オービット (マスコットキャラクター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Orbit Houston Astros mascot preseason 2014.jpg

オービットOrbit)は、MLBヒューストン・アストロズの球団マスコットキャラクターである。

年齢不詳で、グランドスラム銀河のファウル・グラウンド出身。モチーフはジョンソン宇宙センターNASA)を擁するスペースシティのヒューストン宇宙人2013年から登場している現在のオービットは2代目である。

概要・特徴[編集]

オービット(初代)は1990年より登場し、アストロドームを本拠地とした最終の年である1999年まで活動した。新球場エンロン・フィールド(現:ミニッツメイド・パーク)へ移転した2000年から2012年まではウサギを模したジャンクション・ジャックがマスコットを務めた。

2012年11月2日、チームのアメリカンリーグ西地区移転に伴い復活し、2013年から正式にマスコットになった。地元ファンを盛り上げるだけでなく、ライバルチームの選手たちにあの手この手で絡みまくる球界屈指の"かまってちゃん"マスコットである[1]J.P.アレンシビアとの遺恨闘争、ホセ・バティスタを「人形遊び」で挑発、マイク・トラウトには苗字(Trout = 「」)にちなんで釣竿を持って釣り上げようと企てるなどで話題となった。また、2014年に行われた日米野球の際に来日を果たしている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 「MLB珍獣図鑑 第16回 オービット」『月刊スラッガー』2015年1月号 日本スポーツ企画出版社 64頁
  2. ^ 神出鬼没!ドSでイタズラ好き、日本で大暴れした“宇宙人”【日米野球2014】”. 日刊SPA! (2014年11月20日). 2016年7月11日閲覧。

関連項目[編集]