オーテリビアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

オーテリビアン(Hauterivian、オーテリーブ期)は、1億3640 ± 200万年前から1億3000 ± 150万年前にかけての、白亜紀における「期」と呼ばれる地質時代区分である。前の期はバランギニアン(バランジュ期)であり、次の期はバレミアン(バーレム期)である。

目次

層序の定義[編集]

オーテリビアンは1873年スイス地質学者Eugène Renevierによって定められた。ヌーシャテル湖の湖畔にある街オートリーブにちなんでいる。

アンモナイトの一種Acanthodiscusが最初に現れる層を下限としている。2009年の時点でGSSP(国際境界模式層断面と断面上のポイント)はまだ定められていない。上限(バレミアンとの境界)はアンモナイトのSpitidiscus hugiiが最初に現れる層とされている。

細分化[編集]

テチス海が存在していた地域において、バランギニアンはアンモナイトに基づいた7つの層に分けられる(新しい時代から古い時代にかけて)。

  • Pseudothurmannia ohmi
  • Balearites balearis
  • Plesiospitidiscus ligatus
  • Subsaynella sayni
  • Lyticoceras nodosoplicatus
  • Crioceratites loryi
  • Acanthodiscus radiatus

この時代の古生物[編集]

イベロメソルニス
ハルピミムス
レプトクレイドゥス

哺乳類 Mammalia[編集]

  • エオバータル Eobaatar
    • 発見地:スペインモンゴル
    • 複数の種が白亜紀前期オーテリビアンからアルビアンにかけて生息していた。

鳥類 Aves[編集]

竜盤目 Saurischia[編集]

獣脚亜目[1] Theropoda

竜脚形亜目 Sauropodomorpha

鳥盤目 Ornithischia[編集]

鳥脚亜目 Ornithopoda

周飾頭亜目 Marginocephalia

翼竜目 Pterosaulia[編集]

首長竜目 Plesiosauria[編集]

プレシオサウルス亜目 Plesiosauroidea

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]