オーセントホテル小樽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オーセントホテル小樽
AUTHENT HOTEL OTARU
施設外観(2011年11月)
施設外観(2011年11月)
ホテル概要
設計 竹中工務店[1]
施工 竹中工務店[1]
運営 オーセントホテルズ
階数 地下1階 - 地上11階
部屋数 195室
延床面積 13,956 m²
駐車場 90台
開業 1998年6月26日[2]
最寄駅 小樽駅
最寄IC 札樽自動車道 小樽IC
所在地 〒047-0032
北海道小樽市稲穂2丁目15-1
位置 北緯43度11分45秒 東経140度59分51秒 / 北緯43.19583度 東経140.99750度 / 43.19583; 140.99750座標: 北緯43度11分45秒 東経140度59分51秒 / 北緯43.19583度 東経140.99750度 / 43.19583; 140.99750
公式サイト オーセントホテル小樽 公式サイト
補足 「第11回小樽市都市景観賞」受賞[3]
テンプレートを表示

オーセントホテル小樽Authent Hotel Otaru)は、北海道小樽市にあるホテル新日本海フェリー関連会社であり[4]、「SHKグループ」に属している[5]

概要[編集]

1995年平成7年)に新日本海フェリーが旧大国屋跡地を取得し、初のホテル運営に乗り出した[6]。フェリーありきのホテルではなく、ホテルとして地域のニーズを考慮した事業計画を練って建設した[6]楽天にオンラインショップを開設している[7]

2020年12月には、系列宿泊施設として倶知安町樺山に延べ床面積3,400平米の全室温泉露天風呂付き28室の和風高級宿泊施設を開業予定[8][9]

施設[編集]

客室

  • シングル (18 m²)
  • ダブル (18 m²)
  • ツイン (27 m²)
  • トリプル (37 m²)
  • 和室
    • Aタイプ(和室8畳+洋リビング) (36 m²)
    • Bタイプ(和室10畳+洋リビング) (54 m²)
    • Cタイプ(純和室11.5畳) (56 m²)
  • バリアフリールーム (37 m²)
  • デラックスツイン (37 m²)
  • オーセントスイート (75 m²)

レストラン&バー

  • メインレストラン カサブランカ
  • 和食 入舟
  • 鉄板焼 海王
  • ロビーラウンジ オンディーヌ
  • メインバー キャプテンズ・バー
  • トップラウンジ ポール・スター
  • ベーカリー オンディーヌ

宴会・会議

  • オーセントルーム
  • 和食「入舟」うしお
  • メインレストラン「カサブランカ」個室

その他

  • ホテルショップ
  • ギャラリー
  • 浴場・ミストサウナ(宿泊客のみ。大人300円、小学生150円、幼児無料)

アクセス・駐車場[編集]

日銀通り沿いに位置しており、小樽都通り商店街、小樽サンモール一番街北洋銀行小樽中央支店、北海道信用金庫小樽支店に隣接している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b オーセントホテル小樽”. 竹中工務店. 2017年5月28日閲覧。
  2. ^ 国際ツーリズムの歩み 1998年 (PDF)”. 日本国際ツーリズム殿堂. 2017年5月28日閲覧。
  3. ^ 第11回 小樽市都市景観賞作品”. 小樽市. 2017年5月28日閲覧。
  4. ^ 会社概要”. 新日本海フェリー. 2017年5月28日閲覧。
  5. ^ グループ会社(SHKグループ)”. 新日本海フェリー. 2017年5月28日閲覧。
  6. ^ a b 地域貢献 <外貨獲得>(22) —地域経済全体のパイを大きく—”. 小樽學. 歴史文化研究所. 2017年5月28日閲覧。
  7. ^ オーセントホテル小樽オンラインショップ”. 楽天市場. 楽天. 2017年5月29日閲覧。
  8. ^ 倶知安に高級宿泊施設 和風18室 20年冬開業予定へ 新日本海フェリー クルーズ事業と連携も - 北海道新聞2019年5月21日夕刊1面
  9. ^ 新日本海フェリー、北海道倶知安に高級宿泊施設 - 日本経済新聞(2019年5月21日)