オールナイトニッポンレコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オールナイトニッポンレコードは、ニッポン放送ほかで放送されていたラジオ番組。2004年4月以降、ニッポン放送では放送されなくなった。2006年9月30日放送終了。

概要[編集]

主に、インディーズのアーティストを番組(ニッポン放送独自)のレーベル「オールナイトニッポンレコード(旧称LF+R RECORD)」に所属させ、番組出演やコンピレーションCDの制作、ライブを行うなどの企画をしていた。

沿革[編集]

2002年4月から9月まで、28:30–29:00 (JST) の時間帯は音楽とは関連の薄いネタコーナーなども行っていた。

2003年4月から10月までの上記時間帯では「DASEINのオールナイトニッポンレコード」を放送、11月から2004年3月までの上記時間帯では、「オールナイトニッポンレコード2」と題して、レーベル内アーティストの一人が30分間トークをするコーナーが設けられた。全国ネット(27:00-28:30の時間帯)としては2004年3月で終了、公式サイトも閉鎖された。

2004年4月から9月までは並行して「オールナイトニッポンレコード」のレーベル内アーティストを特集した、グローバーのオールナイトニッポンR内の1コーナー・「4時です 朝です 吉田です」が放送されていた。また、28:30-29:00の時間帯でもそれに多少連動した企画を行っていた。

2004年10月からは、インディーズのアーティストに関する企画を全く行っておらず、事実上「オールナイトニッポンレコード」というレーベルは休止状態にある。

2005年10月1日までは吉田尚記(2002年10月から2004年3月まではリスナーズBEST担当のため25:00から29:00までぶっ通しで担当し、同年9月までは「4時です 朝です 吉田です」を担当)、2006年4月1日までは冨田のりこがパーソナリティーであった。

番組コンピレーションアルバム・「青田屋1号」「青田屋2号」「青田屋3号」が発売中。

一部の新聞では、28:30-29:00の時間帯のオールナイトニッポンレコードというこの番組の存在を抹消していた。

パーソナリティ[編集]

放送時間[編集]

  • 2001年10月–2002年3月 木曜 24:00–25:00 「LF+RフライングNIGHT!」木曜日の1コーナー「LF+R RECOAD SPECIAL
  • 2002年4月–2003年3月 土曜 27:00–29:00 「allnightnippon-r LF+R RECORD SPECIAL
  • 2003年4月–2004年3月 土曜 27:00–28:30(2003年10月まで、28:30-29:00の時間帯にDASEINのオールナイトニッポンレコードを放送。2003年11月からは–29:00まで) 「オールナイトニッポンレコード
  • 2004年4月–2006年9月 土曜 28:30–29:00 「オールナイトニッポンレコード

放送休止[編集]

ネットワーク局[編集]

所属アーティスト[編集]

  1. PANG(卒業)
  2. マチダヒデアキ
  3. 岩見十夢
  4. 笹川美和(卒業)
  5. 辻香織(卒業)
  6. 増田太郎
  7. 若っ貴(Sing Like Talking佐藤竹善の変名プロジェクト、卒業)
  8. UNDER GRAPH
  9. 川嶋あい(メジャーアーティストであるI WiSHaiであることが判明したため卒業)
  10. H.EAT
  11. フロウズン
  12. B-DASH
  13. 平川地一丁目(卒業)
  14. 鎌田竜一
  15. 風味堂(卒業)

2004年3月全国ネット版の番組終了後のため、番号不明のアーティスト[編集]

ROCO新井昌慧ケイタク椿屋四重奏

LF+R RECOAD SPECIAL及びallnightnippon-r LF+R RECORD SPECIAL時代[編集]

直太朗(森山直太朗)、鳳山雅姫より子。、kayoko

関連項目[編集]