オーメン4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オーメン4
Omen IV: The Awakening
監督 ジョージ・モンテシ
ドミニク・オセニン=ジラール
脚本 ブライアン・タガート
原案 ブライアン・タガート
ハーヴェイ・バーンハード
製作 ハーヴェイ・バーンハード
製作総指揮 メイス・ニューフェルド
音楽 ロバート・ランドレス
ジョナサン・シェファー
製作会社 PNMフィルムズ
配給 20世紀フォックス
公開

アメリカ合衆国の旗1991年5月20日(TV放映)

日本の旗1991年10月19日(劇場公開)
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
前作 オーメン/最後の闘争
テンプレートを表示

オーメン4(英:Omen IV: The Awakening)は、1991年のオカルトホラー映画

本作は、テレビ映画としてジョージ・モンテシとドミニク・オセニン=ジラールが監督した『オーメン』シリーズの続編であり、20世紀フォックス初のテレビ映画での続編制作である。また、前3作に制作で関わったハーベイ・バーンハードの遺作でもある。この作品と『オーメン/最後の闘争』はTVドラマ版のオーメンには関係がないもの(パラレルワールド)とされている。 音楽はジョナサン・シェファーが以前の映画で使われたものを元に作った。

ストーリー[編集]

子宝に恵まれないことに悩む弁護士のジーン・ヨークと妻のカレンは、聖フランシス孤児院から養子をもらうことにした。

ヨーク夫妻は、交換留学生の父と大学生の母との間にできた女児を、政治活動をするカレンの叔母からとってディーリアと名づける。

聖フランシス孤児院で働くイボンヌは、「ディーリアが悪魔の子、殺さなくては」と言い、彼女に平手打ちをした孤児院の院長が心臓発作で亡くなる。

ディーリアがすくすくと成長していく中、その周りの人間にも不吉な事が起こり始める。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
カレン・ヨーク フェイ・グラント 岡本茉利
ジーン・ヨーク マイケル・ウッズ 菅生隆之
アール メイケル・ラーナー 増岡弘
ディーリア エイジア・ヴィーイラ 渡辺菜生子
エイスティングス医師 マディソン・メーソン 岡部政明
  • 日本語吹き替え:1992年3月6日発売の日本語吹替版VHS、DVDに収録

評価[編集]

この作品は否定的な評価が圧倒的に多く、IMDBでは5046票の評価で平均点は3.9/10点だった。