カイル・ルイス (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カイル・ルイス
Kyle Lewis
シアトル・マリナーズ #30
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州グウィネット郡スネルビル英語版
生年月日 (1995-07-13) 1995年7月13日(24歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2016年 MLBドラフト1巡目
初出場 2019年9月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

カイル・アレクサンダー・ルイスKyle Alexander Lewis, 1995年7月13日 - )は、 アメリカ合衆国ジョージア州グウィネット郡スネルビル英語版出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。MLBシアトル・マリナーズ所属。

経歴[編集]

2016年MLBドラフト1巡目(全体11位)でシアトル・マリナーズから指名され[1]、プロ入り。また、直後に同年のゴールデンスパイク賞に選出された(この年の大学での成績は、61試合に出場で打率.395、20本塁打、72打点、6盗塁)[2]。契約後、傘下のA-級エバレット・アクアソックスでプロデビュー。30試合に出場して打率.299、3本塁打、26打点、3盗塁を記録した。

2017年にMLB.comが発表したプロスペクト英語版ランキングでは29位(シーズン終了後には42位にランク)、マリナーズの組織内では1位にランクインした[3][4]。シーズンではルーキー級アリゾナリーグ・マリナーズとA+級モデスト・ナッツでプレーし、2球団合計で49試合に出場して打率.257、7本塁打、31打点、3盗塁を記録した。

2018年はA+級モデストとAA級アーカンソー・トラベラーズでプレーし、2球団合計で86試合に出場して打率.244、9本塁打、52打点、1盗塁を記録した。また、7月にはオールスター・フューチャーズゲームのアメリカ合衆国選抜に選出された[5]

2019年、マイナーではAA級アーカンソーでプレーし、122試合に出場して打率.263、11本塁打、62打点、3盗塁を記録した。9月10日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[6]。メジャーデビューとなった同日のシンシナティ・レッズ戦にて「6番・右翼手」で先発出場すると、5回裏にトレバー・バウアーからメジャー初安打となる本塁打を放った[7]

プレースタイル[編集]

5ツールプレイヤー中堅手で、長打力が最大の売り[8]You Tubeで研究するほど、同じく身体能力の高いアダム・ジョーンズのファンである[9]

詳細情報[編集]

記録[編集]

MiLB

背番号[編集]

  • 30(2019年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Greg Johns (2016年6月9日). “Seattle drafts Mercer OF Lewis in first round” (英語). MLB.com. 2017年12月26日閲覧。
  2. ^ Mariners draft pick Kyle Lewis winner of Golden Spikes award” (英語). ESPN (2016年7月1日). 2017年12月26日閲覧。
  3. ^ 2017 MLB Prospects Watch – 100 Prospects. MLB.com. Retrieved on December 26, 2017.
  4. ^ 2017 MLB Prospects Watch – Seattle Mariners Top 30 Prospects list. MLB.com. Retrieved on December 26, 2017.
  5. ^ Jim Callis (2018年7月6日). “Futures Game rosters packed with prospects” (英語). MLB.com. 2019年9月11日閲覧。
  6. ^ Greg Johns (2019年9月11日). “Mariners call up top prospects Dunn, Lewis” (英語). https://www.mlb.com/news/justin-dunn-kyle-lewis-called-up 2019年9月11日閲覧。 
  7. ^ Greg Johns (2019年9月11日). “Lewis' 1st homer 'like an out-of-body experience'” (英語). MLB.com. 2019年9月11日閲覧。
  8. ^ 「2017 - 2021 全30球団未来予想図 シアトル・マリナーズ」『隔月刊スラッガー』2017年3月号 日本スポーツ企画出版社 48頁
  9. ^ 「2017プロスペクト・ランキングTOP100」『隔月刊スラッガー』2017年5月号 日本スポーツ企画出版社 36頁

関連項目[編集]