カステッロ・プラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1660年に作成された地図原本。
1660年のニューアムステルダムのカステロ・プランの再版。en:John Wolcott Adamsおよびen:Isaac Newton Phelps Stokesによって1916年に描きなおされた。

カステロ・プラン (Castello Plan) は、ロウアー・マンハッタンの初期の地図である。当時の呼び名でニューアムステルダム(後にイギリス植民地によってニューヨーク市と改名された)の測量技師であったen:Jacques Cortelyouによって1660年から作成された。

1667年頃、地図製作者en:Joan Blaeuがそのプランを手書きのニューアムステルダムの描写とともに地図帳として製本した。この地図帳はコジモ3世に売却された。このような取引はアムステルダムではよくあることだった。Blaeuがニューネーデルラントの地に立ったことがあるかは未だ確証されていない。

この地図帳はイタリアへと渡り、フィレンツェ近郊のVilla di Castelloで1900年に発見された。1916年に再版され、こうして現在の名前が付けられた。

これは、I. N. Phelps Stokesによる全6巻の調査マンハッタン島の図像 (en) の第2巻に広く収録されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]