オーソン・ウェルズ劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オーソン・ウェルズ劇場』(オーソン・ウェルズげきじょう、英語: Orson Welles' Great Mysteries)は、1973年から1974年までイギリスITVで放送されていたテレビドラマである[1]

番組は、オー・ヘンリーW・W・ジェイコブズスタンリイ・エリンなどのミステリー作家たちによる短編作品を映像化して放送[1]。その名の通り、オーソン・ウェルズをストーリーテラーに起用していた[1]

日本では朝日放送により、1977年1月から同年6月までテレビ朝日(同年3月まではNETテレビ)とその系列局で放送。ニッカウヰスキーの一社提供で、ウェルズが出演したウイスキー「G&G」のテレビCMが放送時間中に流されていた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c オーソン・ウェルズ劇場とは - コトバンク”. 朝日新聞社VOYAGE GROUP (出典:小学館『デジタル大辞泉プラス』). 2017年3月30日閲覧。
NET系列 → テレビ朝日系列 土曜22:30 - 23:00枠
前番組 番組名 次番組
パイプのけむり
(1976年7月3日 - 1976年12月25日)
オーソン・ウェルズ劇場
(1977年1月 - 1977年6月)
あゝ甲子園
(1977年7月2日 - 1977年9月24日)