オールド・プレイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
オールド・プレイス
The Old Place
監督 ジャン=リュック・ゴダール
アンヌ=マリー・ミエヴィル
脚本 ジャン=リュック・ゴダール
アンヌ=マリー・ミエヴィル
製作総指揮 メアリー・リー・バンディ
コリン・マッケイブ
出演者 ジャン=リュック・ゴダール (声)
アンヌ=マリー・ミエヴィル (声)
編集 ジャン=リュック・ゴダール
アンヌ=マリー・ミエヴィル
製作会社 ニューヨーク近代美術館
ペリフェリア
配給 アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク近代美術館
公開 1998年
上映時間 47分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
スイスの旗 スイス
言語 フランス語
前作 ゴダールの映画史
次作 二十一世紀の起源
テンプレートを表示

オールド・プレイス』(英語 The Old Place、「古い場所」の意)は、1998年(平成10年)製作のジャン=リュック・ゴダールアンヌ=マリー・ミエヴィルの共同監督による、スイスドキュメンタリー映画である。

概要[編集]

ニューヨーク近代美術館(MoMA)の要請により、20世紀の終わりにおける諸芸術の役割についての試論としての映画である[1]

エグゼクティヴ・プロデューサーとしてクレジットされているメアリー・リー・バンディは同美術館のチーフ・キュレーターであり、コリン・マッケイブは、『ゴダール伝』(堀潤之訳、みすず書房、2007年)の著書もある映画批評家で、ゴダールの『ソフト & ハード』(1986年)の製作に協力したほか、多数のドキュメンタリー映画をプロデュースする、ゴダールの長年の友人である。

スタッフ・キャスト[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ fr:The Old Placeの記述を参照。