カツトクシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カツトクシン
欧字表記 Katsu Tokushin[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 黒鹿毛[1]
生誕 1985年4月18日[1]
死没 不明
登録日 1987年9月17日
抹消日 1990年10月20日
タケシバオー[1]
タケワカ[1]
母の父 ネヴァービート[1]
生国 日本の旗 日本北海道沙流郡[1]
生産 赤石牧場[1]
馬主 渡辺典六[1]
調教師 安田伊佐夫栗東
→秋田利行(道営
→田部和則(道営)
[1]
競走成績
生涯成績 10戦5勝[1]
獲得賞金 9733万5000円[1]
 
勝ち鞍
GIII 愛知杯 1988年
GIII 金杯(西) 1989年
テンプレートを表示

カツトクシン[1]日本競走馬。おもな勝ち鞍は愛知杯金杯(西)。馬名の由来は冠名「カツ」に方位神のひとつ「歳徳神」。

戦績[編集]

脚部が弱く、そのためデビューは1988年6月中京開催までずれ込む。しかし父譲りの逃げ脚を発揮しデビュー戦を飾ると、その後も条件戦を勝ち上がり、秋には菊花賞に出走した。

まだ準オープン馬のため10番人気と低評価であったが、第4コーナーまで先頭をキープし、6着と健闘。続く愛知杯では軽ハンデ53キロと距離短縮を味方に、スタートからゴールまで先頭で逃げ切り、重賞を初制覇した。この時の優勝タイム1分58秒2は、1998年サイレンススズカに破られるまで中京競馬場芝2000mのレコードとして残った。

年明けの金杯(西)では、デビュー以来初めて他馬に先頭を譲り、2番手でレースを進めた。しかし直線入り口で先頭に立って押し切り、重賞2連勝となる。なお、この2日後の1月7日元号が平成に改元されたため、同馬が昭和最後の重賞勝利馬となっている。

このまま古馬中距離戦線の有力馬に名を連ねるかと思われたが、単勝1.2倍の1番人気に支持された中日新聞杯で6着敗退。競走後に重度の屈腱炎を発症した。1990年に中央競馬の登録を抹消しホッカイドウ競馬へ移籍したが、1991年帯広競馬場で1戦したのみで、長期療養の甲斐なく現役引退となった。

引退後は父タケシバオーの後継種牡馬として静内大典牧場で繋養されたが産駒から活躍馬は出せず、1998年12月1日付けで用途変更となり、種牡馬からも引退となった。

競走成績[編集]

以下の内容は、netkeiba.com[2]およびJBISサーチ[3]に基づく。

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
上り3F.4F
着差 勝ち馬/(2着馬)
1988 6. 19 中京 未勝利 14 8 13 4.0 (2人) 1着 武豊 54 1700m(良) 1:48.0 (39.0) -0.1 (ダイセイジン)
7. 9 中京 すいれん賞 400 16 1 1 10.7 (5人) 2着 田島信行 55 芝1800m(良) 1:48.5 (36.8) 0.1 ハギノイシンパワー
9. 11 阪神 豊中特別 400 8 3 3 2.0 (1人) 1着 武豊 55 芝2000m(良) 2:00.9 (49.0) -1.0 (リワードテムジン)
10. 2 阪神 兵庫特別 900 10 7 8 2.6 (2人) 2着 武豊 54 芝2500m(良) 2:33.6 (49.4) 0.1 ミリオンハイライン
10. 15 京都 嵯峨野特別 900 10 7 7 2.1 (1人) 1着 武豊 55 芝2200m(良) 2:15.0 (48.0) -0.3 (ナチノパーソ)
11. 6 京都 菊花賞 GI 18 7 15 24.7 (10人) 6着 田島信行 57 芝3000m(良) 3:08.3 (49.0) 1.0 スーパークリーク
12. 11 中京 愛知杯 GIII 16 7 13 4.9 (1人) 1着 松永幹夫 53 芝2000m(良) 1:58.2 (35.7) -0.3 (インターアニマート)
1989 1. 5 京都 金杯(西) GIII 15 3 5 2.8 (1人) 1着 松永幹夫 55 芝2000m(良) 2:00.5 (49.7) -0.1 (ミスターシクレノン)
3. 5 中京 中日新聞杯 GIII 12 5 6 1.2 (1人) 6着 松永幹夫 57 芝1800m(重) 1:48.3 (36.8) 0.5 トウショウアロー
1991 5. 23 帯広 知床賞 8 5 5 - (4人) 8着 岡島玉一 59 ダ1200m(良) 1:21.1(-) 6.7 サンシヤインミカサ
  • 枠番・馬番の太字は単枠指定を示す。内容は日本中央競馬会『中央競馬全重賞競走成績 古馬関西編』(1997年)に基づく[4]

血統表[編集]

カツトクシン血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ロックフェラ系(ハイペリオン系
[§ 2]

タケシバオー 1965
鹿毛 日本
父の父
*チャイナロック
China Rock 1953
栗毛 イギリス
Rockefella Hyperion
Rockfel
May Wong Rustom Pasha
Wezzan
父の母
タカツナミ 1958
黒鹿毛 日本
ヤシママンナ *プリメロ
第参マンナ
*クニビキ Nice Day
Starlet

タケワカ 1973
栃栗毛 日本
*ネヴァービート
Never Beat 1960
栃栗毛 イギリス
Never Say Die Nasrullah
Singing Grass
Bride Elect Big Game
Netherton Maid
母の母
フシミイーグル 1965
鹿毛 日本
*イーグル
Eagle
Court Martial
Ark Royal
時孝 月友
第参ソネラ
母系(F-No.) ソネラ系(FN:4-r) [§ 3]
5代内の近親交配 Nearco5・5(母内) [§ 4]
出典
  1. ^ [5]
  2. ^ [6]
  3. ^ [5]
  4. ^ [5][6]


出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o カツトクシン”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月17日閲覧。
  2. ^ カツトクシンの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年9月17日閲覧。
  3. ^ カツトクシン 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月17日閲覧。
  4. ^ 『中央競馬全重賞競走成績集 古馬関西編』日本中央競馬会、1997年。 330頁。
  5. ^ a b c 血統情報:5代血統表|カツトクシン”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2018年12月22日閲覧。
  6. ^ a b カツトクシンの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年9月17日閲覧。