カイル・ヘンドリックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • カイル・ヘンドリクス
カイル・ヘンドリックス
Kyle Hendricks
シカゴ・カブス #28
Kyle Hendricks first inning Game 7 2016 World Series.jpg
2016年11月2日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州オレンジ郡ニューポートビーチ
生年月日 (1989-12-07) 1989年12月7日(30歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 MLBドラフト8巡目(全体264位)でテキサス・レンジャーズから指名
初出場 2014年7月10日 シンシナティ・レッズ
年俸 $7,045,000(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

カイル・クリスチャン・ヘンドリックスKyle Christian Hendricks, 1989年12月7日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州オレンジ郡ニューポートビーチ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBシカゴ・カブス所属。愛称はヘンド[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2008年MLBドラフト39巡目(全体1189位)でロサンゼルス・エンゼルスから指名されたが、ダートマス大学へ進学した。

プロ入りとレンジャーズ傘下時代[編集]

2011年MLBドラフト8巡目(全体264位)でテキサス・レンジャーズから指名され、プロ入り。傘下のA-級スポケーン・インディアンス英語版でプロデビュー。リリーフとして20試合に登板して2勝2敗3セーブ・防御率1.93・36奪三振の成績を残した。9月にAA級フリスコ・ラフライダーズへ昇格し、先発に転向。1試合に登板した。

2012年はA+級マートルビーチ・ペリカンズでプレーし、20試合に先発登板して5勝8敗・防御率2.82・112奪三振の成績を残した。6月にはカロライナリーグのオールスターチームに選出された[3]

カブス時代[編集]

2012年7月31日にライアン・デンプスターとのトレードで、クリスチャン・ビヤヌエバと共にシカゴ・カブスへ移籍した[4]。移籍後はA+級デイトナ・カブスでプレーし、5試合(先発4試合)に登板して1勝0敗・防御率4.24・11奪三振の成績を残した。

2013年はまずAA級テネシー・スモーキーズでプレーし、21試合に先発登板して10勝3敗・防御率1.85・101奪三振の成績を残した。8月にAAA級アイオワ・カブスへ昇格。6試合に先発登板して3勝1敗・防御率2.48・27奪三振の成績を残した。

2014年1月22日にはカブスの2013年度マイナーリーグ最優秀選手に選ばれた[5]。AAA級アイオワで開幕を迎え、17試合に先発登板。10勝5敗・防御率3.59・97奪三振の成績で、7月10日にカブスとメジャー契約を結んだ[6]。同日のシンシナティ・レッズ戦で先発起用されメジャーデビュー。6回を投げ、5安打4失点3四球7奪三振という内容だったが、勝ち負けは付かなかった[7]。7月22日のサンディエゴ・パドレス戦で初勝利。8月は4勝を挙げ、ナ・リーグルーキー・オブ・ザ・マンスに選出された。この年は13試合に先発登板し、7勝2敗・防御率2.46・WHIP1.08という好成績をマーク。シーズンオフのルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票では2ポイント獲得し、ナ・リーグ7位タイであった[8]

2015年は完全に先発ローテーションに定着し、32試合に登板。5月21日の対サンディエゴ・パドレス戦では、5安打7奪三振無四球の快投でメジャー初完封を記録[9]したが、シーズン全体では良い時と悪い時の調子の波が大きかった[10]。また、調子が良くて好投した試合で味方打線の援護が得られないケースが頻発した為、防御率3.95・8勝7敗・WHIP1.16という成績で勝ち運に恵まれなかった[10]

2016年は前半戦を防御率2.56の好成績で折り返した。後半戦では投球に一層の安定感が増し、9月12日の対セントルイス・カージナルス戦では8回までノーヒットピッチングを演じるなど、14試合で防御率1.68を記録した。シーズン通算では31試合に登板し190イニングを投げ、防御率2.13・16勝8敗・170奪三振・WHIP0.98を記録。同僚のジョン・レスターに0.31の差をつけて最優秀防御率のタイトルを獲得した。サイ・ヤング賞の投票では、マックス・シャーザー、レスターに次ぐ3位だった[11]

2017年は開幕から11試合で4勝3敗・防御率4.09と調子が上がらず、6月8日に右手中指の腱炎によって故障者リスト入りした[12]。7月24日の対シカゴ・ホワイトソックス戦で復帰し、それ以後は13試合で防御率2.19と好投を見せたが、シーズン通算では24試合先発で7勝5敗・防御率3.03で規定投球回にも届かなかった。

2019年3月26日、4年総額5550万ドルで契約を延長した。オプションとして2024年シーズンの契約の選択権を球団が所持する[13]。5月3日のカージナルス戦に81球で勝利しキャリア初のマダックス(成績)英語版を手にした。マダックスを意識していたため、「ラッキーだったよ。毎回、早めにコンタクトを取って、早めにアウトを取ろうとしている。こうなったら、『見て、やったぞ!』って言えるんだよ。」とコメントした[14]

2020年7月24日、自身初の開幕投手ミルウォーキー・ブルワーズに対して3安打(いずれも単打)・四死球なし・9奪三振・103球の圧巻の投球で完封勝利を記録した[15]。開幕戦での完封勝利はMLBではクレイトン・カーショウ以来7年ぶり、カブスではビル・ボナム英語版以来46年ぶりであった[16]

選手としての特徴[編集]

オーバースローから、平均88mph(142km/h)のシンカーを中心に、決め球である平均81mph(130km/h)のチェンジアップ、その他に平均89mph(143km/h)のフォーシーム、平均76mph(122km/h)カーブを使用する[18]速球の最速球速は2014年に93.2mph(150km/h)を計測している。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 CHC 13 13 0 0 0 7 2 0 0 .778 321 80.1 72 4 15 2 4 47 0 0 24 22 2.46 1.08
2015 32 32 1 1 1 8 7 0 0 .533 739 180.0 166 17 43 1 8 167 3 1 82 79 3.95 1.16
2016 31 30 2 1 0 16 8 0 0 .667 745 190.0 142 15 44 3 8 170 5 0 53 45 2.13 0.98
2017 24 24 0 0 0 7 5 0 0 .583 570 139.2 126 17 40 1 2 123 0 0 49 47 3.03 1.19
2018 33 33 0 0 0 14 11 0 0 .560 812 199.0 184 22 44 4 9 161 0 0 82 76 3.44 1.15
2019 30 30 1 1 1 11 10 0 0 .524 730 177.0 168 19 32 1 9 150 1 0 78 68 3.46 1.13
2020 12 12 1 1 0 6 5 0 0 .545 315 81.1 73 10 8 1 1 64 1 0 26 26 2.88 1.00
MLB:7年 175 174 5 4 2 69 48 0 0 .590 4232 1047.1 931 104 226 13 41 882 10 1 394 363 3.12 1.10
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

ポストシーズン投手成績[編集]


















































W
H
I
P
2015 CHC NLDS 1 1 0 0 0 0 ---- 18 4.2 4 3 0 0 0 7 0 0 3 3 5.79 0.86
NLCS 1 1 0 0 0 0 ---- 17 4.0 5 1 1 0 0 4 0 0 2 2 4.50 1.50
2016 NLDS 1 1 0 0 0 0 ---- 15 3.2 4 0 0 0 0 0 0 0 2 2 4.91 1.09
NLCS 2 2 1 1 0 0 .500 46 12.2 5 1 4 0 0 11 0 0 1 1 0.71 0.71
WS 2 2 0 0 0 0 ---- 39 9.0 10 0 3 0 1 8 0 0 2 1 1.00 1.44
2017 NLDS 2 2 1 0 0 0 1.000 49 11.0 11 2 4 1 1 13 0 0 4 4 3.27 1.36
NLCS 1 1 0 1 0 0 .000 23 5.0 6 2 1 0 0 5 0 0 4 3 5.40 1.40
2018 NLWC 1 0 0 1 0 0 .000 7 1.1 3 0 0 0 0 0 0 0 1 1 6.75 2.25
2020 NLWC 1 1 0 1 0 0 .000 28 6.1 5 1 3 0 1 3 0 0 3 3 4.26 1.26
出場:5回 12 11 2 4 0 0 .333 242 57.2 53 10 16 1 3 51 0 0 22 20 3.12 1.20
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2014 CHC 13 4 16 0 3 1.000
2015 32 17 29 0 2 1.000
2016 31 16 30 0 2 1.000
2017 24 17 29 1 3 .979
2018 33 13 31 1 3 .978
2019 30 10 29 2 0 .951
2020 12 7 13 0 0 1.000
MLB 175 84 177 4 13 .985
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 28(2014年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Kyle Hendricks Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2019年3月27日閲覧。
  2. ^ Explaining Cubs Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月29日閲覧
  3. ^ 2012 All-Star Rosters Announced”. MiLB.com (2012年6月11日). 2014年7月12日閲覧。
  4. ^ Cubs acquire righthander Kyle Hendricks and infielder Christian Villanueva from Texas”. MLB.com Cubs Press Release (2012年7月31日). 2014年7月12日閲覧。
  5. ^ Josh Jackson (2014年1月22日). “Hendricks balanced pro ball, Ivy League”. MiLB.com. 2014年7月12日閲覧。
  6. ^ Cubs select RHP Kyle Hendricks from Triple-A Iowa, option RHP Dallas Beeler to Iowa”. MLB.com Cubs Press Release (2014年7月10日). 2014年7月12日閲覧。
  7. ^ Scores for Jul 10, 2014”. ESPN MLB (2014年7月10日). 2014年7月12日閲覧。
  8. ^ 2014 Awards Voting - NL Rookie of the Year Voting - Baseball-Reference.com (英語) . 2016年5月5日閲覧。
  9. ^ Kyle Hendricks 2015 Pitching Gamelogs - Baseball-Reference.com (英語) . 2016年5月5日閲覧。
  10. ^ a b 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2016』廣済堂出版、2016年、366頁。ISBN 978-4-331-52002-4。
  11. ^ 2016 Awards Voting”. 2020年8月15日閲覧。
  12. ^ カブス・ヘンドリックスがDL入り”. サンスポ.com (2017年6月9日). 2017年11月6日閲覧。
  13. ^ Kyle Hendricks contract extension with Cubs” (英語). MLB.com. 2019年3月26日閲覧。
  14. ^ Sharma, Sahadev. “‘Look, I did it!’: Kyle Hendricks throws an 81-pitch...”. The Athletic. 2019年5月6日閲覧。
  15. ^ カブス・ヘンドリックス、初の開幕投手で3安打完封”. 日刊スポーツ (2020年7月25日). 2020年8月15日閲覧。
  16. ^ MLB Opening Day facts to know” (英語). MLB.com (2020年7月25日). 2020年8月15日閲覧。
  17. ^ Kyle Hendricks ≫ PitchFx ≫ Overview”. FanGraphs.com. 2017年8月23日閲覧。
  18. ^ 各球種の平均球速は2016年シーズンに基づく。[17]

関連項目[編集]