カイル・ラーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
カイル・ラーソン
TSM350 - 2015 - Kyle Larson - Stierch 01.jpg
生誕 カイル・ミヤタ・ラーソン
(1992-07-31) 1992年7月31日(27歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州エルクグローブ
表彰 2012 NASCAR K&N Pro Series East Rookie of the Year
2013 Nationwide Series Rookie of the Year
2014 Sprint Cup Series Rookie of the Year
モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズでの経歴
車番-チーム No.42
チップ・ガナッシ・レーシング
2016年の順位 9th
最高位 9th (2016)
初戦 2013 Bank of America 500
(シャーロット)
初勝利 2016 Pure Michigan 400
(ブルックリン)
最終勝利 2017 Auto Club 400
(フォンタナ)
優勝数 10位以内 PP
2 48 2
NASCARエクスフィニティ・シリーズでの経歴
車番-チーム No.40
チップ・ガナッシ・レーシング
2016年の順位 87th
最高位 8th (2013)
初戦 2013 DRIVE4COPD 300
(デイトナ)
初勝利 2014 TreatMyClot.com 300
(フォンタナ)
最終勝利 2017 Service King 300
(フォンタナ)
優勝数 10位以内 PP
6 65 2
NASCARガンダー・アウトドアーズ・トラック・シリーズでの経歴
2016年の順位 82nd
最高位 35th (2012)
初戦 2012 UNOH 225
(ケンタッキー)
初勝利 2013 North Carolina Education Lottery 200
(ロッキンガム)
最終勝利 2016 Aspen Dental Eldora Dirt Derby
(エルドラ)
優勝数 10位以内 PP
2 10 2
2017 Food City 500 End.現在。

カイル・ミヤタ・ラーソン(Kyle Miyata Larson, 1992年7月31日 [1] - )は日系アメリカ人(母親が日本人)[2]ストックカーレーシングドライバー

2017年現在、チップ・ガナッシ・レーシングよりモンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズにカーナンバー42でフル参戦中。

2013年のNASCARネイションワイドシリーズ及び2014年のスプリントカップ・シリーズでルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞。

また、2015年のデイトナ24時間レースに同じくチップ・ガナッシ・レーシングより参戦して優勝している。

略歴[編集]

カリフォルニア州エルクグローブ出身[1]

2013年、ターナー・スコット・モータースポーツからNASCARネイションワイド・シリーズにフル参戦。日系人としては初のNASCAR参戦であった。同年、スプリントカップ・シリーズにフェニックス・レーシングから第32戦シャーロットより全4戦にスポット参戦する。

2014年、チップ・ガナッシ・レーシングに移籍し、スプリントカップ・シリーズにフル参戦する。チャンピオンシップ17位と好成績を収め、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞。

2015年デイトナ24時間レースに参戦し優勝。この時のチームメイトはスコット・ディクソントニー・カナーンジェイミー・マクマレーとラーソン、チップ・ガナッシ・レーシング所属のインディカー・シリーズとNASCARのドライバーであった。

2016年、第24戦ブルックリンでカップ戦初勝利を挙げる[3]。この勝利によりチェイス・フォー・スプリントカップ進出を果たすが、続くラウンドオブ16では14位に終わり、ラウンドオブ8に進出することができずチャンピオンシップ敗退となった。

2017年シーズンでは第2戦アトランタから3戦連続の2位[4][5][6]、続く第5戦フォンタナではカップ戦2勝目となる優勝を手にする[7]。その後、第15戦ブルックリン[8]、第23戦ブルックリン[9]、第26戦リッチモンド[10]と勝利を重ね、レギュラーシーズン4勝でプレーオフ進出を果たす。

2020年4月12日に行われたバーチャルレース『モンツァ・マッドネス・iレーシング』の試合中、指示役との交信が途切れ、その後ヘッドホン越しでのマイクチェック中のやり取りにおいてNワードを発した。このやり取りはライブ配信されていたため、多くの視聴者に聴取される結果になった。ラーソンは後に「自分のミスである」と謝罪したものの、事態を重く見たNASCARはラーソンを無期限の出場停止処分にすると同時に、復帰には差別の基礎知識を習得するプログラムの受講が必要との判断を下した。さらに個人スポンサー企業だったマクドナルドクレジット・ワン・バンク英語版も今回の発言を問題視し、スポンサーを降板[2]。さらにチームも解雇される事態にまで発展した[11]

戦績[編集]

NASCAR[編集]

(key) (Bold – Pole position awarded by qualifying time. Italics – Pole position earned by points standings or practice time. * – Most laps led.)

モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ[編集]

デイトナ500[編集]
Year Team Manufacturer Start Finish
2014 チップ・ガナッシ・レーシング シボレー 16 38
2015 29 34
2016 14 7
2017 16 12

エクスフィニティ・シリーズ[編集]

キャンピング・ワールド・トラック・シリーズ[編集]

* Season still in progress
1 Ineligible for series points

ARCA Racing Series[編集]

(key) (Bold – Pole position awarded by qualifying time. Italics – Pole position earned by points standings or practice time. * – Most laps led.)

WeatherTech SportsCar Championship[編集]

(key)

デイトナ24時間レース[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Kyle Larson”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年4月27日閲覧。
  2. ^ a b “人気カーレースの日系ドライバーが暴言で処分 バーチャルレースで差別的発言”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2020年4月14日). https://www.sponichi.co.jp/car/news/2020/04/14/kiji/20200414s00045000181000c.html 2020年4月20日閲覧。 
  3. ^ 2016 Pure Michigan 400”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年9月22日閲覧。
  4. ^ 2017 Folds of Honor Quicktrip 500”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年9月22日閲覧。
  5. ^ 2017 Kobalt 400”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年9月22日閲覧。
  6. ^ 2017 Camping World 500”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年9月22日閲覧。
  7. ^ 2017 Auto Club 400”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年9月22日閲覧。
  8. ^ 2017 Firekeepers Casino 400”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年9月22日閲覧。
  9. ^ 2017 Pure Michigan 400”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年9月22日閲覧。
  10. ^ 2017 Federated Auto Parts 400”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年9月22日閲覧。
  11. ^ “NASCAR:eスポーツで人種差別発言のカイル・ラーソンが解雇に。マクドナルドも契約解除”. auto sport web. (2020年4月15日). https://www.as-web.jp/overseas/580435?all 2020年7月7日閲覧。 
  12. ^ Kyle Larson – 2013 NASCAR Sprint Cup Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年4月27日閲覧。
  13. ^ Kyle Larson – 2014 NASCAR Sprint Cup Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年4月27日閲覧。
  14. ^ Kyle Larson – 2015 NASCAR Sprint Cup Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年4月27日閲覧。
  15. ^ Kyle Larson – 2016 NASCAR Sprint Cup Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年4月27日閲覧。
  16. ^ Kyle Larson – 2017 Monster Energy NASCAR Cup Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年4月27日閲覧。
  17. ^ Kyle Larson – 2013 NASCAR Nationwide Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年4月27日閲覧。
  18. ^ Kyle Larson – 2014 NASCAR Nationwide Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年4月27日閲覧。
  19. ^ Kyle Larson – 2015 NASCAR Xfinity Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年4月27日閲覧。
  20. ^ Kyle Larson – 2016 NASCAR Xfinity Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年4月27日閲覧。
  21. ^ Kyle Larson – 2017 NASCAR Xfinity Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年4月27日閲覧。
  22. ^ Kyle Larson – 2012 NASCAR Camping World Truck Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年4月27日閲覧。
  23. ^ Kyle Larson – 2013 NASCAR Camping World Truck Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年4月27日閲覧。
  24. ^ Kyle Larson – 2014 NASCAR Camping World Truck Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年4月27日閲覧。
  25. ^ Kyle Larson – 2015 NASCAR Camping World Truck Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年4月27日閲覧。
  26. ^ Kyle Larson – 2016 NASCAR Camping World Truck Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年4月27日閲覧。
  27. ^ Kyle Larson – 2012 ARCA Racing Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年4月27日閲覧。
  28. ^ Kyle Larson – 2013 ARCA Racing Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年4月27日閲覧。
  29. ^ Kyle Larson – 2014 ARCA Racing Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年4月27日閲覧。
  30. ^ Kyle Larson – 2014 Tudor United SportsCar Championship Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年4月27日閲覧。
  31. ^ インディカードライバー、ダリオ・フランキッティの弟
  32. ^ Kyle Larson – 2015 Tudor United SportsCar Championship Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年4月27日閲覧。
  33. ^ Kyle Larson – 2016 Weathertech SportsCar Championship Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年4月27日閲覧。