オープンハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社オープンハウス
Open House Co., Ltd
LOGO Open House.png
Marunouchi Building.JPG
本社機能がある丸の内ビルディング
種類 株式会社
市場情報
東証1部 3288
2013年9月20日上場
略称 OH
本社所在地 日本の旗 日本
100-6312
東京都千代田区丸の内2-4-1
丸の内ビルディング
設立 1996年平成8年)11月
(株式会社アプローズ)
業種 不動産業
法人番号 5011001028165
事業内容 不動産仲介事業
不動産販売事業
不動産金融事業
米国不動産事業
代表者 代表取締役社長 荒井正昭
資本金 42億2,130万円
(2019年4月現在)
発行済株式総数 57,561,600株
(2019年3月1日現在)
売上高 連結:3,907億円35百万円
(2018年9月期)
純資産 連結:1,134億円86百万円
(2018年9月期)
総資産 連結:3,936億円37百万円
(2018年9月期)
従業員数 連結:2,263人
(2018年9月現在)
決算期 9月30日
会計監査人 有限責任監査法人トーマツ
主要株主 荒井正昭 43.42%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口)3.78%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口)2.46%
主要子会社 #グループ会社を参照
関係する人物 鎌田和彦(取締役副社長
櫻井勝(取締役)
外部リンク 株式会社オープンハウス
テンプレートを表示

株式会社オープンハウス: Open House Co., Ltd.)は、東京都千代田区に本社を置く総合不動産会社である。

概要[編集]

1996年11月に株式会社アプローズとして設立。1997年9月に株式会社オープンハウスに商号変更。当初はセンチュリー21・ジャパンフランチャイズ契約を締結していたが、2012年に解消。2013年東京証券取引所第一部上場。

東京に、家を持とう。』のキャッチフレーズで一躍知名度を上げ、東京を中心に、不動産仲介事業、新築戸建分譲、マンション開発事業で自社ブランドを展開し、急成長している。近年では、非関東圏の都心部やアメリカへ進出するなど業容の一層拡大を見せており、2019年1月現在、関東圏・愛知県・福岡県に37か所の営業センターが設置されている。ちなみに、東京以外のエリアでは、『名古屋に、家を持とう。』『福岡に、家を持とう。』といったそのエリアに合わせたキャッチフレーズで展開している。

マンション開発事業では、「オープンレジデンシア」ブランドを展開しており、2017年2018年の2年連続で東京23区のマンション供給棟数国内最多を記録している。

アメリカに、家を持とう。』をキャッチフレーズに、富裕層を対象とした「アメリカ不動産事業」を展開しており、銀座にあるGINZA SIX内に「OPENHOUSE GINZA SALON」という拠点が設置されている。

2018年3月より、「東京ヤクルトスワローズ」のトップスポンサーを務めており、「オープンハウス・ホームラン賞」として、バックスクリーン上部の看板(スローガンおよび社名ロゴ)、またはトライビジョン横の社名ロゴに、ホームランを直接当てたスワローズの選手に「東京の家」1軒プレゼントすることになっている。

2018年、フォーブスが発表する「アジアの優良上場企業50社」にノミネートされた。

沿革[編集]

  • 1996年平成8年)11月 - 株式会社アプローズとして東京都渋谷区に設立。
  • 1997年(平成9年)9月 - 株式会社オープンハウスに商号変更。代表取締役に荒井正昭が就任。本社を東京都渋谷区に開設[1]
  • 1997年(平成9年)10月 - センチュリー21・ジャパンフランチャイズ契約を締結[1]
  • 2001年(平成13年)9月 - 創建ビルド有限会社(現・株式会社オープンハウス・ディベロップメント)を完全子会社化。
  • 2003年(平成15年)11月 - 渋谷区渋谷(宮益坂)に本社(現在の「渋谷営業センター」)を移転[1]
  • 2007年(平成19年)8月 - イトーピアビジネスネット株式会社(現・株式会社アイビーネット)を伊藤忠商事株式会社から買収、子会社化[1]
  • 2010年(平成22年)9月 - 米国カリフォルニア州に株式会社オープンハウス・ディベロップメントの100%子会社として、Open House Realty & Investments, Inc.を設立。
  • 2010年(平成22年)9月 - 中国上海市に株式会社オープンハウス・ディベロップメントの100%子会社として、旺佳建築設計諮詢(上海)有限公司を設立。
  • 2011年(平成23年)10月 - 株式会社オープンハウス・ディベロップメントの完全子会社として株式会社OHリアルエステート・マネジメントを設立[1]
  • 2012年(平成24年)9月 - センチュリー21・ジャパンとのフランチャイズ契約を解消し、自社ブランドによる営業を開始[2]
  • 2013年(平成25年)1月 - 本社を東京都千代田区丸の内に移転[1]、本社機能を集約。
  • 2013年(平成25年)9月 - 東京証券取引所第一部に上場[1][3]
  • 2015年(平成27年)1月 - 大阪市北区角田町に「オープンハウスグループ大阪オフィス」を開設[1]
  • 2015年(平成27年)1月 - 株式会社アサカワホーム(現:オープンハウス・アーキテクト)を連結子会社化。
  • 2015年(平成27年)10月 - 名古屋市中村区名駅に「オープンハウスグループ名古屋オフィス」を開設[1]
  • 2016年(平成28年)9月 - 米国テキサス州にOpen House Texas Realty & Investments LLCを設立[1]
  • 2017年(平成28年)9月 - 中央区銀座富裕層向けサービスの拠点として「OPENHOUSE GINZA SALON」を開設[1]
  • 2018年(平成28年)5月 - 米国ハワイ州にOpen House Hawaii Realty & Investments LLCを設立[1]
  • 2018年(平成28年)6月 - 不動産特定共同事業許可取得 [東京都知事 第106号][1]
  • 2018年(平成28年)6月 - 米国ハワイ州のSachi Hawaii- Pacific Century Properties LLC(不動産仲介業)、Sachi Hawaii-Pacific Century Property Management LLC(不動産管理業)を子会社化[1]
  • 2018年(平成28年)10月 - 株式会社ホーク・ワンを完全子会社化[1]
  • 2018年(平成28年)10月 - 福岡県福岡市に「オープンハウスグループ福岡オフィス」を開設[1]

オープンレジデンシア[編集]

オープンレジデンシア」は、グループ会社のオープンハウス・ディベロップメントが提供するマンションブランドである。資産価値が落ちにくい、主要駅から近い土地に適正価格で提供することを重視している。また、全物件でオーダーシステムを採用している。

2017年2018年の2年連続で東京23区のマンション供給棟数国内最多である(不動産経済研究所調べ)。

広告・スポンサー活動[編集]

テレビCM[編集]

  • 夢見る小学生シリーズ(2018年~)長瀬智也TOKIO)・清野菜名が小学生に扮したシリーズ。
    • 「夢見る小学生 転校生」篇
    • 「夢見る小学生 ナイショ話」篇
    • 「夢見る小学生 貯金話」篇
    • 「夢見る小学生 遅刻」篇(共演:猫ひろし
    • 「夢見る小学生 保健室」篇(共演:田中みな実
  • 犬のジョンシリーズ(2013年~2017年)織田裕二が犬に扮したシリーズ。
    • 「ジョン登場」篇
    • 「下見」篇
    • 「引越し」篇(共演:柄本明
    • 「先輩」篇(同上)
    • 「子犬の家」篇(共演:髙月雪乃介)
    • 「あの娘の家」篇(共演:柳生みゆ
    • 「店舗」篇(共演:菜々緒
    • 「見学」篇(共演:畑正憲
    • 「入居」篇(共演:菜々緒
    • 「お宅訪問」篇(共演:ずん飯尾和樹

スポンサー活動[編集]

グループ会社[編集]

  • 株式会社オープンハウス・ディベロップメント
  • 株式会社オープンハウス・アーキテクト
  • 株式会社OHリアルエステート・マネジメント
  • 株式会社アイビーネット
  • サチハワイ総合不動産会社/Sachi Hawaii-Pacific Century Properties, LLC
  • 株式会社ホーク・ワン

加盟団体[編集]

受賞[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 会社沿革”. オープンハウス. 2018年10月7日閲覧。
  2. ^ みなさまへ オープンハウスからのお知らせ (PDF) フランチャイズ契約終了のお知らせ(2012年9月3日)
  3. ^ 東京証券取引所上場承認に関するお知らせ (PDF) 東京証券取引所上場承認に関するお知らせ(2013年8月16日)

関連項目[編集]