オーバープファルツ行政管区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
基本情報
連邦州: バイエルン州
中心都市: レーゲンスブルク
面積: 9,691km²
人口: 1,092,339
人口密度:
公式サイト: www.regierung.oberpfalz.bayern.de
地図
オーバープファルツ行政管区

オーバープファルツ行政管区ドイツ語:Regierungsbezirk Oberpfalz)は、ドイツ連邦共和国バイエルン州東部に位置する行政管区である。区都はレーゲンスブルク

構成[編集]

行政管区の紋章

オーバープファルツ行政管区は3つの郡独立市と7つの郡からなる。

郡独立市[編集]

[編集]

人口[編集]

人口推移
人口 ±% p.a.
1900 553,841 —    
1910 600,284 +0.81%
1939 694,742 +0.51%
1950 906,822 +2.45%
1961 898,580 −0.08%
1970 963,833 +0.78%
人口 ±% p.a.
1987 969,868 +0.04%
2002 1,088,929 +0.77%
2005 1,089,543 +0.02%
2006 1,087,939 −0.15%
2008 1,085,216 −0.13%
2010 1,081,206 −0.18%

歴史[編集]

「オーバープファルツ」の名前が初めて文献に登場するのは14世紀初頭のことで、1329年イタリアパヴィーアで結ばれたパヴィーア条約英語版で、ヴィッテルスバッハ家プファルツ選帝侯領としてその名が記されている。当時の中心都市はアンベルクだった。

プファルツ選帝侯フリードリヒ5世白山の戦いに敗れボヘミア王位を剥奪された際に領土も皇帝に没取された。1648年のヴェストファーレン条約で、ニーダープファルツはフリードリヒ5世の子カール1世ルートヴィヒに継承されたが、オーバープファルツはバイエルン選帝侯領に入れられた。1777年、プファルツ選帝侯カール・テオドールがバイエルン選帝侯マクシミリアン3世ヨーゼフからバイエルン選帝侯位をも継承した際に、ズルツバッハノイブルクがオーバープファルツに編入された。帝国自由都市レーゲンスブルクは1806年に神聖ローマ帝国が消滅するまで領域には含まれていなかった。

バイエルン王国建国後、1808年に行政組織の再編が行われ、15の郡が設置された。その後の領土変遷(チロル地方の喪失、プファルツ地方の編入)のため、郡の数は8つになった。

主な観光地[編集]

レーゲンスブルクヴァルハラ神殿アンベルクヴァイデン・イン・デア・オーバープファルツヴァルトザッセン修道院英語版オーバープファルツの森など。

文献[編集]

Bufe, Siegfreid, "Eisenbahn in der Oberpfalz," (1979, Bufe-Fachbuch-Verlag). ISBN 3922138063