オードリーのNFL倶楽部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
NFL倶楽部

オードリーのNFL倶楽部
ジャンル スポーツ番組アメリカンフットボール情報番組
出演者 オードリー若林正恭春日俊彰
小髙茉緒(日本テレビアナウンサー)
ナレーター 中野謙吾(日本テレビアナウンサー)
菅谷大介(同上)
田辺研一郎(同上)
安村直樹(同上)
蛯原哲(同上)
有馬隼人(フリーアナウンサー)
オープニング Fleur East「Sax」
エンディング miwaWe are the light(English ver.)」
製作
プロデューサー 佐野徹、髙橋和則、津曲慶彦
松原正典(CP
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域日本の旗 日本
公式サイト
放送
放送時間過去放送時間は#放送時間を参照

特記事項:
制作協力:NFL JAPAN.COM、NFL Films、NTVIC、Touch down
テンプレートを表示
オードリーのNFL倶楽部
YouTube
チャンネル
活動期間 2021年 -
登録者数 8,380人
総再生回数 582,157回
チャンネル登録者数、総再生回数は2021年2月7日時点。
テンプレートを表示

オードリーのNFL倶楽部』(オードリーのエヌエフエルくらぶ)は日本テレビ関東ローカル)・日テレジータスBS日テレ2016年9月から放送しているNFL専門情報番組でオードリー冠番組。放送期間はNFL開催シーズンである9月から翌年2月までの半年間。本項目は2003年から放送された前身番組『NFL倶楽部』についても記述する。

概要[編集]

NFL Touchdown→NFL EXPRESS』(1988年1990年 司会・福澤朗ほか)、『倶楽部☆T』(1998年2003年 司会・別所哲也Take2ほか)の源流をくむNFL情報番組。『倶楽部☆T』までは通年での放送だったが、この番組からNFLシーズンの9月中旬から2月末までの放送となった。前週の試合ハイライト、最新リポート、選手のインタビュー・ドキュメントなど、NFLの最新情報を伝えている。

日本テレビのほかに日テレジータスBS日テレでも放送されており、ケーブルテレビスカパー!(110度CS)スカパー!プレミアムサービス、および無料放送のBSを通して全国で視聴することは可能である。

オードリーがMCに就いた2010年シーズン以後もしばらくは、番組名は『NFL倶楽部』のままであったが、画面上部のタイトルには「オードリーのNFL倶楽部」と表示されていた。

2014シーズンからはBS日テレでも放送を開始した。

2016年9月から番組名が正式に『オードリーのNFL倶楽部』となった[1]

2018年1月25日、文藝春秋よりアメフト解説本、『オードリーのNFL倶楽部 若林のアメフト熱視線』が発売された。

オードリーは2009年シーズン以降、日本テレビのスーパーボウル中継において、現地でゲスト解説を行っている。そのため、スーパーボウルの直前直後は、スーパーボウル開催地域でのロケやスーパーボウル・エクスペリエンス、NFLオナーズ前のレッドカーペットなどに参加した様子が放送される。2015年シーズンは相武も参加、2017年シーズン以降は綾部も参加している。

番組構成[編集]

番組開始直後、主演者全員が春日のギャグである「トゥース!」をしてスタートする。若林は普段春日のギャグは行わないが、この番組に限り毎週必ず行う。

その週に開催されたNFLの試合(レギュラーシーズン、ポストシーズン)のうち1試合のハイライトを解説した後、出演者のトークになる。 この際、若林が「若林の熱視線」と題したアメフトの戦術を解説するトークを展開させる。

その後、その週に開催された全試合をダイジェストで流す。

コーナー[編集]

若林の熱視線[編集]

タイトルは、2016年シーズンまで「若林の熱視線」、2017年シーズン「若林の熱視線SUPER」、2018年シーズン「若林の熱視線EXTRA」、2019年シーズン「若林の熱視線HYPER」、2020年シーズン「若林のグリグリっと熱視線」。 放送週に開催されたNFLの試合の中からスーパープレーやプレーの裏側に隠された駆け引きと戦術を、若林自らが細かくわかりやすく解説する。

出演者[編集]

スタジオ出演[編集]

スタジオ出演者はそれぞれ応援チームの選手のユニフォームを着用。相武やゲスト出演者の一部は着用しない。

  • オードリー(2010年シーズンから)
    • 若林正恭
      • 日大二高アメリカンフットボール部時代のポジションはランニングバック。オフェンスキャプテンも務めた。高校2年時に東京都大会でベスト4進出。
      • 「若林の熱視線」では情熱と笑いを融合させた解説を行なっている。応援チームは長らくヒューストン・テキサンズであったが、2020シーズン途中よりアリゾナ・カージナルスに比重が移る。プレイオフに進めなかったり敗退した場合は進出チームのユニフォームを着用する。
    • 春日俊彰
      • 日大二高時代はディフェンスラインオフェンスラインの両ポジションでプレーした。オール関東の選抜メンバーに選ばれた経験を持つ。
      • 応援チームは毎年のように変わるが、強いチームを応援しだすと途端に負け、特定の選手を応援すると不調に陥ったり負傷してしまうなどの「春日の呪い」が起きることもある。2018年シーズンは、「春日の呪い」を受け、敢えて前年の2017年シーズンに全敗を喫したクリーブランド・ブラウンズを応援し、前年を大きく上回る7勝(8敗1分)を記録することとなった。
  • 小髙茉緒(日本テレビアナウンサー、2021年シーズン)[2]

現地リポーター[編集]

  • メロディーモリタ(2018年シーズンから)

ゲスト出演[編集]

ゲストは基本的にNFLファンやアメリカンフットボール経験者の著名人が呼ばれる。

ナレーション[編集]

NFLの試合解説を担当。通常のスポーツ番組のナレーションに加え、時折出演者へのイジリや私情も入る。

過去の出演者[編集]

スタジオ出演[編集]

基本的に日本テレビ入社1、2年目の若手女性アナウンサーが1シーズン務めるが、例外もある。

現地リポーター[編集]

ゲスト出演[編集]

応援チーム[編集]

出演者はシーズンごとに応援するチームを決め、そのチームのジャージを着て番組に出演する。女性アナウンサーは、番組担当前はNFLに詳しくないことがほとんどであるため、他の出演者の意見を参考に応援するチームを決める。

ただし、開幕時に応援チームを決めつつも、シーズン序盤から他のチームに興味を示す場合も多く、当初応援すると決めたチームが低迷したり、プレーオフ進出の可能性がなくなったときは応援するチームを変更する場合が多い。以下はシーズン開幕時に応援チームとしてユニフォームを着たチームを示す。

若林 春日 アナウンサー
2010 ジェッツ カウボーイズ 水卜 ペイトリオッツ
2011 イーグルス パッカーズ 松尾 ジェッツ
2012 テキサンズ ジャイアンツ 徳島 ブロンコス
2013 ジャイアンツ
ジェッツ
後藤 パッカーズ
2014 ビルズ シーホークス
2015 49ers 尾崎 コルツ
2016 バッカニアーズ カージナルス
2017 久野 ペイトリオッツ
2018 ブラウンズ 岩田 イーグルス
2019 市來 ラムズ
2020 テキサンズ
カージナルス
チーフス
ビルズ
忽滑谷 ラムズ
2021 カージナルス ブラウンズ 小髙 (未定)
  • 2013年の春日はスーパーボウル開催地・ニューヨークの2チーム
  • 2020年は開幕時点で2チームで迷い、序盤で変更

NFL中継[編集]

日テレジータスでは、レギュラーシーズンは原則週2~3試合、ポストシーズンは全試合中継。プロボウルも生中継する。

地上波では、日テレG+で中継された試合の中から90分に再編集、録画放送される。スーパーボウルは試合翌日未明・早朝(当日深夜)に関東およびごく一部の地域で録画放送[3]され、日テレG+では翌日以降に放送される(初回放送のみハーフタイムショーを含めた完全版、リピート放送は編集版)。

放送時間[編集]

日本テレビ
  • 金曜日1:58 - 2:28→1:53 - 1:23(木曜深夜、2003年 - 2004年)
  • 金曜日1:59 - 2:29(木曜深夜、2004年 - 2005年)
  • 土曜日3:08 - 3:38(金曜深夜、2005年9月)土曜日2:30 - 3:00(金曜深夜、2005年10月 - 2006年2月)
  • 土曜日2:09 - 2:39(金曜深夜、2006年9月 - 2007年2月)
  • 土曜日2:00 - 2:30(金曜深夜、2007年9月15日 - 2008年3月1日)
  • 土曜日2:05 - 2:25(金曜深夜、2008年9月13日 - 2009年2月28日)
  • 土曜日2:20 - 2:50(金曜深夜、2009年9月19日 - 25日)、土曜日2:25 - 2:55(金曜深夜、2009年10月3日 - 2010年2月27日)
  • 土曜日2:53 - 3:23(金曜深夜、2010年9月18日 - 2011年2月26日)
  • 土曜日3:08 - 3:38(金曜深夜、2011年9月24日 - 30日)、土曜日2:43 - 3:13(金曜深夜、2011年10月8日 - 2012年2月25日)
  • 土曜日2:38 - 3:08(金曜深夜、2012年9月15日 - 28日)、土曜日3:08 - 3:38(金曜深夜、2012年10月6日 - 2013年2月23日)
  • 土曜日3:13 - 3:43(金曜深夜、2013年9月14日 - 2014年3月1日)
  • 日曜日4:40 - 5:10(2014年9月14日 - 28日)、日曜日5:10 - 5:40(2014年10月5日 - 2015年3月1日)[4]
  • 土曜日5:00 - 5:30(2015年9月20日〈日曜日〉 - [5]
  • 土曜日3:00 - 3:30(金曜深夜、2016年9月 - 2017年2月18日)
  • 土曜日2:40 - 3:10(金曜深夜、2017年9月)、土曜日2:44 - 3:14(金曜深夜、2017年10月7日 - )
BS日テレ
  • 土曜日0:00 - 0:30(金曜深夜、2014年10月4日 - 2016年2月27日)
  • 日曜日0:00 - 0:30(土曜深夜、2016年9月18日 - )
日テレジータス(旧・G+)
  • 木曜日22:00 - 22:30( - 2012シーズン)
  • 木曜日22:30 - 23:00(2013年シーズン - )

スタッフ[編集]

  • 制作協力:NFL JAPAN.COM、NFL Films、NTVIC、Touch down
  • アメリカ取材:小坂絋平
  • 演出:玖保英明(オフィスて・ら)
  • 構成:佐藤満春
  • チーフディレクター:岡村俊一郎(以前はディレクター)
  • ディレクター:大里達也、桑原正史
  • プロデューサー:佐野徹、髙橋和則、津曲慶彦
  • チーフプロデューサー:松原正典(以前はプロデューサー→一時離脱)
  • 制作協力:AX-ON
  • 製作著作:日本テレビ

過去のスタッフ[編集]

  • 構成:塚田均
  • ディレクター:熊井将仁、渡辺あゆみ、渡辺悠(オフィスて・ら)、山根真樹、前野大介
  • プロデューサー:渡辺卓郎、小野寺和規
  • 制作:高橋知也、黒岩直樹

関連書籍[編集]

  • 『オードリーのNFL倶楽部 若林のアメフト熱視線』(ISBN 978-4-16-390789-5)(2018年1月25日/文藝春秋) - 編:オードリーのNFL倶楽部

脚注[編集]

  1. ^ オードリーのNFL倶楽部(BS日テレ)、2016年9月24日閲覧
  2. ^ 日テレ入社1年目・小高茉緒アナ、今年の『オードリーのNFL倶楽部』アシスタント就任”. ORICON NEWS. 2021年9月16日閲覧。
  3. ^ 2012シーズンまでは全国ネット、2013年シーズンは関東ローカル。
  4. ^ 日曜未明・早朝帯の特番編成の関係で、土曜日5:00 - 5:30に臨時枠移動することがある。
  5. ^ 初回・第3回はラグビー中継の関係で日曜日5:10 - 5:40に臨時枠移動する。

関連項目[編集]