル[編集]

非常にシュートタッチに優れたフォワードで、爆発力がある。ディフェンス面においてもリバウンドで貢献することができる。主力として活躍していたペイサーズ時代には「オースティン・パワーズ」の愛称で呼ばれた。