オールド・トラッフォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オールド・トラッフォード
Old Trafford
"Theatre of Dreams"
Old Trafford inside 20060726 1.jpg
オールド・トラッフォードの位置(マンチェスター内)
オールド・トラッフォード
オールド・トラッフォードの位置(グレーター・マンチェスター内)
オールド・トラッフォード
施設情報
所在地 Sir Matt Busby Way
Old Trafford, Manchester,
England M16 0RA
位置 北緯53度27分47秒
西経2度17分29秒
座標: 北緯53度27分47秒 西経2度17分29秒
起工 1909年
開場 1910年
所有者 マンチェスター・ユナイテッドFC
運用者 マンチェスター・ユナイテッドFC
グラウンド デッソ・グラスマスター
ピッチサイズ 105 x 68 m[1]
建設費 90,000(1909年)
設計者 アーチボルド・リーチ英語版
使用チーム、大会
Man Utdマンチェスター・ユナイテッド(1910 - 現在)
1966 FIFAワールドカップ
UEFA EURO '96
ロンドンオリンピック(2012年)
収容能力
75,811[2]

オールド・トラッフォード(Old Trafford、英語発音: [əʊld ˈtræfəd])は、イングランドグレーター・マンチェスタートラフォードにあるサッカースタジアム。プレミアリーグに所属するマンチェスター・ユナイテッドFCのホームスタジアムである。

数々の名勝負・名試合がここで行われてきたことから、ボビー・チャールトンによって命名された "The Theatre of Dreams"(シアター・オブ・ドリームズ、夢の劇場)という別名を持つ。

概要[編集]

イギリスのスタジアムでウェンブリー・スタジアムミレニアム・スタジアムハムデン・パークと並びUEFAスタジアムカテゴリー4に指定されている世界有数のスタジアムの一つである。

1910年に開場。ドイツ軍の空襲により1941年に焼失し、ユナイテッドはマンチェスター・シティFCの当時のホームスタジアムであったメイン・ロードを使用していた。1949年に再建され、1957年にはナイター設備が整った。以来ユナイテッドの本拠地として使用されているほか、1966年のワールドカップなどの国際試合やイングランド代表の試合でもしばしば使用される。2012年ロンドン五輪では、同大会のサッカー競技が開催された。

FAカップ準決勝の舞台がウェンブリー・スタジアムに移るまで、毎シーズンヴィラ・パークバーミンガム)と共に使用されていた。以前はヴィラ・パークとヒルズボロ・スタジアムシェフィールド)が使われていたが、「ヒルズボロの悲劇」を契機にヒルズボロに代わって使用されるようになった。

サッカー以外にもラグビーリーグのスーパーリーググランドファイナルの会場としても使用されているほか、コンサートではボン・ジョヴィジェネシスブルース・スプリングスティーンステイタス・クォーロッド・スチュワートシンプリー・レッドらが出演したBBCの番組『ソングス・オブ・プレイズ』が1994年9月に当地で収録された(ただしそれ以来、当地でのコンサート開催はない)。またボクシングでは1993年10月にWBCWBO世界スーパーミドル級選手権、クリス・ユーバンクナイジェル・ベンの試合が42,000人の観衆を集めて行われた。

収容人数は2006年12月現在で76,212人だが、今なお段階的に拡張工事が進行中である。将来的には96,000人収容の拡張工事を計画している。2006年11月4日のユナイテッド対ポーツマスFC戦で当時のプレミアリーグの最多となる観客動員数76,004人を記録した。

スタンド[編集]

  • サウス・スタンドSouth Stand):1層構造のメインスタンド。2016年4月3日、ボビー・チャールトンがユナイテッドでデビューしてから60年を祝い「サー・ボビー・チャールトン・スタンド(Sir Bobby Charlton Stand)」と改名された。スタンドの屋根部分にもこの名が記されている。
  • ノース・スタンドNorth Stand):2層構造のバックスタンド。2011年11月5日、アレックス・ファーガソンがユナイテッドの監督に就任してから25年を迎えたことを記念して彼の功績を称え「サー・アレックス・ファーガソン・スタンド(Sir Alex Ferguson Stand)」と命名された。スタンドの屋根部分にもこの名が記されている。
  • イースト・スタンドEast Stand):2層構造のゴール裏スタンド。メインスタンド側コーナーにアウェーサポーター席がある。入り口にはマット・バスビーの像が置かれている。
  • ストレトフォード・エンドウェスト・スタンドStretford End):2層構造のホーム側ゴール裏スタンド。スタンド名は近くにある町、ストレトフォード英語版に因む。

ノース・スタンドには3階建ての「マンチェスター・ユナイテッド博物館」が併設されており、クラブのウェブサイトによると年間約20万人の客が来場している。

イースト・スタンドには5万平方メートルを超す世界最大級のオフィシャルショップ「メガストア」がある。ゴール裏にはサッカーボールを左手に抱える元監督マット・バスビーの像が建っており、これはユナイテッドを強豪チームとして確立させ、また主力選手の多くを失った「ミュンヘンの悲劇」と呼ばれる航空機事故からチームを再興させたバスビーの功績を称えるものである。そのため、オールド・トラッフォードの所在地は「Sir Matt Busby way」と改名されている。バスビー像だけでなく、イースト・スタンドにはミュンヘンの悲劇を悼むものとして、「ミュンヘン・メモリアル・クロック」という時計と「ミュンヘン・メモリアル・プラーク」という記念碑がある。

重要な試合[編集]

UEFA EURO '96

記録[編集]

最多入場者数は1939年3月25日、FAカップ準決勝のウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFCグリムズビー・タウンFC戦で、76,962人が来場した[3]

全面座席改修後には2007年3月31日、プレミアリーグのユナイテッド対ブラックバーン・ローヴァーズFC戦で、76,098人を動員した[3]

アクセス[編集]

メトロリンクのエクスチェンジ・キー駅(Exchange Quay Metrolink station)とオールド・トラッフォード駅(Old Trafford Metrolink station)が最寄り駅。

参考文献[編集]

  • Barnes, Justyn; Bostock, Adam; Butler, Cliff; Ferguson, Jim; Meek, David; Mitten, Andy; Pilger, Sam; Taylor, Frank OBE et al. (2001). The Official Manchester United Illustrated Encyclopedia. London: Manchester United Books. ISBN 0-233-99964-7. 
  • Brandon, Derek (1978). A–Z of Manchester Football: 100 Years of Rivalry. London: Boondoggle. 
  • Butt, R.V.J. (1995). The Directory of Railway Stations. Patrick Stephens. ISBN 1-85260-508-1. 
  • Inglis, Simon (1996) [1985]. Football Grounds of Britain (3rd edition ed.). London: CollinsWillow. ISBN 0-00-218426-5. 
  • James, Gary (2008). Manchester – A Football History. Halifax: James Ward. ISBN 978-0-9558127-0-5. 
  • McCartney, Iain (1996). Old Trafford – Theatre of Dreams. Harefield: Yore Publications. ISBN 1-874427-96-8. 
  • Mitten, Andy (2007). The Man Utd Miscellany. London: Vision Sports Publishing. ISBN 978-1-905326-27-3. 
  • Murphy, Alex (2006). The Official Illustrated History of Manchester United. London: Orion Books. ISBN 0-7528-7603-1. 
  • Rollin, Glenda; Rollin, Jack (2008). Sky Sports Football Yearbook 2008–2009. Sky Sports Football Yearbooks. London: Headline Publishing Group. ISBN 978-0-7553-1820-9. 
  • White, John (2007). The United Miscellany. London: Carlton Books. ISBN 978-1-84442-745-1. 
  • White, John D. T. (2008). The Official Manchester United Almanac (1st edition ed.). London: Orion Books. ISBN 978-0-7528-9192-7. 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Club Directory” (PDF). Premier League Handbook Season 2010/11. London: The Football Association Premier League. (2010). p. 39. http://www.premierleague.com/staticFiles/7c/53/0,,12306~152444,00.pdf. 
  2. ^ Manchester United”. premierleague.com. Premier League. 2011年11月30日閲覧。
  3. ^ a b Rollin and Rollin, pp. 254-255
先代:
Crystal Palace
ロンドン
FAカップ決勝会場
1915
次代:
スタンフォード・ブリッジ
ロンドン
先代:
ウェンブリー・スタジアム
ロンドン
ラグビーリーグ・ワールドカップ決勝会場
2000
次代:
サンコープ・スタジアム
ブリスベン
先代:
ハムデン・パーク
グラスゴー
UEFAチャンピオンズリーグ
決勝戦会場

2003
次代:
アレーナ・アウフシャルケ
ゲルゼンキルヒェン