オーッサ・スルタン国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オーッサ・スルタン国
アファール首長国

1734–1936


国旗

首都 アサイタ英語版
言語 アファール語アラビア語
宗教 イスラム教スンニ派
政府 君主制
スルタン
 •  1734–1749 Kedafu
歴史
 •  創立 1734年
 •  解体 1936年

オーッサ・スルタン国又はアファール首長国は、1734年1936年にかけてエチオピア東部のアファール州に存在した王国。 アファール人が支配していた。 1936年イタリア領東アフリカに併合され、1945年エチオピアの一部になった。 1970年代までは名目上のスルタンがエチオピア政府により指名され、大きな自治権を持っていた。

歴史[編集]

独立時代[編集]

1880年頃の地図。アファール首長国は中央やや下の薄黄緑の領域。

1734年アファール人のムダイト氏族長のケダフはムダイト朝英語版を開いた[1][2]。 スルタンの初期の象徴は銀の元帥杖で、魔力が有ると考えられていた[3]。 勢力圏は現在のエリトリアのデンケル低地まで及んだ[4]

1749年、息子のムハンマド・ケダフがスルタンを継いだ。

1779年、ムハンマド・ケダフは息子のイジュダヒスに王位を譲った。

1801年、イジュダヒスは王位を譲った。

大国の狭間で[編集]

1865年、統一したばかりのイタリア王国アッサブを売却した。

1875年、ムハンマド・イブン・ハンファドへはエジプトのエチオピア征服軍を率いるワーナー・ムンジンガー英語版を破って殺害した[5]

1890年イタリア領エリトリア英語版が成立した。

1894年1896年メネリク2世率いるエチオピアとイタリアの間で第一次エチオピア戦争が起きた。 エチオピアはオーッサ・スルタン国がイタリアに協力しないように、首都アサイタに軍を駐留させた[6]

1935年1939年第二次エチオピア戦争で、オーッサ・スルタン国は侵略者のイタリアに協力した[7]

1943年、誕生したばかりのエチオピア新政府はオーッサ・スルタン国に軍を送ってスルタンを捕え、彼の親戚のアリミラー・ハンフェレ英語版をスルタンに任じた。 中央集権化を進めるハイレ・セラシエ1世政権と、自治権を守りたいアリミラーは衝突し続けた。 アリミラーはアファール人が自治州の下で団結すべきと考えた。

近代エチオピアの一部として[編集]

1961年エチオピア・エリトリア連邦の解体が近づくと、エリトリアの55人のアファール人首長はエチオピアのアファール自治州を承認した。

1963年、エリトリア国が解体されエリトリア州になった事を受けて、アファール人首長はアッサブに集まり、自治州の創設を目指す事に合意した。

1964年、彼らは首都アディスアベバでハイレ・セラシエ1世に自治州創設を要求したが、退けられた。

1974年エチオピア帝国は滅亡し、社会主義国となった。

1975年、アリミラーはサウジアラビアに亡命した。

1991年メンギスツ政権の崩壊を受けて、アリミラーが帰国した。

2011年、アリミラーが亡くなり、息子がスルタンを継いだ[8]

脚注[編集]

  1. ^ Abir, pp. 23-26.
  2. ^ Pankhurst, Richard (1997). The Ethiopian Borderlands: Essays in Regional History from Ancient Times to the End of the 18th Century. Red Sea Press. ISBN 0932415199. https://books.google.com/books?id=MQ1CH3-RMe0C&pg=PA391&redir_esc=y#v=onepage&q&f=false. 
  3. ^ Trimingham, p. 262.
  4. ^ AESNA (1978). In defence of the Eritrean revolution against Ethiopian social chauvinists. AESNA. p. 38. https://www.google.com/books?id=idUtAQAAIAAJ 2014年12月23日閲覧. "Later in their history, the Denkel lowlands of Eritrea were part of the Sultanate of Aussa which came into being towards the end of the sixteenth century." 
  5. ^ Edward Ullendorff, The Ethiopians: An Introduction to Country and People, second edition (London: Oxford University Press, 1965), p. 90. 0-19-285061-X.
  6. ^ Chris Proutky, Empress Taytu and Menilek II (Trenton: The Red Sea Press, 1986), p. 143. 0-932415-11-3.
  7. ^ Anthony Mockler, Haile Selassie's War (Brooklyn: Olive Branch Press, 2003), p. 111.
  8. ^ AFAR News Toronto v.01 (July 2011)
  • Mordechai Abir, The era of the princes: the challenge of Islam and the re-unification of the Christian empire, 1769-1855 (London: Longmans, 1968).
  • J. Spencer Trimingham, Islam in Ethiopia (Oxford: Geoffrey Cumberlege for the University Press, 1952).