オートメーション・エニウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
オートメーション・エニウェア
Automation Anywhere Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 95110
アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼ2025 Gateway Place
設立 2003年
業種 情報サービス業
事業内容 ロボティック・プロセス・オートメーションの設計および開発
代表者
  • Ankur Kothari
  • Mihir Shukla(CEO)
  • Neeti Mehta Shukla
  • Rushabh Parmani
売上高 =増加312.18 百万米ドル [1]
外部リンク www.automationanywhere.com/jp/
テンプレートを表示

オートメーション・エニウェア: Automation Anywhere Inc.)は、RPAソフトウェア「Automation Anywhere」の開発を手がけている[2][3][4]

沿革[編集]

CEO Mihir Shuklaによると、オートメーション・エニウェアは当初はTethys Solutions LLC[5]としてAnkur Kothari、Mihir Shukla、Neeti Mehta、Rushabh Parmaniによって2003年に設立された[6][7]。 2010年に現社名へ商号変更している[5]

2018年3月には日本法人を設立した[8]。RPAソフトウェア「Automation Anywhere」は日本国内では製造業、金融、保険、流通などの間接部門(人事や経理)で用いられているが、海外では銀行、金融サービス、保険、医療、通信、製薬、ハイテクといった幅広い分野で用いられており、大手企業の80%が利用していると紹介されている[9]

2019年現在、オートメーション・エニウェアはグーグルLinkedInゼネラルモーターズ世界保健機関など3,500社以上の顧客を抱えている[2][10][11]

2018年から2019年の間に、オートメーション・エニウェアは68億ドルの評価額でシリーズAとシリーズBの投資で合計8億4,000万ドルを調達した。2018年、同社はゼネラル・アトランティック、ゴールドマン・サックス、NEA、ワールド・イノベーション・ラボ、ソフトバンク・インベストメント・アドバイザーズ、ワークデイ・ベンチャーズから5億5000万ドルのシリーズA投資を発表した[12][13]。 2019年後半、セールスフォース・ベンチャーズが率いるシリーズBラウンドで2億9000万ドルを調達した。

2019年9月、オートメーション・エニウェアはForbes Cloud 100で29位にランクされ、ガートナーの「マジック・クアドラント」のRPAソフトウェアのリーダーに選ばれた。


  • 2003年7月 - Windows向けマクロレコーダーWorkspace Macro提供開始
  • 2005年1月17日 - Automation Anywhere 2.0提供開始[14]
  • 2006年1月6日 - Automation Anywhere 2.5提供開始[15]
  • 2006年7月1日 - Automation Anywhere 3.0提供開始[16]
  • 2007年3月7日 - Automation Anywhere 3.5提供開始[17]
  • 2007年10月30日 - Automation Anywhere 4.0 Enterprise提供開始[18]
  • 2008年3月25日 - Automation Anywhere Enterprise 4.5提供開始[19]
  • 2009年5月5日 - Automation Anywhere Server提供開始[20]
  • 2009年7月19日 - Automation Anywhere 5.5提供開始[21]
  • 2009年12月9日 - 自動テストソリューションTesting Anywhereを発表[22]
  • 2010年5月26日 - Automation Anywhere 6.5 Server Edition提供開始[23]
  • 2011年6月22日 - SilverlightおよびJavaアプリケーションで利用可能なTesting Anywhereを発表[24]
  • 2011年11月8日 - Automation Anywhere 7.0 Enterprise Edition提供開始[25]
  • 2012年5月23日 - クラウドアプリケーションテストやHTML5サポートに対応したTesting Anywhere7.5を発表[26]
  • 2012年6月6日 - ドキュメント作成支援機能Process inVisionを発表[27]
  • 2012年9月29日 - Process inVision 2.0提供開始[28]
  • 2013年9月5日 - AndroidおよびiOS向けTesting Anywhere MOBILE提供開始[29]
  • 2014年9月23日 - Genpact Limitedと提携[30]
  • 2014年11月18日 - Automation Anywhere Enterpriseの新製品機能Smart Adaptersを発表[31]
  • 2016年5月12日 - ボットを管理する「BotFarm」を発表[32]
  • 2016年10月12日 - RPA分析ソリューション「Bot Insight」を発表[33]
  • 2017年5月25日 - ソフトウェアボット「IQ Bot」を発表[34]
  • 2017年7月4日 - 日立ソリューションズよりAutomation Anywhereを用いたワークスタイル革新ソリューションが提供開始[35]
  • 2017年7月13日 - IBMと提携しRPAソリューションを提供開始[36]
  • 2017年8月23日 - KPMG LLPと提携[37]
  • 2017年12月11日 - Automation Anywhere Enterprise11を提供開始[38]
  • 2018年3月5日 - 日本法人設立[8]
  • 2018年7月2日 - シリーズAラウンドゴールドマン・サックス、General Atlantic、World Innovation Labから2億5,000万ドル調達[39]
  • 2018年11月15日 - シリーズAラウンドでソフトバンク・ビジョン・ファンドから3億米ドルの調達[40]
  • 2018年12月19日 - Automation Anywhere Enterprise11.3.1を提供開始[41]
  • 2019年10月8日 - Automation Anywhere Enterprise A2019を提供開始[42]
  • 2019年11月22日 - シリーズBラウンドでSalesforce Ventures、ソフトバンク・ビジョン・ファンド、ゴールドマンサックスから2億9000万ドルの調達[43]

製品[編集]

オートメーション・エニウェアの製品は、従来のRPAと、自然言語処理や非構造化データの読み取りなどのコグニティブ要素を組み合わせている。機械学習機能を備えたロボットも含まれる[7][10]。Bot Store、IQ Bot、Bot Insight等の製品がある[44][45]

出典[編集]

  1. ^ https://www.dnb.com/business-directory/company-profiles.automation_anywhere_inc.0b1a932dd54232f742e5ccce7186559b.html
  2. ^ a b Clifford, Catherine (2018年7月6日). “Silicon Valley company that automates 'mundane' tasks with robots gets nearly $2 billion valuation” (英語). CNBC. 2019年12月18日閲覧。
  3. ^ Su, Jean Baptiste. “Why SoftBank Invested $300 Million In Robotic Process Automation (RPA)” (英語). Forbes. 2019年11月25日閲覧。
  4. ^ Cameyo, Dynatrace and Automation Anywhere launch partner programmes” (英語). MicroscopeUK. 2020年4月28日閲覧。
  5. ^ a b van Romburgh, Marlize (2019年11月21日). “San Jose automation unicorn catapults to $6.8B valuation with Salesforce-led funding”. Silicon Valley Business Journal. 2020年4月28日閲覧。
  6. ^ The CEO of Automation Anywhere on How Robotic Process and Automation will Transform the Workplace”. The Future Organization (2016年7月18日). 2018年5月8日閲覧。
  7. ^ a b Automation Anywhere raises $250 million to make business processes self-running” (英語). VentureBeat (2018年7月2日). 2019年11月25日閲覧。
  8. ^ a b Automation Anywhereが東京に支社をオープン”. Automation Anywhere (2018年3月5日). 2019年10月26日閲覧。
  9. ^ グーグル・GMも頼る「RPA」世界トップの実力”. 東洋経済 (2018年11月2日). 2019年2月21日閲覧。
  10. ^ a b Vignesh, J. (2018年7月4日). “Automation Anywhere raises $250 million in series-A round to join the billion-dollar-plus club”. The Economic Times. https://economictimes.indiatimes.com/small-biz/startups/newsbuzz/automation-anywhere-raises-250-million-in-series-a-round-to-join-the-billion-dollar-plus-club/articleshow/64849330.cms 2019年11月25日閲覧。 
  11. ^ Automation Anywhere raises $290 million at a $6.8 billion valuation” (英語). VentureBeat (2019年11月21日). 2020年10月1日閲覧。
  12. ^ Automation Anywhere raises $250 million to make business processes self-running” (英語). VentureBeat (2018年7月2日). 2020年10月1日閲覧。
  13. ^ Automation Anywhere raises $300 million from SoftBank’s Vision Fund” (英語). VentureBeat (2018年11月15日). 2020年10月1日閲覧。
  14. ^ Easily Automate Business and IT Processes with Automation Anywhere 2.0”. Automation Anywhere (2005年1月17日). 2019年2月21日閲覧。
  15. ^ Easily Automate Business and IT Processes with Automation Anywhere 2.5”. Automation Anywhere (2006年1月6日). 2019年2月21日閲覧。
  16. ^ Automation Anywhere 3.0 Easily Automates Business and IT Processes”. Automation Anywhere (2006年7月1日). 2019年2月21日閲覧。
  17. ^ Automation Anywhere 3.5 for Windows Vista. Easily Automate & Schedule Business and IT Processes.”. Automation Anywhere (2007年3月7日). 2019年2月21日閲覧。
  18. ^ Announcing Automation Anywhere 4.0 Enterprise - The Business and IT Process Automation Software”. Automation Anywhere (2007年10月30日). 2019年2月21日閲覧。
  19. ^ Tethys Solutions unveiled Automation Anywhere Enterprise 4.5, for business and IT process automation”. Automation Anywhere (2008年3月25日). 2019年2月21日閲覧。
  20. ^ Tethys Solutions Makes Group Task Automation Easier, More Secure with Automation Anywhere Server.”. Automation Anywhere (2009年5月5日). 2019年2月21日閲覧。
  21. ^ Automation Anywhere unveils new edition of top selling desktop software, version 5.5.”. Automation Anywhere (2009年7月19日). 2019年2月21日閲覧。
  22. ^ Automation Anywhere Launches Automated Testing Solution Testing Anywhere.”. Automation Anywhere (2009年12月9日). 2019年2月21日閲覧。
  23. ^ Automation Anywhere Releases Automation Anywhere 6.5 Server Edition”. Automation Anywhere (2010年5月26日). 2019年2月21日閲覧。
  24. ^ Automation Anywhere Launches Testing Anywhere for Java, Silverlight”. Automation Anywhere (2011年6月22日). 2019年2月21日閲覧。
  25. ^ Automation Anywhere Releases Automation Anywhere 7.0 Enterprise Edition”. Automation Anywhere (2011年11月8日). 2019年2月21日閲覧。
  26. ^ Automation Anywhere Launches Testing Anywhere for Cloud Applications and HTML5”. Automation Anywhere (2012年5月23日). 2019年2月21日閲覧。
  27. ^ Automation Anywhere Bridges IT Automation Gap With Process inVision”. Automation Anywhere (2012年6月6日). 2019年2月21日閲覧。
  28. ^ Automation Anywhere Process inVision Accelerates Business & IT Automation Across The Enterprise”. Automation Anywhere (2012年9月29日). 2019年2月21日閲覧。
  29. ^ Automation Anywhere Launches Testing Anywhere MOBILE”. Automation Anywhere (2013年9月5日). 2019年2月21日閲覧。
  30. ^ Genpact Consolidates Rapid Automation Robotics Solution”. Automation Anywhere (2014年9月23日). 2019年2月21日閲覧。
  31. ^ Automation Anywhere Smart Adapters to Facilitate Fast Scaling for Enterprise Automation”. Automation Anywhere (2014年11月18日). 2019年2月21日閲覧。
  32. ^ Automation Anywhere Releases First Solution to Scale Digital Workforces on Demand”. Automation Anywhere (2016年5月12日). 2019年2月21日閲覧。
  33. ^ Automation Anywhere Unveils Industry’s First Analytics Solution Designed for Bots”. Automation Anywhere (2016年10月12日). 2019年2月21日閲覧。
  34. ^ Automation Anywhere Launches IQ Bot, Software Bots Capable of Learning from Human Behavior to Improve Process Automation”. Automation Anywhere (2017年5月25日). 2019年2月21日閲覧。
  35. ^ RPAやAIで生産性を向上する「ワークスタイル変革ソリューション」 日立ソリューションズから”. ITmedia エンタープライズ (2017年7月4日). 2019年2月21日閲覧。
  36. ^ 日本IBM、業務改善を前提としたRPAソリューションを提供”. クラウド Watch (2017年8月16日). 2019年2月21日閲覧。
  37. ^ KPMG and Automation Anywhere Form Alliance to Deliver Robotic Process Automation Solutions to Clients”. KPMG (2017年8月23日). 2019年2月21日閲覧。
  38. ^ Automation Anywhere Sets the Highest Standard for Digital Workforce Platforms with its Latest Release”. Automation Anywhere (2017年12月11日). 2019年2月21日閲覧。
  39. ^ AUTOMATION ANYWHERE、過去最大級のシリーズA資金調達ラウンドで 2億5,000万ドルを調達、企業価値評価額は18億ドルに到達”. Automation Anywhere (2018年7月2日). 2019年2月21日閲覧。
  40. ^ AUTOMATION ANYWHERE、ソフトバンク・ビジョン・ファンドから3億米ドルの調達を発表”. Automation Anywhere (2018年11月15日). 2019年2月21日閲覧。
  41. ^ Automation Anywhere Enterprise V. 11.3.1 is here”. Automation Anywhere (2018年12月19日). 2019年10月26日閲覧。
  42. ^ オートメーション・エニウェア、AIを活用した RPA-as-a-Serviceプラットフォームを提供開始 RPA導入促進を支援”. Automation Anywhere (2019年10月8日). 2019年10月26日閲覧。
  43. ^ オートメーション・エニウェア、 2億9000万ドルのシリーズB資金調達を発表”. Automation Anywhere (2018年11月22日). 2019年11月24日閲覧。
  44. ^ Wiggers, Kyle (2019年11月21日). “Automation Anywhere raises $290 million at a $6.8 billion valuation”. Venture Beat. 2019年12月18日閲覧。
  45. ^ Wheatley, Mike (2019年3月4日). “Automation Anywhere debuts free version of its robotic process automation suite”. Silicon Angle. 2019年12月18日閲覧。

関連項目[編集]