カイル・ウォーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
カイル・ウォーカー Football pictogram.svg
Kyle Walker.jpg
イングランド代表でのウォーカー (2018年)
名前
本名 カイル・アンドリュー・ウォーカー
Kyle Andrew Walker
ラテン文字 Kyle WALKER
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
ジャマイカの旗 ジャマイカ
生年月日 (1990-05-28) 1990年5月28日(30歳)
出身地 シェフィールド
身長 183cm[要出典]
体重 83kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 マンチェスター・シティFC
ポジション RSB
背番号 2
利き足 右足
ユース
1997-2008 イングランドの旗 シェフィールド・U
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2009 イングランドの旗 シェフィールド・U 2 (0)
2008 イングランドの旗 ノーサンプトン (loan) 9 (0)
2009-2017 イングランドの旗 トッテナム 183 (4)
2009-2010 イングランドの旗 シェフィールド・U (loan) 26 (0)
2010-2011 イングランドの旗 QPR (loan) 20 (0)
2011 イングランドの旗 アストン・ヴィラ (loan) 15 (1)
2017- イングランドの旗 マンチェスター・シティ 94 (2)
代表歴2
2009  イングランド U-19 7 (0)
2010-2011  イングランド U-21 7 (0)
2011- イングランドの旗 イングランド 50 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年9月5日現在。
2. 2020年9月5日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

カイル・アンドリュー・ウォーカーKyle Andrew Walker, 1990年5月28日 - )は、イングランドシェフィールド出身のサッカー選手プレミアリーグマンチェスター・シティFC所属。イングランド代表。ポジションはディフェンダー。

経歴[編集]

下積み・レンタル時代[編集]

1997年からイングランドのシェフィールド・ユナイテッドFCのユースチームでキャリアをスタートさせ、2008年にトップチーム昇格した。11月、ノーサンプトン・タウンFCにレンタル移籍し、15日にオールダム・アスレティックAFC戦でデビューした。その後シェフィールドに戻り、2009年1月13日、FAカップレイトン・オリエントFC戦でデビューを果たした。

2009年7月、トッテナム・ホットスパーFCに移籍した。その後、クイーンズ・パーク・レンジャーズFCアストン・ヴィラFCにレンタル移籍した。

トッテナム・ホットスパー[編集]

2011-2012シーズンよりトッテナム・ホットスパーFCに復帰。2012年3月17日FAカップ準々決勝ボルトン・ワンダラーズ戦では、ガレス・ベイルクロスボールに反応し11分に先制ゴールを記録した。プレミアリーグでは37試合に出場して2得点、1アシストを記録し、 PFA年間ベストイレブンPFA年間最優秀若手選手賞に選出される活躍を見せた[1]

2012-2013シーズンはリーグ戦は36試合、UEFAヨーロッパリーグFAカップなどを含めると全50試合に出場しチーム内最多の出場数となった[2]

2013-2014シーズンからは、背番号28から2に変更[3]プレミアリーグ13節のマンチェスター・ユナイテッドFC戦では、得意の直接フリーキックで先制点を奪う活躍を見せた[4]。23節のマンチェスター・シティFC戦では後半から右サイドハーフのポジションを務めた。 12月18日フットボールリーグカップの5回戦アストン・ヴィラ戦では、自身プロ入り初となるキャプテンマークを巻いて出場した。

2016/17シーズンは安定したパフォーマンスを見せ、プレミアリーグ(PFA)の年間ベスト11に選ばれた[5]

マンチェスター・シティ[編集]

2017年7月14日、マンチェスター・シティFCと5年契約を結び、背番号は2であることが発表された[6]。17-18年のシティの優勝に貢献したことが評価され、移籍後は初のPFA年間ベストイレブンに選ばれた[7]

2019年6月19日、マンチェスター・シティFCとの契約を2024年まで延長したことが発表された[8]。2019年11月6日のチャンピオンズリーグ、グループステージのアタランタBC戦では、エデルソンの負傷交代、その後出場した控えGKのクラウディオ・ブラーボの退場により急遽GKを務め10分間プレー、ルスラン・マリノフスキーの直接FKをストップするなど無失点で終えた[9]

代表歴[編集]

世代別代表[編集]

2009年2月4日、まだリーグ戦でプレーしていないにもかかわらず、U-19イングランド代表に初招集された。 U-21イングランド代表としてUEFA U-21欧州選手権2011に出場した。

A代表[編集]

2011年11月12日のスペイン代表戦、スコット・パーカーと交代でA代表デビューした。11月15日のスウェーデン代表戦では、代表で自身初の先発フル出場、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれたが、怪我のため、翌2012年に行われたUEFA EURO 2012への出場を逃した[10]

2014 FIFAワールドカップのヨーロッパ予選にも出場、本戦出場権獲得に貢献した[11]

2016年、UEFA EURO 2016のメンバーに選出され、3試合に出場した。

2018年、2018 FIFAワールドカップのメンバーに選出され[12]、出場した。2020年9月5日のUEFAネーションズリーグアイスランド戦ではイングランドの選手としてはラヒーム・スターリング以来4年振りとなる退場処分となった[13]

人物[編集]

2020年新型コロナウイルスの影響でプレミアリーグの中断そして、イギリスのロックダウン中に度々、イギリス政府が定めた外出禁止令を破ったことが問題になった[14]

個人成績[編集]

年度 クラブ リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 国際大会 その他 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
イングランド リーグ戦 FLカップ FAカップ UEFA CL UEFA EL その他 期間通算
2008-09 ノーサンプトン・タウンFC リーグ1 9 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 9 0
シェフィールド・U チャンピオンシップ 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 3 0 7 0
2009-10 26 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 28 0
トッテナム プレミアリーグ 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0
2010-11 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0
QPR チャンピオンシップ 20 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 20 0
アストン・ヴィラFC プレミアリーグ 15 1 0 0 3 1 0 0 0 0 0 0 18 2
2011-12 トッテナム 37 2 0 0 5 0 0 0 5 0 0 0 47 2
2012-13 36 0 2 0 1 0 0 0 11 0 0 0 50 0
2013-14 26 1 3 0 1 0 0 0 4 0 0 0 34 1
2014-15 15 0 3 0 0 0 0 0 3 0 0 0 21 0
2015-16 33 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 35 1
2016-17 33 0 0 0 1 0 0 0 3 0 2 0 34 0
2017-18 マンチェスター・シティFC 32 0 6 0 3 0 7 0 0 0 0 0 48 0
通算 リーグ通算 リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 UEFA CL UEFA EL その他 リーグ通算
イングランド プレミアリーグ 230 5 14 0 16 1 7 0 23 0 0 0 279 6
チャンピオンシップ 48 0 0 0 4 0 0 0 0 0 3 0 55 0
リーグ1 9 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 9 0
総通算 287 5 14 0 16 1 0 0 23 0 3 0 343 6

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]


イングランド代表国際Aマッチ
出場得点
2011 2 0
2012 2 0
2013 6 0
2015 3 0
2016 10 0
2017 9 0
2018 6 0
2019 1 0
通算 39 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

マンチェスター・シティ

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ファン・ペルシ、PFA年間最優秀選手に選出 最優秀若手選手賞はウォーカーにgoal com 2012年4月23日
  2. ^ ウォーカー 日々、是、反省spurs japan 2013年6月9日
  3. ^ 13-14シーズンの背番号が決定spurs japan 2013年8月1日
  4. ^ ウォーカー ナセルの成せる技spurs japan 2013年12月1日
  5. ^ “PFA teams of the year: Chelsea and Tottenham dominate Premier League XI”. BBC. (2017年4月21日). http://www.bbc.co.uk/sport/football/39648483 22 April 2017閲覧。 
  6. ^ KYLE WALKER JOINS CITY ON FIVE-YEAR DEALManchester City FC 2017年7月14日
  7. ^ “Manchester City dominate PFA Premier League team of the year”. (2018年4月18日). https://www.theguardian.com/football/2018/apr/18/manchester-city-dominate-pfa-premier-league-team-of-the-year 2018年4月18日閲覧。 
  8. ^ KYLE WALKER SIGNS NEW CITY CONTRACTManchester City FC 2019年6月20日
  9. ^ なお、2019-20シーズンのチャンピオンズリーグでアタランタを相手に失点を喫しなかったGKはウォーカーのみである。
  10. ^ "England Euro 2012 squad: Ruddy, Carroll & Defoe in, Ferdinand out" BBC Sport. 16 May 2012. Retrieved 3 March 2013.
  11. ^ イングランド代表 スパーズから3人招集spurs japan 2013年10月1日
  12. ^ “England World Cup squad: Trent Alexander-Arnold in 23-man squad”. BBC Sport. (2018年5月16日). https://www.bbc.co.uk/sport/football/44138600 2018年5月17日閲覧。 
  13. ^ Iceland 0-1 England: Late Raheem Sterling penalty seals Nations League win”. www.skysports.co.com. 2020年9月10日閲覧。
  14. ^ 懲りないカイル・ウォーカー「24時間でコロナ違反ハット」”. web.gekisaka.jp (2020年5月8日). 2020年5月25日閲覧。