カイロ会談

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カイロ会談に参加している蒋介石フランクリン・ルーズベルトウィンストン・チャーチル、1943年11月25日。

カイロ会談(カイロかいだん、英語: Cairo Conference)、またはセクスタント作戦(セクスタントさくせん、: Operation Sextant[1])は第二次世界大戦中の1943年11月22日から11月26日にかけてエジプト王国カイロで行われた会談。連合国の対大日本帝国方針と戦後のアジアに関する決定がなされた。

概要[編集]

カイロ会談は三大ピラミッド近くにあるエジプト駐在アメリカ大使アレクサンダー・カーク英語版の邸宅で行われ[2]、会談の参加者はアメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズベルトイギリスの首相ウィンストン・チャーチル中華民国国民政府主席蒋介石の3人だった。ソビエト連邦の指導者ヨシフ・スターリンはソ連と日本の関係を配慮して、蒋介石との面会を回避したため会談には参加しなかった(1941年の日ソ中立条約では5年間の相互不可侵が定められており、1943年時点では中華民国、イギリス、アメリカが日本との戦争状態に突入していたが、ソ連と日本の間は戦争状態ではなかった)。

アメリカはフランスがインドシナを取り戻すのを望まなかったため、蒋介石にフランス領インドシナの支配権を与えようとしたが拒否された[3]

1943年11月27日にカイロ宣言が発された後、12月1日にはラジオを通じて「カイロ・コミュニケ」(Cairo Communiqué)が発され[4]、連合国が日本の無条件降伏まで軍の配備を続ける(軍事行動を継続する)と宣言した。カイロ宣言では三大国(米英中)が戦争を通じて日本の野心を挫け、懲罰しようとし、自身は利益を受けず戦後に領土拡張に加わることもないと宣言、「日本は1914年の第一次世界大戦開戦以来太平洋で奪取、占領した全ての島嶼を没収される」、「日本が中国人から盗んだ、満州台湾澎湖を含む全ての領土は中華民国に返還される」と述べた。また、日本は暴力と貪欲で奪取した全ての領土から排除され、「朝鮮は適当な時に自由と独立を得る」とも述べた。

カイロ会談の終結から2日後、スターリンはイラン帝国テヘランでルーズベルトとチャーチルと会談した(テヘラン会談)。

脚注[編集]

  1. ^ Churchill, Winston Spencer (1951). The Second World War: Closing the Ring. Houghton Mifflin Company, Boston. pp. 642. 
  2. ^ Busch, Noel F. (August 13, 1945). “Alexander Kirk” (英語). LIFE. https://books.google.com/books?id=1UkEAAAAMBAJ&pg=PA80 2011年1月23日閲覧。. 
  3. ^ Indochina, France, and the Viet Minh War, 1945-1954: Records of the U.S. State Department, Part 1: 1945-1949”. 2018年11月10日閲覧。
  4. ^ カイロ宣言 1943年12月1日” (日本語). 国立国会図書館. 2018年12月22日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]