オーモンデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:オーモンデーの画像提供をお願いします。2015年5月

オーモンデーは、長崎県福江島の西にある嵯峨島(旧:南松浦郡三井楽町、現: 五島市)に伝わる念仏踊りである。鉦(かね)たたきが唱える歌詞の中に「オーモンデー、オーモンデー」という節があることからこう呼ばれる。踊り手は五色の紙のカブトを被り、腰には蓑を付ける[1]。昼間に行なわれる。

昭和35年3月22日に県の無形民俗文化財に指定、昭和46年11月11日には国の選択無形民俗文化財に選ばれた。

特徴[編集]

構成[編集]

  • 鉦たたき:4人(2人2組)
  • 踊り手:10~12人
円陣をつくり、犬皮の太鼓を体の前に抱き、たたきながら踊る

服装[編集]

  • 襦袢
  • 黄色の短い腰巻き、舞葺の葉で編んだ蓑を腰につける
  • 金銀の紙など、派手な装飾を施した兜をかぶる

演奏[編集]

  • ヨーデル調の歌唱と踊り手の掛け声、太鼓の音が和する

五島の念仏踊り[編集]

オーモンデー以外にも、五島には福江の「チャンココ」、玉之浦町の「カケ」、富江町の「オネオンデ」など、同系の念仏踊りが伝わっている。

参考資料[編集]

  • 福江市観光協会『五島 福江島 ガイドブック』

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オーモンデー『郷土の伝統芸能』芳賀日出男、保育社, 1991

関連項目[編集]