オーロラの救世主

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
オーロラの救世主
エレクトリック・ライト・オーケストラスタジオ・アルバム
リリース
録音 ミュンヘン、ミュージックランド・スタジオ(1976年7月)
ジャンル ロック
時間
レーベル ジェット・レコード(イギリスの旗
ユナイテッド・アーティスツ・レコードアメリカ合衆国の旗
プロデュース ジェフ・リン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 6位(英国)
  • 5位(米国)
ゴールドディスク
  • 200万枚(RIAA
エレクトリック・ライト・オーケストラ 年表
フェイス・ザ・ミュージック
(1975年)
オーロラの救世主
(1976年)
アウト・オブ・ザ・ブルー
(1977年)
テンプレートを表示

オーロラの救世主』(A New World Record)は、1976年に発表されたエレクトリック・ライト・オーケストラ(ELO)のアルバムジェフ・リンのポップ路線が徐々に完成しつつあるELO過渡期の作品である。

エルドラド』(1974年)や『フェイス・ザ・ミュージック』(1975年)等の作品を経て、ELOはその音楽性を確立しようとしていた。 アルバムタイトル「A New World Record」は、ミュンヘン・オリンピックのテレビ中継の「世界新記録」というテロップから取ったものである。

アルバムには「タイトロープ」「テレフォン・ライン」「ドゥ・ヤ」といったヒット曲が収録されている。次作『アウト・オブ・ザ・ブルー』(1977年)への大きな足がかりとなる作品である。

ELOを象徴することになるカラフルな円盤は、このアルバムのジャケットが初登場となる。

収録曲[編集]

  1. タイトロープ - Tightrope
    2001年のズームツアーで演奏されたほか、2016年から開始されたAlone In The Univerceツアーではオープニングナンバーに抜擢された。
  2. テレフォン・ライン - Telephone Line
    1977年5月にシングルカット。全世界で大ヒットしたELOの代名詞的作品。重厚なオーケストラとコーラスを配した「ELO的POPバラード」の代表作との評価が高い。
  3. 哀愁のロッカリア - Rockaria
    1977年2月にシングルカット。各種ベスト盤にも収録。
    タイトルの通り、「ロック」と「アリア」を融合したようなアレンジ。歌詞はアリア歌手にロックンロールを教えるというもの。
  4. ミッション - Mission (A World Record)
    遠くの星からやってきた生命体が、地球を視察するというSF的な歌詞。アルバムのタイトルソングであり、ジャケットの円盤もこの曲を意識したものであろう。
  5. ソー・ファイン - So Fine
    一見、典型的なELOポップだが、民族音楽風の間奏が挿入されているなど実験的な試みも見られる。次曲とは連結されている。
  6. オーロラの救世主 - Livin' Thing
    1976年10月にシングルカット。イギリスで4位、アメリカで13位。ミック・カミンスキーのバイオリンがイントロに大きくフィーチャーされている。
  7. アバブ・ザ・クラウズ - Above The Clouds
    ELOの曲の中ではかなり短い部類に入る。
  8. ドゥ・ヤ - Do Ya
    ザ・ムーヴ時代の楽曲のセルフカヴァー。ELO風に味付け直されており、以降のコンサートではこちらのアレンジで演奏されている。
  9. シャングリ・ラ - Shangri-La
    ザ・ビートルズの楽曲「ヘイ・ジュード」が歌詞に登場する。
リマスター盤のボーナス・トラック
  1. テレフォン・ライン[ディファレント・ヴォーカル] - Telephone Line (Different Vocal)
  2. サレンダー - Surrender
    2006年に再発の際、シングルカットされた。
  3. タイト・ロープ[インストゥルメンタル・ラフ・ミックス] - Tight Rope (Instrumental Early Rough Mix)
  4. アバヴ・ザ・クラウド[インストゥルメンタル・ラフ・ミックス] - Above The Clouds (Instrumental Rough Mix)
  5. ソー・ファイン[インストゥルメンタル・ラフ・ミックス] - So Fine (Instrumental Early Rough Mix)
  6. テレフォン・ライン[インストゥルメンタル] - Telephone Line (Instrumental)