オーバード (プーランク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
音楽・音声外部リンク
全曲を試聴する
Poulenc Piano Concerto, Aubade - 高崎展好のP独奏による演奏《指揮者および管弦楽団名称は無記載》。
Poulenc Aubade オーバード - 高崎展好のP独奏およびリヴォフ交響楽団(ウクライナ)による演奏《指揮者名無記載》。
…以上、何れも当該P独奏者自身の公式YouTube。
Poulenc - Aubade - ギンタラス・ヤヌセーヴィチュス(Gintaras Janusevicius)のP独奏、Alon Sariel指揮Plathner's Eleven Symphony Orchestraによる演奏。当該指揮者自身の公式YouTube。

オーバード』(『オーバード、ピアノと18の楽器のための舞踊協奏曲』、: Aubade , Concerto chorégraphique pour piano et dix-huit instruments ) FP.51は、フランシス・プーランク1929年に作曲した、舞踏を伴う小編成オーケストラとピアノのための協奏曲。プーランクが様々な鍵盤楽器のために作曲した5曲の協奏曲のうち2作目にあたる。

概要[編集]

芸術家のパトロンであったノアイユ伯フランス語版Vicomte de NOAILLES[1]の屋敷で行われるプライベートな演奏会のために作曲され、1929年6月18日に作曲者自身のピアノ、『牝鹿』の振付者でもあるブロニスラヴァ・ニジンスカの踊り(衣裳:ジャン・ミッシェル・フランク)により初演された[2]。翌1930年1月21日シャンゼリゼ劇場において、『牝鹿』の主演ダンサーであったヴェラ・ネムチノヴァら、元バレエ・リュス[3]のメンバーらによって行われた。この時の振付はジョージ・バランシンが行ったが、『ディアナとアクタイオンの神話』のタイトルのもと、あらたに男性ダンサーによる「アクタイオン」を登場させたことから、プーランクはこれに強く抗議し、「女たちのバレエ」の副題をつけた[2]。作品はノアイユ伯夫妻に献呈され、1931年に出版された。

あらすじ[編集]

森に住む純潔と貞節の女神ディアーヌ(ギリシャ神話のアルテミス、ローマ神話のディアナ)は、自ら定めた神の掟によって恋をすることができず、夜明けのたびに悲しい思いをするという幻想的な筋書きである。

楽器編成[編集]

スコアに指示された配置は左右非対称で変則的なものである。ピアノは舞台の上手(客席から見て右側)前方に置かれ、オーケストラはピアニストの後方から左側にかけて扇形を作るように3列で着席しピアノを取り囲む。指揮者はピアニストの左前方(客席から見ればピアノの奥)に位置しオーケストラと向き合う。

  • 1列目:客席側からヴィオラ、フルート、オーボエ、ホルン
  • 2列目:チェロ、ファゴット、クラリネット、トランペット
  • 3列目:コントラバス、ティンパニ

演奏時間[編集]

約21分

構成[編集]

切れ目なく演奏されるが、10のセクションに区切ることができる。

  1. トッカータ(Toccata)Lento e pesante – Molto animato
  2. レチタティーヴォ、ディアーヌの仲間たち(Récitatif - Les compagnes de Diane) Larghetto
  3. ロンド、ディアーヌと仲間たち(Rondeau – Diane et compagnes) Allegro
  4. ディアーヌの入場(Entrée de Diane) Più mosso
  5. ディアーヌの退場(Sortie de Diane) Céder un peu
  6. ディアーヌの身支度(Toilette de Diane) Presto
  7. レチタティーヴォ、「ディアーヌのヴァリアシオン」への序奏(Récitatif – Introduction à la Variation de Diane) Larghetto
  8. アンダンテ、ディアーヌのヴァリアシオン(Andante - Variation de Diane) Andante con moto
  9. ディアーヌの絶望(Désespoir de Diane) Allegro feroce
  10. ディアーヌの別れと出発(Adieux et départ de Diane) Adagio

脚注[編集]

  1. ^ ノアイユ伯夫人は「マリー・ロール」の愛称で文学者や画家の間で有名であった(アンリ・エル、村田健司訳、『フランシス・プーランク』春秋社、1993年、249ページ)。
  2. ^ a b アンリ・エル、前掲書、62-64ページ
  3. ^ バレエ・リュスは前年8月19日にセルゲイ・ディアギレフが死去したことに伴い解散。

参考文献[編集]

  • 属啓成『名曲事典』音楽之友社、1969年
  • サラベール社のスコア
  • プーランク、オーデル編、千葉文夫訳『プーランクは語る―音楽家と詩人たち』筑摩書房、1994年
  • アンリ・エル、村田健司訳、『フランシス・プーランク』春秋社、1993年