カタール・リヤル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

カタール・リヤル(アラビア語:ريال قطري リヤール・カタリー、英語:Qatari Riyal)はカタールの通貨単位で、QRまたはQARで記される。 補助単位はディルハム(Dirham)で、1リヤル=100ディルハム。

歴史[編集]

1966年まで、カタールでは通貨として「湾岸ルピー」としてのインド・ルピーが使われていた。インドがルピーの通貨切り下げを行った際、カタールを初めとした湾岸諸国は独自通貨の導入を試みた。カタールはまずサウジアラビア・リヤル(Saudi Riyal)を導入した後、カタール・ドバイ・リヤル(Qatar and Dubai Riyal)を導入。サウジアラビア・リヤルは1.065ルピー、カタール・ドバイ・リヤルは切り下げ前の1ルピーと同価とされた。

1973年までは、カタールとドバイはリヤルを共同で発行していた。しかしドバイがアラブ首長国連邦に参加したため、カタールは単独でカタール・リヤルを発行することとなった。

固定相場制度[編集]

1975年3月より、カタール・リヤルは公式的にIMF(国際通貨基金)の特別引出権(Special Drawing Rights、SDR)にペッグしている。実際には、1980年以来1USドル=3.64リヤル、つまり1リヤル=0.274725USドルで固定されている。このレートは2001年7月に公式になった。

紙幣[編集]

紙幣は1、5、10、50、100、500リヤルの6種類。カタール中央銀行(QCB)が発行している。現在は2003年6月15日より発行している第4版(2007年9月一部改訂)が流通している。2007年の改訂では、偽造防止技術として、コーナーストーン透かしや幅の広いオプティクス安全線、ホログラムなどが追加された。

表面のデザインは色と細部を除きアーチアラベスクなどの構成はおおよそ共通で、新月刀を交差させ、その上にダウ船椰子の木のある島が浮かんでいるカタールの国章があしらわれている。

第4版(2003年シリーズ)
画像 額面 主色 図柄
1リヤル 装飾柱、アーチ門、国章 カンムリヒバリハチクイメダイチドリ透かしハヤブサの頭
5リヤル 装飾柱、アーチ門、国章 アラビアオリックスヒトコブラクダドーハのカタール国立博物館(旧シャイフ・アブドラ・ビン・ムハマンド宮殿)、透かしハヤブサの頭
10リヤル オレンジ 装飾柱、アーチ門、国章 伝統的なダウ船、ホール・アル・ウデイドの砂丘透かしハヤブサの頭
50リヤル 装飾柱、アーチ門、国章 カタール中央銀行、ドーハ・コルニッシュのカキ真珠モニュメント、透かしハヤブサの頭
100リヤル 装飾柱、アーチ門、国章 ドーハのグランドモスク、アル・シャカブ研究院、透かしハヤブサの頭
500リヤル 装飾柱、アーチ門、国章 首長の館(Diwan Amiri)、透かしハヤブサの頭

紙幣イメージ:カタール中央銀行 第四版紙幣見本

硬貨[編集]

硬貨は 5、10、25、50ディルハムの4種類があるが、実際に多く流通しているのは25、50ディルハムである。

関連項目[編集]

  • カタール中央銀行(Qatar Central Bank)
  • 湾岸協力会議(Cooperation Council for the Arab States of the Gulf、GCC)
カタール・ドバイ・リヤル
先代:
サウジアラビア・リヤル
理由:独自の通貨を持つため
比率:1.065 カタール・ドバイ・リヤル = 1 サウジアラビア・リヤル もしくは 1 カタール・ドバイ・リヤル = 1 湾岸ルピー(平価切り下げ以前の)
カタールの通貨
1966 – 1973
次代:
カタール・リヤル
理由:ドバイが使用停止したため
比率:等価
トルーシャル・ステート(アブダビ除く)の通貨
1966 – 1973
次代:
UAEディルハム
理由:UAE結成のため (1971年)
比率:等価
カタール・リヤル
先代:
カタール・ドバイ・リヤル
理由:ドバイが使用停止したため
比率:等価
カタールの通貨
1973 –
次代:
現在