カッサダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カッサダム
カッサダム
左岸所在地 新潟県南魚沼郡湯沢町大字三俣
右岸所在地 新潟県南魚沼郡湯沢町大字三俣
位置
河川 信濃川水系カッサ川
ダム湖 田代湖
(カッサ調整池)
ダム諸元
ダム型式 中央土質遮水壁型
ロックフィルダム
堤高 90.0 m
堤頂長 487.0 m
堤体積 4,450,000
流域面積 4.5 km²
湛水面積 66.0 ha
総貯水容量 13,500,000 m³
有効貯水容量 11,400,000 m³
利用目的 発電
事業主体 電源開発
電気事業者 電源開発
発電所名
(認可出力)
奥清津発電所
(1,000,000kW)
奥清津第二発電所
(600,000kW)
施工業者 鹿島建設
着工年/竣工年 1972年/1978年
備考 [1]
テンプレートを表示

カッサダムは、新潟県南魚沼郡湯沢町信濃川水系カッサ川(勝沢川)に建設されたダム。高さ90メートルのロックフィルダムで、電源開発(Jパワー)の大規模揚水水力発電所、奥清津発電所ならびに奥清津第二発電所の上池を形成。下池・二居ダム(二居調整池)との間でを往来させ、最大160万キロワットの電力を発生する。ダム湖(人造湖)の名は田代湖(たしろこ)という。

周辺[編集]

Okky(オッキー)こと奥清津発電所は二居ダムも含め比較的自由に見学できることが特色の一つであるが、これとは対照的にカッサダムは一般の立ち入りが制限されている。国道17号から分岐しカッサ川に沿って敷かれた道はカッサダムに至る手前に設けられたゲートによってふさがれており、近付くことはできない。周辺はかぐらスキー場の田代ゲレンデである。


カッサ川ダム[編集]

カッサダムの下流にはカッサ川ダムがある。高さ20.5メートルのアーチ式コンクリートダムで、水力発電用として建設された。カッサダムよりも古く1958年(昭和33年)に完成、以来東京電力が管理している。ダム湖にはカッサ川の水に加え、二居ダムの上流、清津川や浅貝川などといった支流から取り入れた水を注がせており、下流の清津川発電所に送水し最大1万6,000キロワットの電力を発生する。

カッサ川ダム
カッサ川ダム
所在地 左岸:
新潟県南魚沼郡湯沢町大字三俣
位置 北緯36度52分59秒
東経138度45分34秒
河川 信濃川水系カッサ川
ダム湖
ダム諸元
ダム型式 アーチ式
コンクリートダム
堤高 20.5 m
堤頂長 98.8 m
堤体積 5,000
流域面積 112 km²
湛水面積 1.0 ha
総貯水容量 104,000 m³
有効貯水容量 70,000 m³
利用目的 発電
事業主体 東京電力
電気事業者 東京電力
発電所名
(認可出力)
清津川発電所
(16,000kW)
施工業者 前田建設工業
着工年/竣工年 1957年/1958年
備考 [2]
テンプレートを表示

脚注[編集]

  1. ^ 画像は国土交通省、国土画像情報(カラー空中写真)より作成したカッサダム空中写真(1976年度撮影)。
  2. ^ 画像は国土交通省、国土画像情報(カラー空中写真)より作成したカッサ川ダム空中写真(1976年度撮影)。

関連項目[編集]