カイル・エドマンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カイル・エドマンド
Kyle Edmund
Tennis pictogram.svg
Kyle Edmund (27211361720).jpg
カイル・エドマンド
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
出身地  南アフリカ共和国ヨハネスブルグ
居住地 イングランドの旗 イングランド・ベバリー
生年月日 (1995-01-08) 1995年1月8日(24歳)
身長 188cm
体重 80kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2011年
ツアー通算 2勝
シングルス 1勝
ダブルス 1勝
生涯獲得賞金 4,873,632 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(2018)
全仏 3回戦(2017・18)
全英 3回戦(2018)
全米 4回戦(2016)
4大大会最高成績・ダブルス
全英 1回戦(2013-17)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 14位(2018年10月8日)
ダブルス 146位(2019年5月27日)
2019年8月13日現在
テンプレート  プロジェクト テニス

カイル・エドマンドKyle Edmund1995年1月8日 - )は、イギリスの男子プロテニス選手。南アフリカ共和国ヨハネスブルグ出身。「カイル・エドムンド」「カイル・エドモンド」とも表記される。ATP自己最高ランクはシングルス14位、ダブルス146位。これまでにATPツアーでシングルス1勝、ダブルス1勝を挙げている。身長188cm、体重80kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

選手経歴[編集]

ジュニア時代[編集]

2012年全米オープンのジュニア男子ダブルスではポルトガルのフレデリコ・フェレイラ・シルバと組んで優勝。2013年全仏オープンのジュニア男子ダブルスでも同じペアで優勝を果たしている。

シングルスでは2011年全米オープン2013年ウィンブルドン選手権でベスト4進出がある。

ジュニアグランドスラム男子ダブルス[編集]

結果 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 2012 全米オープン ハード ポルトガルの旗 フレデリコ・フェレイラ・シルバ オーストラリアの旗 ニック・キリオス
オーストラリアの旗 ジョーダン・トンプソン
5–7, 6–4, [10–6]
優勝 2013 全仏オープン クレー ポルトガルの旗 フレデリコ・フェレイラ・シルバ チリの旗 クリスティアン・ガリン
チリの旗 ニコラス・ハリー
6–3, 6–3

プロ転向後[編集]

2013年エイゴン選手権でツアー初出場を果たす。1回戦でグレガ・ゼムリャに敗れた。同年のウィンブルドンでワイルドカードを獲得し、グランドスラム初出場を果たす。1回戦で第24シードでベスト4に進出したイェジ・ヤノビッチに敗れた。

2014年慶応チャレンジャーATPチャレンジャーツアーの決勝に初進出。決勝でジョン・ミルマンに敗れた。

2015年香港チャレンジャーでチャレンジャー初優勝を果たす。この年はこれを含めてチャレンジャーで3勝を挙げた。全仏オープンでは1回戦でステファン・ロベールを2-6, 6-3, 6-4, 5-7, 6-2で破り、グランドスラム初勝利を上げる。2回戦は試合前に棄権した。デビスカップ2015では決勝のベルギー戦でイギリス代表に初選出される。第1戦でベルギーのエースのダビド・ゴファンと対戦し、第1,2セットを取るも、6–3, 6–1, 2–6, 1–6, 0–6で敗れた。イギリスはアンディ・マリージェイミー・マリーのマレー兄弟の活躍で79年ぶりのデビスカップ優勝を果たした。

2016年カタール・エクソンモービル・オープンでは予選を勝ち上がると、自身初のツアーベスト8に進出。準々決勝でトマーシュ・ベルディヒに敗れた。 マイアミ・オープンでは1回戦でイジー・ベセリーを破り、マスターズ1000初勝利を上げる。2回戦では世界ランク1位のノバク・ジョコビッチに3-6, 3-6で敗れた。全仏オープンでは2回戦でジョン・イズナーに敗れた。エイゴン選手権では1回戦で第8シードのジル・シモンを破ると、2回戦でポール=アンリ・マチューを破り、ベスト8に進出。準々決勝ではイギリスの先輩のアンディ・マリーと対戦し、4-6, 6-3, 1-6で敗れた。デビスカップ2016では準々決勝のセルビア戦に出場。第1戦で元世界ランク8位のヤンコ・ティプサレビッチを破り、デビスカップ初勝利を上げる。第4戦でもドゥシャン・ラヨビッチを破り、イギリスの準決勝進出に貢献した。初出場の全米オープンでは1回戦で第13シードのリシャール・ガスケに6-2, 6-2, 6-3でストレート勝ち、3回戦で第20シードのジョン・イズナーに6-4, 3-6, 6-2, 7-6(5)で勝利し、自身初のグランドスラム4回戦進出を果たした。4回戦では世界ランク1位のノバク・ジョコビッチに2-6, 1-6, 4-6で敗れた。10月24日付の世界ランキングでエドマンドは40位となった。

2017年全豪オープンでは初めて2回戦に進出するもパブロ・カレーニョ・ブスタに敗れた。

2018年全豪オープンでは1回戦で第11シードのケビン・アンダーソンを破って波に乗ると、勢いのまま続く2回戦、3回戦を突破。ベスト8入りをかけた4回戦でもアンドレアス・セッピを降してベスト8進出を決め[1]、続く第3シードのグリゴール・ディミトロフとの対戦となった準々決勝でも6-4, 3-6, 6-3, 6-4でディミトロフを破りノーシードからのベスト4入りを果たす[2]。準決勝で第6シードのマリン・チリッチに2-6, 6-7(4), 2-6で敗れた。4月のハサン2世グランプリで、ATPツアーで初めて決勝進出するもパブロ・アンドゥハルに敗れた。5月のエストリル・オープンで、キャメロン・ノーリーとのペアでダブルスでのツアー初優勝を記録。ムチュア・マドリード・オープンではマスターズ1000で初のベスト8進出。大会後のランキングで19位となり初のトップ20入りを果たす。10月のヨーロピアン・オープンで2度目の決勝進出、決勝でガエル・モンフィスに勝利しシングルス初優勝を果たす[3]

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 2回 (1勝1敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (0-0)
ATPワールドツアー・250シリーズ (1–1)
サーフェス別タイトル
ハード (1–0)
クレー (0-1)
芝 (0-0)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2018年4月15日 モロッコの旗 マラケシュ クレー スペインの旗 パブロ・アンドゥハル 2–6, 2–6
優勝 1. 2018年10月21日 ベルギーの旗 アントワープ ハード (室内) フランスの旗 ガエル・モンフィス 3–6, 7–6(2), 7–6(4)

ダブルス: 1回 (1勝0敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2018年5月6日 ポルトガルの旗 エストリル クレー イギリスの旗 キャメロン・ノーリー オランダの旗 ウェスリー・クールホフ
ニュージーランドの旗 アルテム・シタク
6–4, 6–2


デビスカップ[編集]

優勝 (1)[編集]

 イギリスチーム ラウンド/相手
2015年 アンディ・マリー
ジェームズ・ウォード
ダニエル・エバンス
カイル・エドマンド
ジェイミー・マリー
ドミニク・イングロット
1R: イギリス 3–2 アメリカ
QF: イギリス 3–1 フランス
SF: イギリス 3–2 オーストラリア
FN: ベルギー 1–3 イギリス

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 通算成績
全豪オープン A A 1R 1R 2R SF 1R 6–5
全仏オープン A A 2R 2R 3R 3R 2R 7–5
ウィンブルドン 1R 1R 1R 1R 2R 3R 2R 4–7
全米オープン A A LQ 4R 3R 1R 1R 5–4

脚注[編集]