オーリアンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
オーリアンズ
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ウッドストック
ジャンル
活動期間
  • 1972年 - 1997年
  • 2001年 -
レーベル
  • ABC
  • アサイラム
  • インフィニティ
  • MCA
  • レディオ
  • スペクトラ
  • フュエル
  • サンセット・ブールバード
メンバー
  • デニス・アメロ
  • ランス・ホッペン
  • レイン・ホッペン
  • ブレイディ・スペンサー
  • チップ・マーティン
旧メンバー
  • ジョン・ホール
  • ラリー・ホッペン
  • ウェルズ・ケリー
  • ジェリー・マロッタ
  • ボブ・レインバック
  • ピーター・オブライエン
  • チャーリー・モーガン

オーリアンズOrleans[2]は、1972年ニューヨーク州ウッドストックで結成されたアメリカポップ・ロックバンド1975年のアルバム『歌こそすべて (Let There Be Music)』、そこからシングル・カットされたヒット「ダンス・ウィズ・ミー英語版(Dance With Me)」がとくに有名。

キャリア[編集]

1972年2月、ギタリストで作曲家のジョン・ホール(John Hall、後にアメリカ合衆国下院議員)、ギタリストでシンガーのラリー・ホッペン、ドラマーのウェルズ・ケリーを中心に結成される。同年11月、ラリーの弟ランス・ホッペン、ドラマーのジェリー・マロッタが加入。 アメリカ北東部のクラブ、大学を地道にサーキットして後々のコアなファンを開拓、下積み当時にはボニー・レイットトム・ウェイツホール&オーツなど前途有望なアーティストと出会って刺激を受ける。

1973年ABCレコードのダンヒル・レーベルからセルフタイトルのデビュー・アルバムをリリースしたが大した反響は得られず、続く2nd『オーリアンズⅡ (Orleans Ⅱ)』もアメリカ本国ではリリースされず、日本ヨーロッパでのリリースに止まった。

アサイラム・レコードに移籍し、チャック・プロトキンのプロデュースで制作した3rdアルバム『歌こそすべて (Let There Be Music)』(1975年)からシングル・カットした「ダンス・ウィズ・ミー」が同年秋にビルボードの6位まで上昇する大ヒットとなり、一躍注目を浴びる。

続く1976年の4作目『夢のさまよい (Waking and Dreaming)』もビルボードの30位まで上昇し、シングル「スティル・ザ・ワン (Still the One)」はチャートの5位まで上る大ヒットとなった。この曲がチャートを駆け上がると同時期に、バンドはレーベル・メイトのジャクソン・ブラウンと大陸横断ツアーを行った。

本来はアーシーなR&Bロックンロールに根差した音楽を志向していた彼らだが、これらのヒット曲のイメージにより、ボーカル・ハーモニーをサウンドの軸に据えたソフトロックの雄として認知され、メリサ・マンチェスターとのパッケージ・ツアーにも出かけた。 しかし、本来の自分の志向と違う形での成功にストレスを感じたジョン・ホールは、ソロ活動を望んでグループを脱退した。

1979年、ホッペン兄弟とケリーはバンドを立て直し、新たにインフィニティ・レコードと契約。アルバム『フォーエバー』(Forever)からシングル・カットした「友よ再び」(Love Takes Time)はチャートの11位を記録し、スティーヴン・スティルスや、シカゴとのツアーも盛況であった。

1984年ミートローフとのツアー中にウェルズ・ケリーが急死したことをきっかけに、ホッペン兄弟とジョン・ホールは再接近。1986年、ホールが復帰したオーリアンズは、MCAレコードの名プロデューサー、トニー・ブラウンのプロデュースによるアルバム『グロウン・アップ・チルドレン (Grown Up Children )』をリリース。

1991年には2枚組ライブCDを日本でリリース(本国アメリカでのリリースは1993年)、2回にわたる日本ツアー、ウッドストック 1994への出演、1995年の「キャント・ストップ・ロッキン・ツアー」への参加(共演はフリートウッド・マックREOスピードワゴンパット・ベネター)など、90年代も精力的に活動した。

2006年にニューヨーク州から下院議員に選出されたジョン・ホールは、グループ活動に帯同できなくなり、任期中(2007年から2011年)はごく限られた機会にのみ登場するようになった。

2012年7月24日、ラリー・ホッペンが死去。死因は明らかになっていない。同年8月にバンドのウェブサイト上でその後の年内のスケジュールについて、ジョン・ホールが復帰して活動を続行することを発表。その後9月16日にウッドストックのベアズヴィル・シアターにて旧メンバーのボブ・レインバックも参加して追悼ライブが行われた。

ラリー・ホッペン死去後、ジョン・ホール(G,Vo)、ランス・ホッペン(B,Vo)、ホッペン兄弟の末弟レイン・ホッペン(Key)、ホール不在のオーリアンズで後任を務めていたデニス・アメロ(G,Vo)、長くエルトン・ジョンのサポートを務めたチャーリー・モーガン(Ds)の5人編成となった。

2018年にドラムのチャーリー・モーガンが脱退し、後任としてブレイディ・スペンサーが加入した。

その後、2019年末をもってジョン・ホールが演奏活動からの引退を表明し、代わってランス・ホッペンとブレイディ・スペンサーのナッシュビルのミュージシャン仲間であったチップ・マーティン(Vo,G,B)が加入している。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • Orleans (1973)
  • Orleans II (1974)
  • Let There Be Music (1975)
  • Waking and Dreaming (1976)
  • Forever (1979)
  • Orleans (1980)
  • One of a Kind (1982)
  • Grown Up Children (1986)
  • Analog Men (1994)
  • Ride (1996)
  • Dancin' in the Moonlight (2005)
  • Obscurities (2008)

ライブ・アルバム[編集]

  • Live (1991)
  • Still the One, Live (2002)

コンピレーション[編集]

  • The ABC Collection (1976)
  • Before the Dance (1978)
  • Dance With Me - The Best of Orleans (1997)
  • We're Still Having Fun (2007)

チャート・インしたシングル[編集]

  • 1975 - "Let There Be Music" - U.S. #55 Pop Singles
  • 1975 - "Dance With Me" - U.S. #6 Pop Singles; #6 Adult Contemporary
  • 1976 - "Still the One" - U.S. #5 Pop Singles
  • 1977 - "Reach" - U.S. #51 Pop Singles
  • 1979 - "Love Takes Time" - U.S. #11 Pop Singles

脚注[編集]

  1. ^ a b Skelly, Richard. Orleans | Biography & History - オールミュージック. 2021年6月21日閲覧。
  2. ^ カナ表記ではこのほか「オルレアンズ」などとするものも散見される。

Orleans Online.com 公式サイト