カザフスタン共和国安全保障会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

カザフスタン共和国安全保障会議(カザフスタンきょうわこくあんぜんほしょうかいぎ)は、国家安全保障分野において組織・調整活動を行うカザフスタン共和国大統領附属の合議制機関である。 ロシア語でСовет Безопасности Республики Казахстана。

安全保障会議は、主要閣僚と関係機関トップで構成され、初代大統領のヌルスルタン・ナザルバエフが議長を務める[1]。会議は、3ヶ月に1回以上行われることになっている。安全保障会議の決定は、出席した常任議員及び議員総数の単純多数決により採択され、大統領令又は政府決定により正文化される。

歴史[編集]

1991年8月21日、カザフ・ソビエト社会主義共和国安全保障会議が設置された。1993年6月17日、カザフスタン共和国安全保障会議に改称。1994年6月、安全保障会議書記職が設置された。

議員[編集]

議長
  • ヌルスルタン・ナザルバエフ(終身議長)
常任議員
議員
  • 内務相
  • 上院議長
  • 下院議長
  • 財務相
  • 対外諜報庁長官
  • 国防第一次官

歴代書記[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ カザフ大統領、電撃の辞任発表 約30年政権握る”. AFP (2019年3月20日). 2019年3月19日閲覧。