カゲテレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カゲテレ
ジャンル 情報音楽番組
企画 The Shadow
出演者 手話ロックバンド BRIGHT EYES super-duper
手話バンド こころおと
deLuxe ICHIMON
ネリチャギ
ゴンガーシホ
奥西菓折
Mielsrash
ほか
オープニング YU-Ki HARA「心的影
製作
プロデューサー TETSU
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2003年10月 - 2014年4月
公式サイト

特記事項:
聴覚障害者と健聴者が同じ空間で同じ様に音楽を楽しむイベント『ぶるぶるきちゃうぜっ!!!』は、世界的にも珍しい画期的なイベントとして催された[1]
テンプレートを表示

The Shadow's TV』(略称:カゲテレ)は、ケーブルテレビとインターネットサイトで、2003年10月から2014年4月 まで放送されていた情報・バラエティ番組 ・音楽番組[2]

概要[編集]

カゲテレ」は、The Shadow's TVの略称。東海地方を中心に活動しているインディーズまたはアマチュアミュージシャンを紹介してゆく音楽番組。ケーブルテレビとインターネットサイトで、2003年〜2014年放送された。毎月1回音楽イベントを開催し収録、翌月に放送された。プロミュージシャンに比べ世間の目に触れる事が少ないインディーズまたはアマチュアミュージシャンに、公共の電波を使って活動の場を提供する事が目的。番組の主旨に賛同したプロミュージシャンも多数出演。2014年プロデューサーの病気により番組継続が不可能となり、打ち切りとなった[3]

ライブ出演者[編集]

手話ロックバンド BRIGHT EYES super-duper[4]
手話バンドこころおと[5]
deLuxe ICHIMON[6]
theSing2YOU
Yo-Ryo
LINEN
ストロベリーフライロケッツ
ゴンガーシホ[7]
Low Down[8]
La-Vie.[9]
Lunakate[10]
Another World[11]
AZURE[12]
SPYAIR
織姫よぞら[13]
奥西菓折[14]
Mielsrash[15]
caMin
Crazy Pink
B.S.R.
平野達也
カゴメトヴィオロン[16]
アズワン
ほか[17]

インタビュー出演者[編集]

speena
倉橋ヨエコ
I×Q
GOOD BYE APRIL
洪栄龍
ほか[18]

番組内コーナー「Mielsrash.coi!」[編集]

アマチュアバンドが放送地域を訪ね歩き、バンドの紹介チラシを1000枚配りきるまでのドキュメンタリー。インディーズミュージシャンとまちづくりコラボレーションを実現した企画[19]

番組内コーナー「ネリチャギ裏街道」[編集]

プロミュージシャン「ネリチャギ」によるコーナー[20]

番組内コーナー「やらっせ戦隊マグトーチ」[編集]

インディーズバンドが番組からの指令を受け放送地域内の施設やお店を紹介してゆくコーナー。打ち合せ無しで番組からの指令を遂行する部分がみどころ[21]

番組内コーナー「カゲテレコレクション」[編集]

毎月、メジャーレコード会社の担当者から、前月の放送の中から気になったミュージシャンに対しコメントをもらえるコーナー[22]

番組内コーナー「プリンスバラエティー」[編集]

インディーズミュージシャンが、地域活性化をコンセプトに施設や観光名所をロケ場所とし、ミュージックビデオを作るというミュージシャンのプロモーションと地域活性化のコラボレーションを実現させたコーナー[23]

番組内コーナー「ゴンガーシホのフルスロットル」[編集]

プロミュージシャンspeenaのギタリストでもあったゴンガーシホが、お薦めスポットや仲間、先輩アーティストの方々を紹介してゆく。ジャンルはミュージシャンにとどまらない。バイクレーサーのバレンティーノ・ロッシも登場[24]

番組内コーナー「GO!GO!カスガイガー」[編集]

春日井市の非公認ローカルヒーローが、さまざまな地域や施設を訪ね歩く。「Mielarash.coi!」「やらっせ戦隊マグトーチ」の主旨を受け継いだコーナー[25]

放送局[編集]

『The Shadow’s TV』ケーブルテレビインターネット放送局
放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・時間[26]
愛知県 ひまわりケーブルテレビ(ひまわりチャンネル) ひまわりケーブルテレビ
愛知県 ひまわりケーブルテレビ(さんさんチャンネル) ひまわりケーブルテレビ
愛知県 ひまわりケーブルテレビ(メープルチャンネル) ひまわりケーブルテレビ
愛知県 グリーンシティケーブルテレビ グリーンシティケーブルテレビ
愛知県 豊橋ケーブルネットワーク[27] 豊橋ケーブルネットワーク
愛知県 ICC ICC
愛知県 CCNet豊川局 CCNet
岐阜県 CCNet本巣局 CCNet
岐阜県 CCNet養老局 CCNet
静岡県 御前崎ケーブルテレビ 御前崎ケーブルテレビ
インターネットサイト マイアットタウン
インターネットサイト The Shadow’s TV X

スタッフ[編集]

  • 監督:TETSU
  • 技術:The Shadow
  • アーティストブッキング:TETSU
  • イベント企画・運営:The Shadow
  • ナビゲーター:deLuxe ICHIMON、Yo-Ryo、和合麻美、など[28]
  • 制作著作:The Shadow’s TV[29]

テーマ曲[編集]

付記事項[編集]

マスコットキャラクター[編集]

コーナー「ネリチャギ裏街道」の中で、「カゲテレ君」とその妹「カゲミちゃん」が考案されたが、最終回を迎えても非公認のまま[30]

脚注[編集]

  1. ^ The Shadow's TV公開録画番外篇 ぶるぶるきちゃうぜっ!のご案内 影的電交録、2014年8月01日閲覧。
  2. ^ 超ローカルな音楽番組のはずが… note、2019年8月2日閲覧。
  3. ^ カゲテレ打ち切り! 影的電交録、2014年3月10日閲覧。
  4. ^ [1]ろう(聴覚障害)者との出会い/ぶるきちゃライブ・その軌跡<1>、2018年1月29日閲覧。
  5. ^ [2]ちょっと欲張り過ぎました/ぶるきちゃライブ・その軌跡<12>、2019年7月31日閲覧。
  6. ^ [3]名護屋アイリお嬢追っかけブログ新生deLuxeICHIMON復活そして世界へ、2014年5月12日閲覧。
  7. ^ [4]ぶるぶるきちゃうぜっ!!!Vol.8、2014年3月9日閲覧。
  8. ^ [5]ARBのアノ人がついに登場!、2015年2月3日閲覧。
  9. ^ [6]5時間、2010年4月19日閲覧。
  10. ^ [7]健聴者とろう(聴覚障害)者で「音楽」を楽しむライブイベント、2014年7月31日閲覧。
  11. ^ [8]AnotherWorld20140208Live、2014年5月20日閲覧。
  12. ^ [9]カゲテレ10月号へのコメント、2006年10月12日閲覧。
  13. ^ [10]The Shadow's TV 公開録画 「カゲテレ VS モンローライド」、2006年2月14日閲覧。
  14. ^ [11]クランクイン、2006年11月21日閲覧。
  15. ^ [12]サミィエル・J・サミィルスティーン、2013年2月23日閲覧。
  16. ^ [13]シャペロンルージュのいろは飴、2014年1月12日閲覧。
  17. ^ [14] 影的電交録、2014年9月15日閲覧。
  18. ^ ギタリスト洪栄龍さんの取材! 影的電交録、2014年9月13日閲覧。
  19. ^ 豊川の絶品いなり寿司!豊川市門前町・豊川稲荷前 情報コミュニティサイトマイアットタウン、2014年12月05日閲覧。
  20. ^ 再生リスト作りました! 影的電交録、2014年9月18日閲覧。
  21. ^ CLUB 3 STARカゲテレライブ終了! 秋葉そろばん教室、2014年9月18日閲覧。
  22. ^ カゲテレ2月号のコメントを頂きました! 影的電交録、2014年5月11日閲覧。
  23. ^ 再生リスト作りました! 影的電交録、2014年9月18日閲覧。
  24. ^ [15]ゴンガーシホのフルスロットル、2014年9月18日閲覧。
  25. ^ 再生リスト作りました! 影的電交録、2014年9月18日閲覧。
  26. ^ [16] 影的電交録、2014年9月15日閲覧。
  27. ^ [17]ティーズチャンネル、2016年3月12日閲覧。
  28. ^ [18]カゲテレ新ナビゲーターの収録! 影的電交録、2010年8月24日閲覧。
  29. ^ [19] 影的電交録、2013年8月23日閲覧。
  30. ^ 再生リスト作りました! 影的電交録、2014年9月18日閲覧。