カイル・クロケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カイル・クロケット
Kyle Crockett
シンシナティ・レッズ (マイナー)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 バージニア州ニューポートニューズ
生年月日 (1991-12-15) 1991年12月15日(27歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2013年 MLBドラフト4巡目
初出場 2014年5月16日 オークランド・アスレチックス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

カイル・リチャード・クロケットKyle Richard Crockett, 1991年12月15日 - )は、アメリカ合衆国バージニア州ニューポートニューズ出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBシンシナティ・レッズ傘下所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

ポクオソン高等学校英語版時代は、チームメイトにチャド・ピンダーがいた。

プロ入りとインディアンス時代[編集]

2013年MLBドラフト4巡目(全体111位)でクリーブランド・インディアンスから指名され、プロ入り。契約後、傘下のA-級マホーニングバレー・スクラッパーズでプロデビューすると、8試合に登板して防御率0.00と好投。7月にA級レイクカウンティ・キャプテンズへ昇格した。A級レイクカウンティでは4試合に登板し、8月にAA級アクロン・エアロズへ昇格。9試合に登板して1勝0敗・防御率0.00・9奪三振の成績を残した。

2014年は開幕からAA級アクロン・ラバーダックス[1]でプレーし、15試合に登板して0勝0敗6セーブ・防御率0.57と好投。5月16日にインディアンスとメジャー契約を結んだ[2]。同日のオークランド・アスレチックス戦でメジャーデビュー。8点ビハインドの2回表1死から登板。2回表は先頭打者に四球を出すも無失点に抑えたが、3回に先頭打者のジェド・ラウリーに本塁打を打たれた。その後2死を取り、打者・ココ・クリスプの場面で降板。この日は1.1回を投げ2安打1失点1四球だった[3]。メジャー1年目から43試合にリリーフ登板し、4勝1敗・防御率1.80・22奪三振という驚異的な成績を記録した。

2015年は31試合にリリーフ登板したが、防御率4.08・勝ち星なしに終わるなど、前年ほどの好成績とはならなかった。

2016年、年々登板機会が減少して29試合のリリーフ登板だった。防御率とWHIPも年々悪化し、それぞれ5.06と1.44は自己ワーストだった。一方、成長した面としては投球イニング数を上回る三振を奪い、キャリアハイの奪三振率9.6をマークした事がある。

2017年、メジャーでは4試合の登板にとどまった。オフの11月20日DFAとなった。

レッズ時代[編集]

2018年11月27日ウェイバー公示を経てシンシナティ・レッズへ移籍した[4]12月1日FAとなったが、8日に改めてマイナー契約を結び、2018年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[5]

2018年の開幕は傘下のAAA級ルイビル・バッツで迎え、6月21日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[6]7月27日にDFAとなり[7]、29日にマイナー契約でAAA級ルイビルへ配属された[5]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 CLE 43 0 0 0 0 4 1 0 5 .800 122 30.0 26 2 8 2 3 28 0 1 6 6 1.80 1.13
2015 31 0 0 0 0 0 0 0 3 ---- 107 17.2 17 1 7 0 1 15 0 0 9 8 4.08 1.36
2016 29 0 0 0 0 0 0 0 3 ---- 70 16.0 16 0 7 2 0 17 1 1 9 9 5.06 1.44
2017 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 11 1.2 4 0 1 0 1 2 0 0 2 2 10.80 3.00
MLB:4年 107 0 0 0 0 4 1 0 11 .800 277 65.1 63 3 23 4 5 62 1 2 26 25 3.44 1.32
  • 2017年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 57(2014年 - 2017年)
  • 51(2018年)

脚注[編集]

  1. ^ 2014年より球団名変更
  2. ^ Indians promote LHP Kyle Crockett from AA Akron; option RHP Danny Salazar to AAA Columbus”. MLB.com Indians Press Release (2014年5月16日). 2014年5月17日閲覧。
  3. ^ Scores for May 16, 2014”. ESPN MLB (2014年5月16日). 2014年5月17日閲覧。
  4. ^ Steve Adams (2017年11月27日). “Reds Claim Kyle Crockett From Indians” (英語). mlbtraderumors.com. 2017年12月4日閲覧。
  5. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2018年8月2日閲覧。
  6. ^ Brian Scott Rippee (2018年6月21日). “Schebler to bereavement list; Peralta sent down” (英語). MLB.com. 2018年6月22日閲覧。
  7. ^ Jeff Todd (2018年7月27日). “Reds Designate Kyle Crockett” (英語). mlbtraderumors.com. 2018年8月2日閲覧。

関連項目[編集]