カイルル・アムリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カイルル・アムリ Football pictogram.svg
1 khairul amri 2014.jpg
名前
本名 ムハンマド・カイルル・アムリ・ビン・ムハンマド・カマル[1]
ラテン文字 Khairul Amri
基本情報
国籍 シンガポールの旗 シンガポール
生年月日 (1985-03-14) 1985年3月14日(34歳)
出身地 シンガポール
身長 172cm
選手情報
在籍チーム シンガポールの旗 タンピネス・ローバースFC
ポジション FW
背番号 19
ユース
2000-2003 シンガポールの旗 シンガポール国立フットボールアカデミー
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2008 シンガポールの旗 ヤング・ライオンズ 114 (54)
2008-2010 シンガポールの旗 タンピネス・ローバースFC 45 (21)
2010-2011 インドネシアの旗 プルシバ・バリクパパン 23 (9)
2012 シンガポールの旗 シンガポール・ライオンズXII 6 (0)
2013 シンガポールの旗 タンピネス・ローバースFC 25 (12)
2014-2015 シンガポールの旗 シンガポール・ライオンズXII 49 (17)
2016 シンガポールの旗 ヤング・ライオンズ 12 (5)
2017- シンガポールの旗 タンピネス・ローバースFC
代表歴2
2004-  シンガポール 115 (35)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年4月5日現在。
2. 2015年10月11日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ムハンマド・カイルル・アムリ・ビン・ムハンマド・カマルMohammad Khairul Amri bin Mohammad Kamal1985年3月14日 - )は、シンガポールサッカー選手シンガポール代表でポジションはFW

経歴[編集]

バイハッキ・カイザンシャーリル・イシャクハッサン・サニーと共にカイルル・アムリはシンガポール国立フットボールアカデミーの第一期生である[2]

その後は、Sリーグ所属のヤング・ライオンズに所属した。2006年のSリーグではピアラFAマレーシアでの4得点を含む20得点以上を挙げ、フリーキックからの多くの得点も相俟って、同年の得点王に並ぶ活躍を見せた。バイハッキ・カイザンがゲイラン・ユナイテッドFCに移籍した後は、ヤング・ライオンズの主将となった。

2008年半ばの移籍市場では、タンピネス・ローバースFCに移籍し、Sリーグ年間最優秀若手選手賞に輝いた。しかしながら、同年のシンガポール・カップの第3ゲームの88分に中足骨を怪我し、二ヶ月の療養を余儀なくされた。奇しくもその対戦相手はヤング・ライオンズであった。

2010年にはインドネシアのプルシバ・バリクパパンに移籍、23試合に出場し9得点の活躍をした[3]。このシーズンでも彼は足の筋肉を怪我し、7ヶ月以上の欠場を余儀なくされた。

2011年11月にはマレーシア・スーパーリーグへの参戦が決まっていたシンガポール・ライオンズXIIに移籍したが、翌2012年11月にはSリーグ首位になったタンピネス・ローバースFCに再移籍した。その後、再びシンガポール・ライオンズXIIに移籍し、現在に至っている[4]

代表歴[編集]

カイルル・アムリはU-16代表、U-18代表、U-23代表、A代表に選出されている。

A代表デビューは2004年オマーン代表戦である[5]。同年の東南アジアサッカー選手権ではインドネシア代表から得点を奪う等、その後に繋がる活躍を見せた[6]。数か月後、AFCアジアカップ2007ではイラク代表からフリーキックで得点を奪い、2-0でこの試合は勝ったものの[7]、同じく彼が1点を獲得したアウェー戦では4-2で敗れている[8]

2007年の東南アジアサッカー選手権ではラオス代表に11-0の快勝をしている[9]。決勝戦となったタイ代表戦でも得点を挙げ、シンガポール代表の三回目の優勝に大きく貢献した[6]

また、同年の東南アジア競技大会では、U-23代表の一員として銅メダルの獲得に貢献している。

その後、2008年のシンガポール・カップで負傷したために、同年の東南アジアサッカー選手権は出場できず、2010年にも負傷しているため、AFCアジアカップ2011の始めの2試合も欠場している。更に2011年にもクラブでの怪我によって、2014 FIFAワールドカップ・アジア予選の出場が出来なかった。

2012年の東南アジアサッカー選手権では出場を果たし、ラオス代表、フィリピン代表、タイ代表からそれぞれ得点を果たしている[6]

キャリア[編集]

国際試合[編集]

代表での得点[10]
No 日附 場所 対戦相手 得点 結果 大会
1 2004年10月13日 シンガポールの旗シンガポール  インド 1–0 2–0 2006 FIFAワールドカップ・アジア予選
2 2004年12月15日 ベトナムの旗ハイフォンラックチャイ・スタジアム  カンボジア 1–0 3–0 2004東南アジアサッカー選手権
3 2005年1月8日 インドの旗ジャカルタゲロラ・ブン・カルノ・スタジアム  インドネシア 1–1 3–1 2004東南アジアサッカー選手権
4 2006年2月4日 クウェートの旗クウェート市  クウェート 1–2 2–2 親善試合
5 2006年2月22日 シンガポールの旗シンガポールナショナルスタジアム  イラク 1–0 2–0 AFCアジアカップ2007
6 2006年10月11日 アラブ首長国連邦の旗アル・アインシェイク・ハリーファ国際スタジアム  イラク 1–4 2–4 AFCアジアカップ2007
7 2007年1月7日 シンガポールの旗シンガポール・チョア・チュー・カン・スタジアム  フィリピン 1–1 4–1 親善試合
8 2007年1月15日 シンガポールの旗シンガポールナショナルスタジアム  ラオス 1–0 11–0 2007東南アジアサッカー選手権
9 2007年2月4日 タイ王国の旗バンコクスパチャラサイ国立競技場  タイ 1–1 1–1 2007東南アジアサッカー選手権
10 2007年8月21日 マレーシアの旗シャー・アラムシャー・アラム・スタジアム  ジンバブエ 2-0 4–2 2007ムルデカ大会
11 2009年10月22日 ベトナムの旗ホーチミン市  トルクメニスタン 1-2 4–2 親善試合
12 2010年8月23日 セルビアの旗ヤゴディナ・ヤゴディナ・シティ・スタジアム セルビアの旗 FKヴォイヴォディナ・ノヴィサド 3-1 3-1 親善試合
13 2010年8月25日 セルビアの旗ヤゴディナ・ヤゴディナ・シティ・スタジアム セルビアの旗 FKヤゴディナ 1-2 2–2 親善試合
14 2012年10月16日 シンガポールの旗シンガポール  インドネシア 1-0 2–0 親善試合
15 2012年10月19日 シンガポールの旗シンガポール  パキスタン 1–0 4–1 親善試合
16 2012年12月1日 マレーシアの旗シャー・アラムシャー・アラム・スタジアム  ラオス 1–3 4-3 2012東南アジアサッカー選手権
17 2012年12月12日 シンガポールの旗シンガポールジャラン・ベサール・スタジアム  フィリピン 1–0 1–0 2012東南アジアサッカー選手権
18 2012年12月19日 シンガポールの旗シンガポールジャラン・ベサール・スタジアム  タイ 1–1 3-1 2012東南アジアサッカー選手権
19 2013年6月4日 ミャンマーの旗ヤンゴン  ミャンマー 1-0 2–0 親善試合
20 2013年10月10日 シンガポールの旗シンガポール  ラオス 1-0 1–0 親善試合
21 2013年10月15日 シンガポールの旗シンガポールジャラン・ベサール・スタジアム  シリア 1-1 2–1 AFCアジアカップ2015
22 2014年2月4日 シンガポールの旗シンガポールジャラン・ベサール・スタジアム  ヨルダン 1-1 2–1 AFCアジアカップ2015
23 2014年7月12日 オーストリアの旗フラチャウ チェコの旗 FCズブロヨフカ・ブルノ 1-0 2–2 親善試合
24 2014年10月14日 マカオの旗仔島  マカオ 1-0 2–2 親善試合
25 2-0
26 2014年11月13日 シンガポールの旗シンガポール・イーシュン・スタジアム  ラオス 1–0 2–0 親善試合
27 2014年11月17日 シンガポールの旗シンガポール・イーシュン・スタジアム  カンボジア 1–2 4-2 親善試合
28 2014年11月23日 シンガポールの旗シンガポールナショナルスタジアム  タイ 1–2 1-2 2014東南アジアサッカー選手権
29 2014年11月29日 シンガポールの旗シンガポールナショナルスタジアム  マレーシア 1–3 1–3 2014東南アジアサッカー選手権
30 2015年5月30日 バングラデシュの旗ダッカバンガバンドゥ・ナショナル・スタジアム  バングラデシュ 1–2 1-2 親善試合
31 2015年6月6日 シンガポールの旗シンガポールジュロン・イースト・スタジアム  ブルネイ 1–0 5–1 親善試合
32 4–1
33 2015年6月11日 カンボジアの旗プノンペンプノンペン・オリンピックスタジアム  カンボジア 1–0 4–0 2018 FIFAワールドカップ・アジア予選

生活[編集]

カイルル・アムリの弟カイルル・ニザムもシンガポール代表のサッカー選手であり、現在はチームメイトである[11]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

シンガポール・ライオンズXII

代表[編集]

シンガポール

個人[編集]

  • S.League People's Choice Award: 2006
  • Lions’ Player of the Year: 2006
  • S.League Young Player of the Year: 2008 [12]

参考文献[編集]

  1. ^ FAS names 2014 LionsXII squad list”. Football Association of Singapore. 2014年3月8日閲覧。
  2. ^ Interview With Baihakki Khaizan”. FAS. 2014年3月21日閲覧。
  3. ^ Mohammad Khairul Amri”. liga-indonesia.co.id. 2008年5月20日閲覧。
  4. ^ http://www.goal.com/en-my/news/3896/malaysia/2013/12/18/4487340/2014-lionsxii-squad-list-announced?ICID=SP_TS_9
  5. ^ a b Lee, David (2014年11月17日). “Suzuki Cup: Been there, done that, but Amri wants more”. The New Paper. http://news.asiaone.com/news/sports/suzuki-cup-been-there-done-amri-wants-more 2014年12月1日閲覧。 
  6. ^ a b c Amri rises to the occasion again”. ASEAN Football Federation (2012年12月20日). 2014年12月1日閲覧。
  7. ^ Indomitable Singapore draw first blood”. Football Association of Singapore (2006年2月22日). 2014年12月1日閲覧。
  8. ^ Asian Cup qualifier: Iraq v Singapore”. Football Association of Singapore (2006年10月11日). 2014年12月1日閲覧。
  9. ^ Noh Alam hits seven as Lions slay Laos”. ASEAN Football Federation (2007年1月15日). 2014年12月1日閲覧。
  10. ^ カイルル・アムリ - Soccerwayによる個人成績
  11. ^ LionsXII striker Mark Nizam set for a July return”. The New Paper. 2014年3月8日閲覧。
  12. ^ Duric wins Player of the Year”. S.League (2008年11月19日). 2014年12月1日閲覧。