オーストラリアの競馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
競馬 > オーストラリアの競馬

オーストラリアの競馬( - のけいば)では、オーストラリアにおける競馬について記述する。

歴史[編集]

  • 1912年、国内共通の競馬施行規程(オーストラリア競馬施行規程)が制定される。
  • 2015年、競馬界の主要な機能と資産を全国レベルで統合したレーシングオーストラリアが創設される[1]

特徴[編集]

競馬開催[編集]

  • 馬齢に関する更新日が8月1日であることから、8月1日から7月31日までが1つのシーズンとされる。
  • 国内に300(繋駕速歩競走専用競馬場を含む)を超える競馬施行体が存在し、州ごとに競馬施行に関する法律が異なる。競馬開催の規模も競馬場毎に異なり、国際的な格式を持つ大レースを行う大型の競馬場からいわゆるローカルな「草競馬」的なものまで多岐にわたる。
  • 平地競走とともに、速歩競走も盛んである。一方、障害競走は衰退しており、南オーストラリア州の一部競馬場でのみ行われているが、廃止論が度々浮上している。


ギャンブル[編集]

  • 競馬に関する賭けは、競馬場内においてはパリミュチュエル方式ブックメーカー方式ともに合法で、競馬場外ではパリミュチュエル方式のみが合法となっている。
  • 場内でパリミュチュエル方式の馬券を発売する組織は、全国の競馬場ともに共通である。
  • 競馬やドッグレースを専門に取り扱う日刊紙が発行されているほか、一般紙も競馬等の記事が充実している。また、ラジオ放送では、競馬実況を専門に取り扱う放送局が存在する。

厩舎・騎手[編集]

  • 厩舎制度はほとんどの地域で競馬場外に厩舎を設置する外厩式が基本。競馬関係のライセンスについては日本や欧米よりも取得が容易で、大規模な厩舎では自前でトレーニングセンター的な設備を構えるものもある一方で、個人経営や家族経営で地元の競馬場や調教用トラックに馬を持ち込んで育成する様な小厩舎も多数存在する。
  • 騎手は民間の養成所が全国に存在しており、専業騎手も数多いが、小規模な家族経営の厩舎では調教師の家族が騎手ライセンスを取得して騎乗する事も見られる。また、副業禁止規定が無いため、様々な副業で生活資金や活動資金を確保しながら騎手としての活動を続ける者も多い。
  • 騎手ライセンスについては、国籍にまつわる制限も比較的緩いことから、自国の競馬界の騎手育成システムが少人数主義である場合、その騎手養成の枠に入れなかった者にとっては、オーストラリアの騎手養成所は騎手になるために残された数少ないルートの1つとなっている。
  • 日本の競馬界も長期騎手養成課程は中央競馬競馬学校)・地方競馬地方競馬教養センター)いずれも極端な少人数主義であることから、これらの騎手養成課程に入れずに渡豪して騎手養成所に入って騎乗技術を習得し、現地の騎手ライセンスを取得した日本人騎手が存在する。

馬畜産[編集]

主な競走[編集]

平地競走[編集]


現在のオーストラリアの主な平地競走のレース日程(G1競走のみ)[編集]

地区別GI競走
シドニー メルボルン クイーンズランド 西部 南部
8月 (第3週)
ウィンクスS
(第4週)
メムジーS
9月 (第2週)
ゴールデンローズS
(第4週)
ジョージメインS
(第1週)
マカイビーディーヴァS
(第3週)
インヴィテーションS
アンダーウッドS
(第4週)
モイアS
10月 (第1週)
エプソムH
フライトS
スプリングチャンピオンS
メトロポリタンH
(第1週)
ターンブルS
(第2週)
コーフィールドギニー
トゥーラックH
コーフィールドS
1000ギニー
(第3週)
コーフィールドC
(第4週)
マニカトS
コックスプレート
11月 (第1週)
クールモアスタッドS
エミレーツS
エンパイアローズS
ヴィクトリアD
(第1火曜日)
メルボルンC
(第2週)
クラウンオークス
ケネディマイル
スプリントクラシック
(第4週)
ウインターボトムS
レイルウェイS
12月 (第1週)
キングストンタウンクラシック
1月
2月 (第2週)
CFオーアS
(第3週)
ブラックキャビアライトニング
(第4週)
ブルーダイヤモンドS
オークレイプレート
フューチュリティS
3月 (第2週)
チッピングノートンS
サラウンドS
(第3週)
ランドウィックギニーズ
カンタベリーS
(第4週)
クールモアクラシック
ランヴェットS
(第5週)
ローズヒルギニー
ザギャラクシー
(第1週)
オーストラリアンC
オーストラリアンギニー
ニューマーケットH
(第4週)
ウィリアム・レイドS
4月 (第1週)
ストームクイーンS
ジョージライダーS
ゴールデンスリッパーS
ザBMW
(第2週)
オーストラリアンD
ドンカスターH
サイアーズプロデュースS
TJスミスS
(第3週)
クイーンエリザベスS
シドニーC
オーストラリアンオークス
クイーンオブザターフS
(第4週)
オールエイジドS
シャンペンS
(第4週)
ロバートサングスターS
オーストララシアンオークス
5月 (第2週)
ドゥームベン10000
(第3週)
ドゥームベンC
(第4週)
キングスフォードスミスC
(第5週)
クイーンズランドオークス
(第1週)
グッドウッドH
サウスオーストラリアンD
6月 (第1週)
クイーンズランドダービー
ストラドブロークH
(第2週)
ザJJアトキンス
(第3週)
タターソールズティアラ
7月

※Hはハンデキャップ、Sはステークス、Bはブリーダーズ、Cはカップ、Tはターフ、Dはダービーの略。また簡略化のため、インビテーショナルは招待、ゴールドカップは金杯にそれぞれ訳して表記。

主な競馬場[編集]

シドニー
メルボルン
クイーンズランド地区ブリスベン
西地区パース周辺
南部アデレードのモーフェットビル競馬場

ニューサウスウェールズキャンベラ地区[編集]

  • ロイヤルランドウィック競馬場
  • ローズヒルガーデンズ競馬場
  • カンタベリーパーク競馬場
  • ウォーウィックファーム競馬場
  • グラフトン競馬場
  • ケンブラグランジ競馬場
  • ゴスフォード競馬場
  • ニューキャッスル競馬場
  • ホークスベリー競馬場
  • キャンベラ競馬場

メルボルン地区[編集]

クイーンズランド地区[編集]

パース地区[編集]

  • アスコット競馬場
  • ベルモントパーク競馬場
  • バンベリー競馬場

南部[編集]

  • モーフェットビル競馬場
  • モーブレイ競馬場
  • エルウィック競馬場
  • チェルトナム競馬場
  • ヴィクトリアパーク競馬場
  • ホバート競馬場

脚注[編集]

  1. ^ 豪州で競馬の全国団体が誕生(オーストラリア) JAIRS 2015年5月7日閲覧
  2. ^ 芝の世界最高賞金レース ザ・エベレストが新設UMAJIN、2017年2月1日閲覧
  3. ^ Public to have say in deciding field for new A$5 million mile showpiece”. racingpost (2018年11月19日). 2018年11月20日閲覧。