オーストラリア聖公会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オーストラリア聖公会英語: Anglican Church of Australia)は、アングリカン・コミュニオンに所属する、オーストラリアに於ける聖公会の教会。現在ではオーストラリア全人口の約20%がこの教会に所属している。世界教会協議会(WCC)の会員。

歴史[編集]

1787年、リチャード・ジョンソン牧師がニューサウスウェールズ州で宣教活動を始めた。かつては最も信徒数の多い教会だったが、移民政策が変更されてからはイタリアポーランドクロアチアといったカトリック圏からの移民が増えたため、今日ではカトリックの信徒が最も多くなった。

信条[編集]

おおむねイングランド国教会を踏襲しているが、一部見解の相違も見られる。1992年に初めての女性司祭、2008年に初めての女性主教が誕生していて、2017年には西オーストリア大主教区で初めての大主教が誕生しているが、女性司祭さえも認めない教区も少数ある。[1]

カンタベリー大主教ローワン・ウィリアムズ同性愛者の司祭を承認すると、オーストラリア聖公会の中からは異論が噴出した。シドニーの大主教ピーター・ジェンセン英語版は熱烈に反対した。

世界教会協議会に所属している。

脚注[編集]