カタル性炎症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

カタル性炎症(カタルせいえんしょう)は、粘膜滲出性炎症。粘液の分泌が亢進する。

消化管鼻腔気管支などの粘膜の表層に炎症が起きた際、同時に粘液の分泌が亢進し、著明な粘膜上皮の剥離が起きる。

カタル性炎症には胃で起こる急性胃炎、気管支で起こる気管支カタル、大腸で起こる大腸カタルなどがある。

関連項目[編集]